2009年4月23日

宇宙遊泳

(ヒッチハイク・シリーズ)

高知市市電通りからヒッチを再開!
九州方面に向け、西進夕方近く、山間うように走っていると、
突然視界け、青い海白く長い砂浜松原の前にがって
いました

今夜寝床此処しかないと、運転手さんに「此処ります」
げ、地元の人にくと「松林の中にキャンプ場がある」
えてもらい、たどりくと「有料キャンプ場」でした???

補充キャンプ場け、海岸へ。 左右とも長い砂浜
ど真ん中薄暗い中、薪集め。大きな流木中心かまど完成
やっと食事がとれました。

満天星空水平線には沢山「漁り火」
めてた、ゆっくり 移動する「人工衛星」

寝転がると、「おや?俺は何処にいるんだ?」
KZ「おい、上を見ろ!俺達は宇宙遊泳をしているぞ!」
砂浜寝転がってると、余りにもい為、地球く、
まるで星が瞬く宇宙空間にいるようです!!!
しかも空気きれいなため、2〜3分おきに「流れ星」
もう、ぶつかりそうでよけるのが大変です?!?
この夜から、一番好きな「寝床」は「大地」になりました。

えて来た深夜そうとした時、「カサカサ」「カニ」
流木きこちらをています。
こいつもここがかく居心地かったのでしょうね。
                   「お休み、カニさん♬」

朝起きると「霞」ていて、これはこれで素敵な景色
KZジーパン上半身裸長髪なびかせ
砂浜両手げ、かけずり回りました....♪♪♬♪♪♪♪♪
  朝早く、僕達は、立ち止まってていました

この「天国」名前「入野松原」います。
            その何度れることになりました。

                   つづく。

コメントする