2008年5月 1日

和倉温泉

(ヒッチハイク・シリーズ)

トンネルに無事到着したものの、道幅く、そんな処に歩行者がいる訳無く、
なくってまってくれるはずがありません。

そんなトンネルを歩いて脱出している時、前に荷物を積んだサイクラーが、
り坂を自転車しそうにしていて、を掛けて一緒に出口に向かいました。

「何処かで、また会おう!」と言うと、「能登半島の輪島へ行きます!」
と言ったので、僕らも輪島を目指しました。

ヒッチを続けていたのですが、和倉温泉あたりで夕方になったので、
食事支度もあるし、そこにまる事にしたのですが、これといった、
適当な場所が無く、大きなホテル外側に小さな海岸が有ったので、
其処をベースに決め、焚火をしていると、ホテルの人が様子を見に来ました。

事情を話すと、「余り遅くまで焚火をしないでね!」と言って、野宿めて
くれました。その時はらなかったのですが、にテレビなどで、皇族や国賓
訪れる、格式高ホテル一番眺めのい所に、ヒッピー野宿していたのです。

あの時の、オジさん! ありがとう! Keep On Trackin' !

                        つづく

コメント

Jeff Healey の追悼盤のCD聴きました。圧巻!の演奏!です。
John John で見て以来、はまっていたのでした・・
最高ダゼェ! しかし、彼が逝ってしまったのはとても残念です。
俺も、皆も、爆走しましょうウ!

Jeff Healey 本当に残念ですね!

もっと、いろいろなミュージシャンとのセッションや素敵な曲のカヴァーも聴きたかったですね。追悼版CDが出ていたのですか?チェックですね!

コメントする