2008年2月10日

ボブ・マーリー新宿公演

1979年4月、新宿の厚生年金会館でボブ・マーリーを観ました。
イントロが始まり、メンバーが少しずつ増えてゆくのですが、皆ラスタヘアー
どの人がボブ・マーリー本人か判りませんでした。

長いシンプルリズム僕達を、アフリカの大地へと誘い込んでいる
ようです。確かジーンズのジャケットに、Tシャツにネクタイと言う出で立ちで
歌いだしたのがボブ・マーリーです。

2〜3曲目かで、彼が空を指差し「コンクリート・ジャングル」
歌い始め、バスケットシューズを履いたジュニア・マービンがギターで
煽ってきます!

場所が新宿だけに感激の余り、私達は立ち上がってリズムに乗り始め、
場内騒然となりました。ガードマンがお客を座らせようとすると、
バンドのローディ達がそのガードマンを外に連れ出し
益々拍手と共に感動の嵐です!

いまだに彼らのコンサート程感激を受けたライブは無かったと言える、
僕は本当にラッキーでした。「菩南座の太郎さん」にも会場で会いました。

コメントする