2008年5月22日

青梅

台風の影響で、梅の実が沢山落ちてしまいました。いつもは枯れ葉と一緒にてていたのですが、あまりにもいもので、もったいないと思い「梅丹」でも造ろうとネットで調べたら、青梅るのには金属おろし金では、駄目だと言う事を知り、 「砂糖漬け」「甘酢漬け」を少々ってみました。

何日か経てばべられるようになるそうです

見たら、砂糖けて下の方にまっています。

めてのなのでどうなることやら?

2008年5月13日

太陽に飛び込む

(ヒッチハイク・シリーズ)

やって見たかったことの一つで、「太陽に向かって海に飛び込む!」
と言うのがあり、能登金剛の近くにその場所を見つけました。

海辺に小さながあり、小さな堤防先端から見ると、日本海沈む太陽
に向かって、キラキラ輝く海の上に濃いオレンジ色長い道が続いていて、
絶好の場所です。

海底様子が分からずかったけど「ままよ!」海の道飛び込みました
「大成功!」KZ君と何度太陽んでくなるまでけました。

を拾ってハンゴーを炊き、食事をし、さて寝袋に入ろうとしたのですが、
そこは岩場ばかりでらな場所がありません。なんとからに場所
なってもかったり、かったり、何度場所えましたが、
寝不足になりました。

                                 つづく

2008年5月 1日

和倉温泉

(ヒッチハイク・シリーズ)

トンネルに無事到着したものの、道幅く、そんな処に歩行者がいる訳無く、
なくってまってくれるはずがありません。

そんなトンネルを歩いて脱出している時、前に荷物を積んだサイクラーが、
り坂を自転車しそうにしていて、を掛けて一緒に出口に向かいました。

「何処かで、また会おう!」と言うと、「能登半島の輪島へ行きます!」
と言ったので、僕らも輪島を目指しました。

ヒッチを続けていたのですが、和倉温泉あたりで夕方になったので、
食事支度もあるし、そこにまる事にしたのですが、これといった、
適当な場所が無く、大きなホテル外側に小さな海岸が有ったので、
其処をベースに決め、焚火をしていると、ホテルの人が様子を見に来ました。

事情を話すと、「余り遅くまで焚火をしないでね!」と言って、野宿めて
くれました。その時はらなかったのですが、にテレビなどで、皇族や国賓
訪れる、格式高ホテル一番眺めのい所に、ヒッピー野宿していたのです。

あの時の、オジさん! ありがとう! Keep On Trackin' !

                        つづく