2008年9月22日

阿波踊り

(ヒッチハイク・シリーズ)

徳島市内に入るとのそこそこで、町内の有志が太鼓を持ち出し、踊り手いています。本番ちきれないパワーです。

旅費ぐべく「アルバイト募集」の張り紙を頼りに「面接」僕等風体を見て担当者は明らかに「硬直」うちは飲食店なので」られました。し紛れに「僕も飲食店をやっているのですが」と言ったけど無駄でした。

めて、街中での野宿どうし続くであろう喧噪危険を避けるべく、今夜寝床を決めるためお寺ねましたが、当然ここでも門前払い!

枯山水素晴しい禅寺で、もし長髪のヒッピー寝袋横に焚火を食べていたら、拝観者ビックリしたでしょうね?

は、夏休みの小学校体育館目当てで、職員室を訪ねると校舎内駄目だが給食室用具置き場の間ならと許可を貰いました。

本番「阿波踊り」整然とした「連」もくもくっています。僕等素人参加するすべもありません。

何時間も経って行列わりに近づいた頃、突然チャンスが来ました、っぱらって着物ははだけデタラメの踊り普段着で肩を組み合いわめく男女柔道着剣道着!

ここしかい〜〜!バックパック負ったままの踊り方も知らない僕達も、ここは大丈夫!「徳島大学」「連」グループです。ヤッタ〜念願の「阿波踊り」に参加!

「踊る阿呆に、見る阿呆!
   同じ阿呆なら、踊りゃにゃ、そんそん!」

       つづく

コメントする