2008年1月31日

鍋焼きうどん

志賀高原横手山中腹「山本荘」と言う
 昔風ロッジがあって、初めてPapa John
   連れて行ってもらった時から、昼飯必ず此処
「鍋焼きうどん」
食べるのが決まりです !

出来上がるまで長い1時間待ちます!?〜♪~♫
 その間ビールワイン飲めない人子供
 「ヤマブドウ・ジュース」やそれに
   アイスクリームをのせたりして、したづつみをうっています
 僕達は スキー靴脱いで、 のんびり待っています。

テーブルには自由食べられる、
「竹の子・梅干し・のびる・ふきのとう」などの
   山菜漬け物置いてあります。
甘酢漬け「ふきのとう」は絶品がすすみます
 何十年通っていて、今年初めて食べた、
 「さくらんぼ」甘酢漬けは不思議な味でした。

天気良いイスに腰掛け、出来上がるまで
      至極日光浴をして待っています。

鍋焼きうどん出来上がりました
 さあ!食べようとすると、友人「鍋奉行」
 「まだ、まだ!」ふた開けるのを静止します。
「卵が半熟になってからね!」「お酒!もう一杯!」

十種類近くの「きのこ」!
 皆「これは何茸だ?これは見たこと無い!」
  と会話弾みます。また、味付けした「牛肉」だと思うのですが、
  山のこと「いのしし」かなと思ったり。

美味しくいつも感動します 山菜たっぷり入って、
  半熟卵絡んだ「うどん」がたまりません。

横手山標高2300m頂上からの景色抜群で、
 今年大好き「六姫」一人「妙高山」が見えました。
  晴れた日には、渋峠からは「富士山」小さく見えます

条件揃うと、雲の上出て雲海のように
 浮かぶ山々景色には感動を覚えます。

天気良さそうなを選んで行くのですが、
 吹雪くと「地獄の寒さ」襲いかかってきます。

それでも横手山に行ってしまうのは、
「山本荘」へ行って「鍋焼きうどん」食べたいからです。

コメントする