2008年2月29日

ヨコハマ・レッドシューズ

中華街有名「レッド・シューズ」めて入ったのは、
浪人生活をしていた、1967〜8年頃でした。「レッド・シューズ」
らないハマッ子なんていないと言われる程、当時最先端評判
されていたおでした。

いかない訳にはいかない年頃だった僕達は、何時られるからない
くらいない処だとは聞いていました。諸処先輩達の話を聞きかじり、
英語「Sorry!」と言う言葉が、重要らしいと理解していました。
なら「Excuse me!」ですね。

店内に入ると、多くの白人、日本人のセクシー女性そうな
若者れていました。殆ど聞こえて来るのは音楽を始め英語です。
入り口近くにボックス席が少し、左側にカウンター、その奥に
バンド演奏用のステージ、そのもっと奥にトイレ

ここで、「Sorry!」役立ちます、人ごみの中カウンター横を、
トイレに行ったり、で呑んでいる人と体がした時、「Sorry!」

やはり、通り、地元?若者怖い視線雰囲気が、
日本じゃかったです!だって地元で、子供の頃は平気で、
中華街寿町んでいたのですが、青春期独特若者
世界があったのですね!

それら、有名に成った「レッド・シューズ」はディスコ全盛の頃に、
近くにきなおを造りましたが、其処には行った事がありません。

2008年2月28日

フナムシ

の話ですが、金沢八景島の近く、福浦沿いの公園の下には、
巾90cm程の引き潮の時だけに歩ける堤防の台座が延々あり、
中央付近が一番く、テトラが有ってりられる両側から、
きにわせて進み、黒鯛うのです。

い所でも5m弱で、私の2.7m短竿ばして、ろしていけば、
水面から海底までれる、絶好のポイントで、黒鯛とのファイト
しめました。その為、公園程からでもりられるように、いつも
には梯子んでいました。

ある小雨降る朝までわれながら、20m程先を行く釣り人が、
立て続けに2枚黒鯛ゲットしました。いて見ていると、5m程ある
かって不思議動作をしています。

もっとよくようとづいて行き、「2枚穫るの見てました!」挨拶
をしてから「餌を使っているのですか?」ねると、より少し
その人は、ニコニコしながら「フナムシです」えてくれました。

その後、短竿っている「フナムシ」として捕まえ、
から針に掛け「仕掛け」せてくれました。

「錘ジンタン一個、条件は今日みたいに、われている時!」
秘伝教授してくれました。その後もは、またゲットしていました。

同じ仕掛けにしましたが、この日は坊主でした。その後、短竿でも
テトラでの長竿フカセでも、条件さえ合えば有効で、同じ仕掛けで
何枚か「フナムシ」黒鯛ゲットすることが出来ました。

「フナムシ名人」秘伝わるから、「フナムシ」
使っていましたが、すばしっこくまえるのが大変なのと、カサゴ・
メバル・アイナメ・セイゴ
ましてやフグなど小魚ぐにられてしまい
使うのをめていました。

ましてやまえた「フナムシ」から何百匹子供を伝って、
体中はびこる事を想像したら、普通の人はを出さないと思います。
でも、ている「ゴキブリ」とは違って、「フナムシ」きです。
足音集団げ回ったり、釣り場でじっとしていると、足先
にきたり、可愛い目をしている、すべき万能エサです

2008年2月26日

ダイヤル式ピンク電話

John John店内のピンク電話は、ダイヤル式10円玉専用です。
昨日外国の方が「I can't Believe !」と、とても面白がっていました。
お客様などでは、TV映画などで見ただけでめて実物に接して、
ダイヤルかけ方が判らないようなにいらしゃります。

