2008年3月25日

ホームシック

れからか、高校時代からの「十二指腸潰瘍」しくしく痛みはじめ、
体もぐったり。外は直江津駅か?何処の他の国鉄の駅か覚えていませんが、
待合室悶絶不安弱気に襲われ。になったら、切符を買って
横浜ろうと思いました。

その時、これが「ホーム・シック」なのだとりました。
登山部に所属していて、僕よりアウトドアー活動が多かった、弟から貰った
麦芽製品の「オバルチン」の錠剤を何粒かと胃薬を飲んでなんとか眠りに
つけました。

きているうちに見たい所を見て、をしようと横浜を出て来た。
そんなこともれて、はしゃいでいた僕が、また横浜りたいと
思うこと自身おかしなことですよね!弱気が僕達に与える試練は、
強力なものです。そこへ落ち込まない為の、気分転換運動・休息
大事にしたいですね。

     づづく

コメント

マスター...こんにちは。
あなたが元気だと私はうれしい。
ところで、このヒッチハイクの旅、面白く拝見しています。何度も聞いた例の福井県での町内一周ヒッチハイクのこと早くまた聞きたいです。何度聞いても面白い^^
では。

今晩は、moriさん!

それでは、やっと新潟県まで着いたので、次は素通りの富山県、石川県と続きますが、町内一周は高知県です。僕も忘れていましたよ、moriさん、有り難うございます。高知までは、まだまだいろんな事が有りますから、お楽しみに?

masterでもホームシックがあったんだネ。オレも某国に入国した途端帰りたくなっちゃう。覚えてますか?

今晩は、Takaさん!
もう、ホームシックにはなりません。ハウスはありますが、ホームが無いもので?

コメントする