2008年1月11日

ギブ・ミー・チョコレート

 吉田町「○○カメラ」の裏を15メートル程歩くと運河ハシケ
「ちょいの間」の在る船など係留され、
その他様々な船が行き来していました

家族生活していた人達も多く、
その子弟専用の学校が在ったのを記憶しています。

また浮浪児が沢山居て米軍ジープなどに
「ギブ・ミー・チョコレート!」と叫び群がりました。

ある日ジープに近づかない僕を見て可哀想に想ったのでしょう、
優しい目をしたアメリカ兵ガムチョコレートを投げてくれましたが、
それは手を出さない僕の足下に暫くあった後、誰かが持っていたのでしょう。

当時はパンパンと呼ばれた売春婦たちは、
お金と同様にストッキング食料などと交換に
仕事をしていたみたいです。

コメントする