2008年3月 1日

ニセコでウニ丼

地域によって、形態食べ物の、同名称面白いですね
関西関東違う「たぬきうどん」「きつねうどん」
有名ですが、「カツ丼」「ソースカツ丼」いの他に、
もう一つ思い出しました。「ウニ丼」です

北海道ニセコ・スキー場へ行っていた折、天気いのに
わらず、行く前から切望していた、本場北海道寿司屋で、
たらふくウニられた「ウニ丼」べる事に決め、いて
りました。

快晴の折、りて昼飯を食べに来る人などいない、閑散とした
寿司屋の食堂へ行き「ウニ丼べたいのですが?」
と入ると、総勢10人強の僕達は二階の座敷に通され、
全員「ウニ丼!」注文!ビールんで待っていました。

多分、そんなに多量ウニく、ばしウニ仕入れ
行っていたのでしょう一時間以上たされました。快晴だし
スキーをしたい僕達! イライラ頂点です!

やってきました!「ウニ丼」さすが北海道!想像していた
「ちらし寿司」に使う漆塗りのとはう、カツ丼天丼に使う
ようなきめのです。「ヤッター!」大感激!

それが、テーブルかれた瞬間も含め、顔色わった
と思います。なんと、湯気ているのです「ウニ丼」から

けると、そこにあったのは、でとじた「親子丼」のようなで、
全員唖然!「ソースカツ丼」よりきました生ウニてんこ盛り
期待していた僕達裏切られた とじ逆バージョンですね

ったのですが、これが北海道ではく食べられている「ウニ丼」
だったそうです。地域いにはずいぶん格差がありますね

これがスキー仲間達「ニセコ・ウニ丼事件」の、
ほろ苦かしい想い出です。

コメント

Здравствуйте!
На моем сайте - http://kote.ws - Вы не найдете пустой теоретической информации. Все что тут есть - результат работы и ошибок за более чем 10 лет работы в интернете.
Я не буду говорить что всегда все было гладко, так не бывает. Но на этом сайте я собрал весь свой опыт, который Вы можете перенять, и добиться еще больших успехов.

コメントする