先週も、NTTから最新鋭の「新しいモデル御取り替えします!」
って来たので、こんなで可愛ダイヤル式手放せないので、
勿論!その伝えて、交換はお断りしました

携帯電話全盛世の中で、使用されるなくなりましたが。
John Johnには似合うといます。

レトロな店からレトロな音楽バックに、友人携帯電話
ダイヤルしてみませんか♫〜♪。 但し、PHSにはかからないそうです。

20世紀から使っている、の、電話しか出来ない携帯Movaもそろそろ
強制的めさせられそうです。

僕達ゼネレーションいまだに、なんでも使えなくなるまで使う、
習性があります

ましてや、僕達父母は、使えなくなったてない、
関東大震災戦争時代経験者です

    「あぁ〜〜! もったいない!」

2008年2月25日

ソースカツ丼とカツ丼

まだ、関越自動車道が出来る前は、苗場スキーに行くには、17号線
利用していました。帰り道三国峠を下った所のドライブイン「カツ丼」
注文して待っていたところ、だいぶ時間が経ってから出て来たのは、に入った
「カツライス」でした。

全員卵とじにしていない手抜きにき、厨房みましたが、おがすいて
いたので文句を言いながら「カツライス」を食べて出ました。

何年か経って、群馬出身の方からその人の地元では「カツ丼」
「ソースカツ丼」普通で、醤油味らかいのは「煮カツ丼」
呼んでいるそうです。

先日高崎出身のお客様に尋ねたところ、高崎では横浜「カツ丼」同じ
だそうです。翌日、前橋出身のお客様に尋ねると「ソースカツ丼」普通で、
横浜に来て「カツ丼」を注文していたそうです。

高崎前橋の間に「カツ丼」境界線があるようですね
その他の地方にも「ソースカツ丼」があって、
それぞれが元祖主張してるらしいとおしゃっていました。

2008年2月24日

おみくじ鳥・ヤマガラ

伊勢佐木町「野沢屋」がおみの日、店の前には露天がいろいろ
出るのですが、その中に、「おみくじ鳥」がいました。

さんが来ると、かごけて、にある小さなに向かって、
梯子の様なの上を、ピョンピョンねて、からおみくじ
わえて来ます。すると、おじさんから御褒美をもらえます。

頭の良い鳥「ヤマガラ」といいます。Mama Johnチョウチョ
が大好きで、昔許可を貰って「ヤマガラ」を飼っていました。
縦長5〜60cmの竹の鳥かごで、クチバシるため金属は一切使用しておらず、
上部の横に10cm程の小部屋が付いていました。

常食「麻の実」で、止まり木にとまりながら、器用「麻の実」を動かし、
真横の部分をコツコツ叩いて、中身だけを食べていました。個体によっては、
止まり木「大車輪」をしてんでいたものです。

小部屋下部には2cm角程のがあり、竹の節を利用した凧糸で吊るし
そこへ落花生ミノムシなどの御馳走を入れると、これまた器用に少しずつ、
凧糸手繰って、ゲットするのを見ているのがしかった!

かごの所々には、Mama John凧糸や、ナイロン糸を結んでおり、
「ヤマガラ」は此れをほぐしたりして、んでいましたが、一番面白いのは、
御馳走をその結び目などに「隠す」ことでした。
ちらっとったりしてね!可愛いかったな!

2008年2月22日

ヤモリ

我が家「ヤモリ」君に最初に会ったのは、二年前収穫を済ませた
梅の木枝きりをする為に、梅の木っている時でした。

だいいちそんな所で会うのは、間違いなく「ヤモリ」です
っぽいが他のトカゲとはい、「ヤモリ」だと確信しました。
彼(彼女?)との出会いが、本当にしかったです!我が家にも「家守」
ると?たり前ですが、すばしっこくて、ぐ木を駆け下り姿しました。

に会ったのは、昨年Papa Johnの部屋のクーラーの室外機のでした、
其処には鉢植えが置いてあり、ジョウロをあげたとき、
いてチョロチョロ姿をみせました。

梅の木で見た、か?違う彼女か?りません。としては、違う個体で、
大勢で、いつまでもてもらいたいものです。

7本足「イエグモ」も居なくなり、「ヤモリ」にも会えないなんて 
「大家守」なくなるので、しいりです!

