2007年11月29日

イーグルスの新譜

EAGLES   [LONG ROAD OF EDEN]

最初に聴いた時はあまり印象に残らなかったのですが、何度もかけているうちに段々良く成りました。軽快な「HOW LONG」は J.D.Southerの曲です。「NO MORE CLOUDY DAYS」はGlenn Freyの作品で、歳をとってもラブソングが書けるのが凄い。9曲目,Don Henley・Timothy.B.Schmit & Steuart Smith共作「DO SOMETHING」この曲には勇気づけられました、「変わりゆく世界に何か出来る事をしなくちゃ!」それに続くGlenn Freyの「YOU ARE NOT ALONE」と、 ほっと一息つき。DISK 2 へ、タイトル曲の「LONG ROAD OUT OF EDEN」は今回のジャケットの様な砂漠的な不思議な感覚を覚えインストの曲に続きます。「FRAIL GRASP ON THE BIG PICTURE」では素晴しいギターワークを楽しめます。「I LOVE WATCH A WOMAN DANCE」この作者はLarry John McNallyと云う人で、知らなかったので、調べたところ,私が大好きなマッスル・ショールズ・録音スタジオで、彼も「何時か作品を造りたい」と思っているそうで、「なるほど!」と納得しました。最後の2曲、「CENTER OF THE UNIVERSE」メキシコ風の「IT'S YOUR WORLD NOW」、私同様、「EAGLESをず〜と好きで本当に良かった」と思っている方には嬉しい便りだと思います。

P.S.
常に前進しているJoe Walshも好きだけど、Don Felderのギターが聴きたいよ!

コメント

A HAPPY NEW YEAR 2008!!
何かに導かれ..めっけ!私はバーニー・リードンのリフが...

moriさん、発見が遅くなって御免なさい!

初期の頃イーグルスはノンビリ、心休まる音楽でしたね!
バーニー・リードンが居た頃のビデオは、当時の事
あまり質が良く無く残念です。

イーグルスの新しい、DVD、でないかなぁ〜!

コメントする