2008年9月27日

ヒッピーとお遍路さん

(ヒッチハイク・シリーズ)

いつまでも続く、「阿波踊り」余韻の中、小学校での野宿からを迎え、知り合った若者れ、二人旅の再開です。

四国太平洋側国道は、他の地方とは違い、「湘南」景色「箱根」山路交互れる、独特です。

何処漁村か覚えていませんが、夕方を迎え、今夜は「阿波踊り」で燃焼した体力回復すべく、「野菜炒め」決定へ向かい八百屋さんを探すとに在る「野菜くず」発見!

「これ、いくらですか?」ねると、怪訝そうに僕等つめ「只で良いよ!好きなだけ持っていけ!」と。ラッキー! 「キャベツ・大根の葉・ネギ」切れ端・などなどGet!

はとなりの肉屋さん、豚肉が入っていない「野菜炒め」横浜生まれの僕達にはえられません。「豚コマ、100円分下さい」と言うと、へんぴな村の事、しらない顔不信よそ者の登場には敏感です!

ましてや、長髪・短パン・日焼け! 店主と奥さん「尋問」まり 少々の村人くで監視?横浜から出て来て、ヒッチハイクを続けている事や経緯しました。

りの人もどんどんづいて来ます? 店主が秤で、経木豚肉を入れて僕達に渡しましたが、100円で、こんなにあるかと思うでした。

 「待って!これ持っていきな!」と奥様が「卵」2つくれました

その時代のは「空海」「お遍路さん」の事は、殆どりませんでした。今思えば「お遍路さん」も通らない道外れの漁村にも、「お遍路さん」助力する風習・心付いていたのだと思えます。

ヒッピーもお遍路さんも、「心の道」旅人わりありません

ってぬ前に日本を見ておきたいと思ったが、「生きる道」いていた事に、本人づいていません!?! 

「馬鹿は死ななきゃ解らない!」かなぁ〜〜

 

堤防の側で、村人「優しさ」と久々の「焚火の臭い」まれながら食べた「野菜炒め」〜〜〜「卵」は朝食の「目玉焼き」だ〜!

             つづく

コメントする