2008年2月21日

イエグモ

現在が住んでいる、古い元長屋に来てから7年経ちますが、
当初から左足の2本目が無い名刺より少し大きい「イエグモ」
んでいて、台所居間で珠に出会っていました。

から「家に居る蜘蛛してはいけない!雲行きがくなる!」
わっていましたし、昆虫きなもので、てくれるだけで
嬉しい限りです。

子供の頃、Mama Johnの実家に泊まると、天井10cm位もある
「イエグモ」が良く徘徊していました、Mama Johnさんが
蜘蛛を見つけると、がるの為に「ハエたたき」撃墜して
くれました。

ある恐怖の瞬間きましたたたき落とされた蜘蛛から、
何百匹もの1mm位の子蜘蛛が、僕達の周り、そこら中にらばったのです
想像するだけでショックでしょ

昨年仕事に行こうとの前のに出ると、7本足我が家蜘蛛
道路いています「オヤ?まずい!蜘蛛からて行ってしまう
とうとう我が家雲行きが?」と思って良くると、「ジバチ」と呼んでいる
「ベッコウバチ」の一種だと思うのですが、6〜7倍ある蜘蛛
きずっていたのです!

ジバチの運んで行く方向には5m以上にしかの場所は有りません。
自転車まれないか心配でしたが、見届ける事をめ、
John Johnへ向かってしまいました。最後7本足に会ったのは、
その2〜3日前風呂場でした、その風呂場から1mれていない場所での
お別れでした。

2008年2月20日

ホンチ

「ホンチ」ってっていますからない人が多いでしょうね
こんなローカルオールド言葉

John Johnをはじめて、全国からいらしゃるお客様と話していて、
「チャリンコ」「ホンチ」横浜独特言葉で、
他県の方には理解出来ない言葉だったのです。

が子供の頃、このホンチと言われた蜘蛛の雄を捕まえて
「蜘蛛合戦」わせてんでいたのです。
学名は「ネコハエトリ」と言うそうで、大きいものは足を広げて
全長1.5cm位の、腹に白い模様のある黒い蜘蛛です。

「駄菓子屋」で売っていた、キャラメル箱位のに、
つに分かれた引き出しがあり、捕まえた蜘蛛は各部屋に収容し、
器用な子は改造して、ぴったりのガラスを組み込み、
ふたを開けると各部屋が覗ける様にしていました。大概は小さなガラスを持ち、
引き出して今日の選手を選んでいました。一匹用のフタ付き小箱もありました。

さて戦い方ですが、マッチ箱にそれぞれ自慢「ホンチ」入れ、
ガラス越しに「合戦」を見ますこれが格好良いのです
お互いの「ホンチ」前足高々げ、相手を威嚇し出します
それが、まるで柔道プロレスの試合のように、
遇い接する前の緊張感は同じです。

戦意の無い時には、マッチ箱を指の爪先で、
コリコリ音と振動を与えていました。勝負は一瞬!
噛み付き、負けた方は逃げ出します。此処で試合終了!
自分の選手を元の箱に戻します。

そのままにしておくと、何日も箱に収容されていた「腹減らし」
共食いされてしまいます。互角の戦いをして、片手を失った、
それまで強かった「ホンチ」にも愛着があり、箱で飼っていました。

「ホンチ」は「蜘蛛の巣」を造らないため、野原や生け垣の「柾」などの、
日当りの良い葉っぱの上に居ました。特に強いと言われたのは「バラボン」
と言われた、バラの木に生息しているものです。

同じハエ取りグモの一種で「ホンチ」に似たを持っと言われた
「カンタ」、グレーの「ババ」なども僕の遊び友達でした?
現在の僕が住んでいる、古〜〜い木造家屋では、たまに「ババ」徘徊
しています!かしい友人の行動を観察している時間はしいです。

本物「ホンチ」何年も見かけていないのは、しいかぎりです!
家の周りは雑草が生い茂り、「柾」も茂っているのに!あんな強かった
「ホンチ」環境の変化には弱かったのですね!

2013年には、北極海の氷が全部けてしまうそうですよ
   僕達出来る事は?♡?

