2008年2月 6日

自転車で箱根

中学生友人二人と三人「自転車」
「箱根」「日帰り旅行」したことがあります。
3時頃、真っ暗なうちに出発「鎌倉街道」
最初上り坂頂上「茶店」があった、
日野「七曲がり」越え東海道をひたすらり、
「箱根」向かいました。

途中何度パンクしましたが、当時子供の多くは
自分達で、直していたものです。
機械ものを「分解・組み立て」するのが好きで、
自転車自分格好良「塗装・改造」していました。

箱根に入って「宮ノ下」までは、なんとか漕いで行けましたが、
「小涌谷」越えてからは、急坂何度自転車降り
やむなくしてりました。

友人の一人の自転車「ブレーキ」が付いて
後輪「ハブギア」「釘」詰め込んで空回り
出来なくした、競輪自転車のように成っていたものです
でも時々会いますが、よくそんな自転車
箱根登り降り出来たものだと感心します

しかし、目的の「芦ノ湖」まではけずに、帰り時間が心配で、
駒ヶ岳「精進池」岐路につきました。
着いたのは9時か10時頃だったと思います。

ど、休憩く、18時間以上自転車漕ぎ続けられる、
体力気力った「少年時代」懐かしい

ところで何で三人かと言うと、自転車世界一周をして、
日本にもった外国の青年「本」感動していたは、その中で
「二人だと意見が分かれるが、三人だと多数決で上手く決まる」
かれていたのに納得していたからです。

コメント

小さな…でも おっきなおっきな冒険。
素敵です(*ノ∇ノ)

やはり子供の頃 ブレーキはついてたけど壊れてたΣ( ̄∇ ̄;)自転車で坂道突っ走り かなり冷や汗かいたワタシは、近頃 パソコン作業の〆(?)に JohnJohnブログひと巡りして クスッと、エヘッと、おぉ!っと、ウルッと(?)、ニヤッとする(…真夜中にひとり…アヤシイ(=_=;) )のが仕事おわりの ひそかな?楽しみになってたります(〃∇〃)ゞ

最近は自転車通勤なので、たまに、子供心になれます?

最初は両側、補助輪付きで、片方が外せると、直ぐにもう片方も外せた想い出があります。少し大きくなってからは、大人の自転車で「三角乗り」が出来ました。

コメントする