2008年2月 5日

へびや

伊勢佐木町4丁目の交番の側にある「へびや」はビルになって
 今もありますが、今日昼間通りかかった時はウインドウ
 「キングコブラ」
の標本が有って、ずいぶん大きなもので
   ビックリしました。4mちかくはあります。
あんなものに、立ち上がり睨みつけられたら、恐ろしいです!

が子供の頃は、確か瓦屋根で3メートル程のように前が開いていて、
 廻りホルマリン漬けになった標本が置いてある不気味な空間で、
  生皮剥がされたピンク色うさぎ
  気持かった想い出があります。

また、周り中に独特強力「漢方薬臭」発散しており、
 もっと強力なのは人出多い日にやる
  「蛇の解体ショー!」です。

当時、5丁目にPapa John
「○○カメラ・エクスチェンジ」
があったので
  何十回見物しました。

大体「青大将」「縞蛇」です、ドクターコートを着た人が、
 首根っこに「メス」を入れてコップめます。
  それからを割い心臓グリーンキモ取り出し小皿に移し、
「ほ〜ら!見てご覧!心臓は未だ動いているよ!」
  本当心臓ドキドキうごめいているのです

水で薄め見物客廻し飲みさせます、一回飲まされましたが、
 生臭くって二度見物したく無くなりました。
  まんまと「へびや」追放されたのだと思いますね

そこで此れはと思う見物客に、多分「焼酎」だと思えるショットグラス
「心臓」
れて、一気飲みさせていました。
  そんな中で一人か二人、店の奥に入って行って処方を頼んでいました。

では「動物愛護協会」っていないのだろうな
 でもちゃんと「薬」になって、焼いたりしてべられますから、
何がいけないのか良く判りません?「漢方」の方がナチュラルなのに

コメントする