2008年2月19日

バーニン・アンド・ルーティン

ボブ・マーリー新宿公演にいく前、最後新宿へ行ったのは、
 1968/10/21「新宿騒乱」があった日です。

そのは,ベトナム戦争抗議する「国際反戦デー」で、
 新宿に着いた時は、車道をはじめくの人でれかえっており
僕達ノンポリは、色々なセクトヘルメットを被って、そちこちに
 たむろする集団とは違う、市民団体「べ平連」紛れ込めました。
要所要所にはを持ったがっちりした体格機動隊員が待機しています。

デモ隊が、車道駅前陸橋の下を歩いていた時、陸橋の上に
「盾の会」制服を着、腕組みした「三島由紀夫」
  下をつめていました  めて実物を見た瞬間です

高校時代には彼の著作を、きで何冊も読んでいたものですが、
「盾の会」など創って戦争賛美者になってしまったのだと、
  半幻滅していたのですが、彼の目からわって来たものは、
   右翼だろうが左翼だろうが、デモ隊と同じ、
    より良い日本を思う「憂い」でした。

それからは、大変です方面で催涙弾発射音鳴り響き始め、
 何処からとも無く大群機動隊が出現、達は四谷方面に追い払われ、
そちこちで大きな警察車両横倒しになり、まれ、火炎瓶は飛び散り
 ヘルメット組は投石用に歩道の敷石を割り叩いて、山積みしているし、
  機動隊水平撃ちでバンバンと狙ってきます。

地下鉄交通手段は全てストップ!いて避難するしかありません!?!
 戒厳令とも言うべき「騒乱罪」発動されました!

めてボブ・マーリーいたのは、まだ日本ではLP発売される前
「ライブ!」アメリカに滞在していた、ブルース・ハーピスト友人
  カセット・テープ「今は此れだよ!」とくれたです。

やはり「ノー・ウーマン・ノー・クライ」
「アイ・ショット・ザ・シェリフ」っていました。
  しかし、LPを買って対訳を読みながらしたのは、
  「バーニン・アンド・ルーティン」でした。

「新宿騒乱」ていて、

 「在る朝起きたら、突然戒厳令が発動され、
   残酷と言う名の制服を着た奴らに抑圧された!
     焼き払え!略奪しろ!今夜!」
          としさ。

11年後新宿
ボブ・マーリー「バーニン・アンド・ルーティン」
  をっていたのを、感激と供に確かに聴いた僕!♫♩

だが、待てよ!CD日本ライブにも収録されていなし
 映像でも、この演奏をを見た事無いのは、何故だろう?♯???

2008年2月17日

「きんた」

Mama Johnの根岸の実家の側には「きんた」と言う「駄菓子屋」があり。
「めんこ・ビー玉・べーゴマ」などを買って、隣の遊び友達の少年に
ゲームの仕方を教わりましたが、近所で勝負するとめちゃ負けで、みんなられてしまいました。

当時、街のあちこちに、シートをかぶしたベーゴマ専用の一斗樽があり、子供達が群がっていました。の無いベーゴマを廻すには、ちょっとした技術が必要で、
木綿のヒモの先端近くに、二つの結び目を作りべーゴマの尖った部分に巻いて
廻していました。巻ききった部分に「五円玉」を付け滑り止めにしていました。

僕の家の日ノ出町の現像所には、6x6版フィルムスプールほどあって、分解した一部を五円玉代わりに使っていました。それを投げて「銭形平次」の真似も良くしていました。

2008年2月11日

「なまこや」

宮川町「かもめ座」の前に「なまこや」と言う、駄菓子屋があって、
小遣いをもらうとんで行ったものです。

好きなのはに設置してある「当て物」で上部に一等の大袋が2個で、
段々小さくなり、下の部分は、くじが入っている袋で、中がいフワフワの物で
チョコレート色のコーティングをした、豆粒のようなお菓子が入っていて、
食べると舌が茶色になります。二等までは当てたことがありました。

きな粉がまぶされている「あんこ玉」は、当たりは中に「かわり玉」
入っていて、もう一つ貰えます。大きさがまちまちで、きな物は絶対ハズレで、
さな物程、良く当たりました。

底に穴の開いた試験管に入った、透明の赤の寒天ゼリーの上部の部分に
二重の紙が入っていて、帽子をかぶった少年の絵が出ると当たりで、もう一本!
同じ寒天でヨーグルトの瓶に、細かく四角に刻んだものもありました。
勿論、真っ赤です。

五円のものと、三円の小瓶の「ラムネ」
年上の少年がビー玉を落とせるのが、ましかった!

