2008年7月16日

峠の茶店

(ヒッチハイク・シリーズ)

福井名所見物美味いものを食べないまま、何処を走っているかもらず、京都へ向かっている僕達に、峠の茶店たく美味しい「スイカ」ってくれた、ダンプドライバーの顔は忘れましたが、何時までもれない「想い出」感謝と供に残っています。

京都に着いた僕達は一先ず京都駅へ行き、本日寝床駅のベンチに決め、木造ベンチでまたまた、寝苦しいを過ごしましたが、天井と、り、きな時計と人々のざわめき印象的でした。

仙台でお世話になった、ミュージシャンのMさんにを探し出す「明日」に期待していました。

          つづく

2008年7月 5日

東尋坊

(ヒッチハイク・シリーズ)

もうじき、七夕ですね このところおれ気味で、更新れました?

さて、金沢から脱出!これも学校で習った「東尋坊」を見たくて、道路ヒッチ再開です。 の道路をのせて頂いた乗用車の後部席で流れる、ネオンの光を楽しみながら、を続けていると、ドライバーから「此処から福井だよ」とらされて暫くすると、何かうのです!

外の景色からネオンりが殆どくたっているのです。途中で、叉ヒッチの再開ですが、るのですが、ってくれません!?! 信号待ちで停まっているドライバーも僕達にもあわせませんでした! しょうがなく、何時間国道きました。

までは、最高で20分親指てていると、ドライバーが停めてしをいてもらえました。そんなで、福井県・福井県人に対し「暗い、冷たい」と言う偏見を持ってしまいましたが、最近は随分、進歩的に県民一致で努力している姿がTVなどで好意的に見ています。

てなわけで、目指す「東尋坊」に着いたとき親切ドライバー「此処だよ!」と伝えられましたが寝不足の僕達は、「京都に近い処で降ろして下さい!」と伝えて、又りにつきました!

        つづく