2009年9月 8日

KENZO Night

peace.jpg

  KENZO君が8/6肝炎くなりました。55歳のさです。
 9/28(月)に「ドラゴン・クラブ」をおりして、
「KENZO Night」追悼ライブ友人ミュージシャン達の 御協力得♫ 18:00開場、18:30開演で ないます。
 1Drink付きで2,000ですが、平服気楽におし下さい。

kenzo 2.jpg

kenzo 1.jpg

KENZO親友でもあり弟分として片腕でした。
「ヒーピー珍道中」シリーズの相棒でもあり、John John創設以来の付き合いで、苦楽にしてきた仲間です。 これからも写真け、その他旅のエピソードけてゆくつもりです!

知る人ぞ知るハチャメチャ「ロック野郎」しい想い出も迷惑を掛けられた数知れずそれでもみきれない?
すべき大バカヤローでした
John Johnの音楽も彼無しでは語れません♪

「ドラゴン・クラブ」の場所はイセザキ・モール直進信号を渡り直進次の角に曲がり右側にあります。「かつ半」の前です。TEL045-262-2601

    ♬

   ♪

  ♯

 ♫

Photo by ひーさん。

Design by もとこ。


PS: 「Bobby Soxer」ベース「Michiaki」君が「テンソー」でも
    演奏してくれるそうで、ルイズ・ルイス・加部さんも特別参加して
    くださるそうです

コメント

随分とご無沙汰しています。オオイシ(ウォーリー)です。
ご無沙汰し過ぎてケンゾーさんの訃報をマスターのこの記事で知りました。
ケンゾーさん、ボクらの世代の仲間達には煙たがられてた様な気がしなくも無いですが、ケンゾーさんの店におでん食べに行ったり、JohnJohnがもう閉まってる夜勤明けの時間にアブチャでご一緒させてもらったりしたことを思い出します。福富町?の家にも行ったことあるな。事故と前後してボクは東京に引っ越してしまったから10年くらい会ってなかったか。
RIP KENZOさん。

28日、都合つけられるかな?

ブログ見てくれていて、ありがとう! ウォーリー!
強力なPowerで活きていたKENZOですから?いろいろな人達に
「煙たがられて」いたのも事実ですね。

ウォーリーはギターや唄を続けていますか?
KENZOの好きな叫び「Keep On Rock'in 」

ケンゾーの訃報を聞いて、何度も何か書こうと思ったけれど、
余りにも長い付き合いで、私とはJhonJhonと同じ位の歴史があって、
生き方がヘタで若い頃も晩年もハチャメチャだったけれど、
私には優しい心根を見せてくれた人でもあり、
何も書けずに今日までいました。

何だか信じられない思いで一杯だったけど
こうやって写真見ると、余計信じられない思いです。

静かに冥福を祈りたい気持もあるし、追悼コンサートに
行くと現実なんだと思い知らされるような気がするけれど、
寂しがりやだったケンゾーのためにもみんなで追悼すれば、
気持の整理がつくかも知れないですね。


ec_dropsさん、ありがとうございます。

僕も未だに実感がありません!ベロベロで店に入って来る様でなりません?
そんな皆様と供に、KENZOに対しての「気持ちの整理」をしたいです。

HPの写真はほんの一部で、当日は「ひーさん」が、本日作ってくれたプリントを
沢山貼ります! ご希望の方にもって帰っていただくつもりです。

それと「声かけBOX」も作るつもりです!言いたい事を言ってください♬

12日のec_dropsは私です。
うっかりいつも使っているHNでコメントしてしまいました。

ちなみに…
drops は、音楽はいろんなジャンルがあって、いろんな色があって、
人によってその味の好みも違うドロップのようだという意味です。

ec は、私の大好きなギタリストの頭文字です。
○○さんなら解かるかも…。

ecと云えば「榎本健一」でしょ〜〜〜!
偉大なエンターテイナーでもあるミュージシャンです♬〜♫

28日の「KENZO Night」皆で楽しみ追悼しましょう!

嗚呼--- どうして皆いってしまうの
いつか必ず会えるとココロに信じて
しまってあるのに-- ねぇ!!
ココロの故郷伊勢佐木-関内-元町
ケンゾーさん でもまた会おう
きっとまた会おう
楽しいオモイデをたくさんありがとう

shinobuさん、今年は自分より若い3人の友人達を亡くしました。
今夜もネオン街を眺めていた時、酔っぱらって、叫んでいる
KENZOがいないのが、寂しかったです。

Kenzo R.I.P.
September 26th, 2009 by surfnsno

横浜という町は私が
今から数えるともう20年も前に住んでいた土地で
名ばかりの大学生として神奈川県に越してきて約7年程
私はこの町をゆりかごのようにして育った
田舎ものの小娘を
ありとあらゆる外敵から守ってくれる人たちがいた
ケンゾーはそんな味方の一人だったかというと
そうではなくて
どちらかというと危ないから近寄らない方がいいと
遠巻きにみんなが示唆してくれていたような気もする
私が知り合った頃は仕事もしていたし結婚もして娘もいたが
どれもこれもがあまりうまくいってはいないようにも見えた
でも夜中に会うと必ずキックの入った
すべてがみんなどーでもいいという顔で
現実と現実の境目で溶けている
そんな感じだった
怖いもの見たさの好奇心でいっぱいだった私は
榊と二人であちこち連れて行ってもらっては
あれこれのことを教えてもらった
ジョンジョンで働いたほんの2年ほどの間のことだ
奴との思い出はただ
ひたすら遊んだことだけしかない
それもみんな一体何だったんだかさっぱり覚えていない
ぬっと出てきて
「遊ぶってそういうことだよシノブちゃん」
とにやっと笑って言いそうだよ

お世話になりましたケンゾーさん
あの頃たくさん遊んだお陰で
後戻りせずにここまで来れたんじゃないかと少し思っています
私ともどもきっとしぶとく生き抜いて
いつかまた必ず伊勢崎界隈で会えると思っていたけど
ショバ換えしたんですね
あなたにとって現実は退屈すぎたんじゃないかな
私はもう少し頑張ります

また会おうね!!

努力と忍耐は大嫌いな、僕とKENZOでしたが、
shinobuちゃんが「私はもう少し頑張ります!」と言うなら頑張って下さい!
貴女が2年と云いますが、僕には10年以上に思えます!
「レイジー・ボーンズ」の外の車の中で飲み過ぎで、のたうち回っていた君達♪
そのまま寝ずに箱根に行った事! なんでもありで楽しんでいた僕達!

少しでも、少ない友達でも、特に若い人達には好きな事をやってもらい、
楽しむ事が正常である事を伝えていきたいものです!

今夜は半月だけど、何処かで、自分と同じ気持ちの人が、同じ月を見ていると感じて、
美しさと宇宙の神秘に感動し、安らぎを得ていた日々♬

今夜は「KENZO Night」の司会進行はランキン・タクシー!
楽しく、バイバイしますよ!

状況はまたアップします。 ライド・オン〜〜〜♬

コメントする