「ソース・イカ」は足だけで無く、身の細切りもあって、どちらでも選べて
大好物のトップでしが、じゃ生のイカも食べられない「歯無しジジイ」
になってしまいました。

フワフワせんべいに付ける「梅ジャム」は甘い「オレンジジャム」
もありました。このオレンジジャムに似た味で、試験管に入っていて、
竹ヒゴで食べる、一本が二色に分かれていた物があり、もう一度、
食べてみたいのですが名称が判りません。

店の奥は普通の家の畳敷きで、真ん中に五円で「もんじゃ」が出来る
鉄板があり、おばさんが支度をしているに、ソースだけをいて
食べるのが冒険でした。

「ところてん」は、く塗ってある黄色い箸を「一本」渡されます。
この「一本」で食べるのが、何故か正しい流儀なのです!

子供の頃将来「駄菓子屋の親父」になるのが「夢」でした。
John Johnハイネケン「くじ」お客様盛り上がっている時、
ふと、その事を思い出します!

2008年2月10日

ボブ・マーリー新宿公演

1979年4月、新宿の厚生年金会館でボブ・マーリーを観ました。
イントロが始まり、メンバーが少しずつ増えてゆくのですが、皆ラスタヘアー
どの人がボブ・マーリー本人か判りませんでした。

長いシンプルリズム僕達を、アフリカの大地へと誘い込んでいる
ようです。確かジーンズのジャケットに、Tシャツにネクタイと言う出で立ちで
歌いだしたのがボブ・マーリーです。

2〜3曲目かで、彼が空を指差し「コンクリート・ジャングル」
歌い始め、バスケットシューズを履いたジュニア・マービンがギターで
煽ってきます!

場所が新宿だけに感激の余り、私達は立ち上がってリズムに乗り始め、
場内騒然となりました。ガードマンがお客を座らせようとすると、
バンドのローディ達がそのガードマンを外に連れ出し
益々拍手と共に感動の嵐です!

いまだに彼らのコンサート程感激を受けたライブは無かったと言える、
僕は本当にラッキーでした。「菩南座の太郎さん」にも会場で会いました。

2008年2月 9日

自転車で千葉

中学を卒業高校へ入学する前の休みに、友人と3人と、
今度当時人気だった「ユースホステル」を利用して、
2泊3日の「自転車旅行」を計画。久里浜からフェリーに乗って金谷へ渡り、
ロープウエイで山頂まで行き、景色を見てから、帰路は徒歩で下山♫〜♩。

州崎の灯台の近くにある「館山ユースホステル」が初日の宿です。
各自「封筒型」のシーツを持参するのが決まりで、食事自炊です。
その後の、ミーティングや合唱が、遊びたい僕達には面倒でした。
その時、灯台の前に「貨物船」が「座礁」したままで
波に洗われていたのが印象的でした!

平砂浦を過ぎ、白浜では白装束の「海女」さんが何人かで
をしているのを見かけ。野島崎から北上、「仁右衛門島」を見てから、
2泊目の「安房小湊」を過ぎ、中学で習った「おせんころがし」
見物するのが目的だったのですが、当時はまだ「舗装」されていない、
断崖の上り坂で、鼻の穴を泥まみれにして断念しました。

ここの「ユースホステル」館山のように、
独立した専用の「ホステル」では無く、「旅館」を利用していました。
僕達は何も感じなかったのですが、六畳程の粗末な小部屋
7〜8人も押し込まれたのを不服として、ホステラー全員、
女性も呼んで
、10人程で叉!ミーティング始まりです?
「旅館に抗議したが、埒があかない!!」
「協会に訴えよう!皆も協力して欲しい!♯!」
なんて、こともありました。

翌日は、山越えで、富津方面へ戻り。三浦半島からも見える
「東京湾観音」登りましたが、耳の穴から金網で囲ってある
に出ると、強風体が浮く程だったのを覚えています。

「大事件発生!」予定木更津から川崎への
フェリー
天候悪化「欠航」です。東京湾を廻って
横浜へ帰るには、時間も無いし、クタクタの僕達には無理です
仕方なく、心配するであろう家族に電話して「キャンプ場で泊まって、
明日帰りますと連絡し、キャンプ場へ向かいました。

強風の中降って来て、自転車の横レインコートを着て、
不安におののきながら座り込んでいる僕達を、
黄色いテント誘い入れてくれた青年達同じ旅人としての
「優しさ」は、いまだに「感謝」とともに覚えています。

2008年2月 8日

バナナ室(むろ)

先日お客様と話していて思い出した事があります。

John Johnの前の通りを福富町を越えて
「宮川橋」を渡った次の角の右側に、
「バナナ室(むろ)」がありました。
当時、近辺は港町独特の「運河」が沢山交差していて、
「材木屋」「石炭屋」「石材屋」「輸入食材屋」
などが運河を利用してハシケに満載して配達していました。

若い方は知らないでしょうが、川岸の所々に水面近くまで傾斜した
逆台形の「荷下ろし場」が在り、船から10メートル程の板を渡し、
両天秤モッコに入れた荷物を人夫が、上下に揺れる板の上を
リズミカルヒョイヒョイ「職人技」で運んでいました。

当時は「台湾バナナ」が主流で、今のバナナより、
ず〜と大きく甘く、美味しかったです!

「室」地下に在り、一本に100本近く付いている「緑色」
ごと何束か、大きな竹籠に入れ、「黄色」くなるまで熟成
させていたのです。

時々、熟成しすぎて黒い斑点が出て、売り物にならないバナナ
「室」の前に捨てあり、腹を減らした「浮浪児」達のごちそうでした?

当時、バナナ美味しく栄養が有って、しかも割りと高価果物で、
遠足病気にならないと、お目に掛かれない品物でした!

 「ねぇ〜〜!御同輩!」

2008年2月 7日

サッカー・アワー

晩昨John Johnでは「サッカー・アワー」と言っても、
2時間強「日本vsタイ」「サッカー観戦リザーブ」
受けており、熱烈ファンは、ブルーユニフォーム身を包み
         先ず「乾杯!」

一般お客様もいらしゃるいよいよキックオフ!
 興奮の中、「遠藤」GOAL!!!店内大歓声!
 喜び束の間1分たずにタイ同点GOALくらい?

幹事Nが、いきなり青白くなり、
 下いて気持そうにしていました?!?

ハーフタイムCMの間も、こちらが勧めないと、
 お酒も、食事追加する元気無いようなありさまです

後半戦開始! ハラハラ・ドキドキ試合み、
 「大久保」GOAL「一安心!」

店内「お変わり!」「それ食べる〜♪」連続です。
 続「中澤」3点目大歓声!「万歳!万歳!」

Nもやっと安心したのか、「幹事」思い出し、
 仲間あれこれ飲み物説明など「有頂天!♪」
  僕も、やっとホッと出来ました。

「巻」GOAL至っては「ルンルン♬〜♯〜♫」
  それでもまだ「GOALGood Play」待っている、
  若美女・美男子微笑ましかったです。

本日「リザーブ・メニュー」ビール中心に
各種カクテルソフトドリンク「飲み放題!」

MOMMY 特製・大皿3
 1「ロースト・ポーク,ペンネ・アラビアータ」
 2「パプリカ、コーン、5種のナッツなど
    野菜たっぷりのベーコン・パンサラダ」

 3「ミックス・サンドウィッチ」

   それに「枝豆」「熱々の大盛り、ポップ・コーン」

最後デザート MOMMY「りんご蜂蜜巣入りパンケーキ」
    お一人様3500円!♫

ブルー御一行様勝利いしれ、
「次も、いくぞ〜!バーレン!♫〜♡びながら、

 楽しそうにお帰りなり、僕達嬉しいです。

2008年2月 6日

自転車で箱根

中学生友人二人と三人「自転車」
「箱根」「日帰り旅行」したことがあります。
3時頃、真っ暗なうちに出発「鎌倉街道」
最初上り坂頂上「茶店」があった、
日野「七曲がり」越え東海道をひたすらり、
「箱根」向かいました。

途中何度パンクしましたが、当時子供の多くは
自分達で、直していたものです。
機械ものを「分解・組み立て」するのが好きで、
自転車自分格好良「塗装・改造」していました。

箱根に入って「宮ノ下」までは、なんとか漕いで行けましたが、
「小涌谷」越えてからは、急坂何度自転車降り
やむなくしてりました。

友人の一人の自転車「ブレーキ」が付いて
後輪「ハブギア」「釘」詰め込んで空回り
出来なくした、競輪自転車のように成っていたものです
でも時々会いますが、よくそんな自転車
箱根登り降り出来たものだと感心します

しかし、目的の「芦ノ湖」まではけずに、帰り時間が心配で、
駒ヶ岳「精進池」岐路につきました。
着いたのは9時か10時頃だったと思います。

ど、休憩く、18時間以上自転車漕ぎ続けられる、
体力気力った「少年時代」懐かしい

ところで何で三人かと言うと、自転車世界一周をして、
日本にもった外国の青年「本」感動していたは、その中で
「二人だと意見が分かれるが、三人だと多数決で上手く決まる」
かれていたのに納得していたからです。

2008年2月 5日

へびや

伊勢佐木町4丁目の交番の側にある「へびや」はビルになって
 今もありますが、今日昼間通りかかった時はウインドウ
 「キングコブラ」
の標本が有って、ずいぶん大きなもので
   ビックリしました。4mちかくはあります。
あんなものに、立ち上がり睨みつけられたら、恐ろしいです!

が子供の頃は、確か瓦屋根で3メートル程のように前が開いていて、
 廻りホルマリン漬けになった標本が置いてある不気味な空間で、
  生皮剥がされたピンク色うさぎ
  気持かった想い出があります。

また、周り中に独特強力「漢方薬臭」発散しており、
 もっと強力なのは人出多い日にやる
  「蛇の解体ショー!」です。

当時、5丁目にPapa John
「○○カメラ・エクスチェンジ」
があったので
  何十回見物しました。

大体「青大将」「縞蛇」です、ドクターコートを着た人が、
 首根っこに「メス」を入れてコップめます。
  それからを割い心臓グリーンキモ取り出し小皿に移し、
「ほ〜ら!見てご覧!心臓は未だ動いているよ!」
  本当心臓ドキドキうごめいているのです

水で薄め見物客廻し飲みさせます、一回飲まされましたが、
 生臭くって二度見物したく無くなりました。
  まんまと「へびや」追放されたのだと思いますね

そこで此れはと思う見物客に、多分「焼酎」だと思えるショットグラス
「心臓」
れて、一気飲みさせていました。
  そんな中で一人か二人、店の奥に入って行って処方を頼んでいました。

では「動物愛護協会」っていないのだろうな
 でもちゃんと「薬」になって、焼いたりしてべられますから、
何がいけないのか良く判りません?「漢方」の方がナチュラルなのに

2008年2月 4日

都会の雪

昨日「雪」「松田浩之&AKIKO」さんの
         ライブ延期になったのは、残念でした

起きてみると、爽快青空ポカポカした太陽が、
 サンサン輝き思わずをまくって、
  ありがた〜〜い♡!「Power」受け
な事れ、
「心機一転」心地良世界しんでいると。

「ザ〜〜ァ!ドッシャ〜!」きなビックリ!
  隣屋根から多量の雪落ちた音です。 

には、それも都会では滅多に聞けない、心地良一つです♬♭〜♩

 

自然プレゼントが、都会雑音心痛行いを、
 洗い清めてくれるのが大好きなのですが。
  人行い寂しさが、付いて廻るのが残念です!

もっとも降って、汚いもの(まるで)を隠し
 シンプル「美しい白い世界」造ってくれたのを、
垣間見ただけで、翌日ドロドロになって、ましては、
 滑っ転んだりして現実(私)明らかになると、
 「雪」恨み・嫌ういるでしょうね?

でも全て受け入れる」しか無いですよ
 Bad Vibration受けたら、Good Vibration
   変換しようと、がけるですが?♫?

2008年2月 3日

見世物小屋

横浜公園には「横浜スタジアム」がまだ
 今より小さく「平和球場」呼ばれ

伝説ロック・コンサートを行なった「野外音楽堂」

 銀色大きなかまぼこ型ボクシング
  美空ひばり・島倉千代子など歌手公演を行なったりする
「フライヤージム」
武道場噴水チャペル
  懐かし「ミルクホール」などがあり
(今で言う喫茶店ミルクジュースパンお菓子が有りました

でも5月の末から6月にかけて「開港記念バザー」
 行なわれていますが、昭和30年代には公園の中より、
外の露天買い食いしたり、当て物と言われたゲーム賞品
 取るのが楽しみで、女の子達プロマイド屋群がっていました。

当時市役所海側には、空き地がっていて、
「お化け屋敷」「サーカス」、 2軒程
 「見世物小屋」立てられていて。良く出口から入ったり
   覆い幕隙間から 只入りをしていました。

「見世物小屋」宣伝用オドロオドロシ
  飾ってあって、呼び込みオジさん長い棒
   指し示しながら、名調子解説
    お客さん興味惹いていました
「牛女のハナちゃ〜ん〜ゃ!お客様に御挨拶!」
  すると内側から若い女の子だけ出して
  集まった人達不気味微笑みます?!?
「顔下半身珍しい生き物だよ!」
 「さぁ、さぁ~!入って見てご覧!」誘います。

では美女の顔付いていますが、実物現代では
 絶対許されないハンディ持った人達
「改造」されていたのです「牛女」着物から見せる、
 多分足の指切り落とし、二つに割った「蹄」見せた足です

美女「へび女」二つ切られた女性です

筋骨隆々から噴いている「ガソリン男」
 ジョニー・ウインターアルピノ老人
「今日消防署がうるさくて、少しだけ!」などと
 「おがくず」ガソリンしみ込ませ含みをつけ、
  チョロチョロとした「火の粉」飛ぶだけでした。

「井戸」にいる「人魚」は、
   一番「楽しい想い出?」です
「井戸」中間水槽があって、その「ブラジャー」着け
 「魚のズボン」をはいた「雑誌」「灰皿」置いて、
の中で不貞腐れて、たばこ一服しているのを目撃しました。

このから「インチキ」とは言い切れない、こんな「世界」
  何か不思議好感的感覚覚えました。

露天羽織袴を持った「がまの油売り」凄いです
 絶対苦情が来ない様な、ボロ服着た子供見つけ
 「イボホクロとれる!」ワセリンたっぷり
  「がまの油」付け覆った指
 強引ホクロ引き剥がしていたのです。
  子供痛く引きつらせていました。

ワセリン付いていたので、出ない訳なのですが、
「がまの油」が、その後売れるのです

2008年2月 2日

メリーさん

最初彼女認識したのは小学生後期(昭和34〜5年)で、
 今オデオンの前の交差点でまるで教科書絵本に出て来る、
  明治・大正時代「舞踏会」の衣装の白いドレスを着た、
 「変な人」だなぁ〜にしか思いませんでした。

それから最後まで、曲がった意外外観変わらず
 松坂屋からGMビル移動する時に、
  John John歩いていました。

たまに目が遇っても長髪のヒッピーには
 何反応も示さずクール「無視!」
「触らぬ神に祟りなし!」決め込んでいました。

John Johnから見ていたり、見かけたりして楽しかったのは、
 初めて「メリーさん」見た人一瞬凍り付き、
  驚きの余りアングリ開けたりするです!
    そんな時メリーさんは、その人「無視!」

「根岸家」の、愛称「若葉町マンション??」
  に住んでいた1970年代中期には、
  直ぐ側「ラブホテル」になる
  瓦屋根「連込み旅館」があって、
 何度重役風紳士出て来るのを見かけました。

では「スマタ」とか「フェラが凄い」とかがありましたが、
 お客様で、実際彼女一晩過したは、
 「SEXとかじゃ無くて、こんな人存在していることが不思議で、
   話聞きながら、食事休む処提供したかったんだ!」また、
「彼女プロ何かしようとするんだ!」ともおっしゃていました。

でも「森永ラブ」「松坂屋」「GMビル」
 関係者はいろいろ困っていたそうです?!?

は、変な理由映画ヨコハマ メリー」観ていませんが、
 いつか観たら感想を書きたいです。