2008年1月30日

源氏物語スイーツ 源空

「恋空」だとか、甘~い小説が流行っていますが、
本日紹介するのは、こちら。
元祖スイーツ系書籍、「源氏物語」です。

源氏物語か・・・ なんとなーく、ですら内容を知らず、
夜這いがどうとかの作品ってコトくらいのイメージ。あと、長文を予想させる文章量。

上記の理由により読んでいなかった自分にも、アナタにも朗報

最近の若者文体でトレースされた
源氏物語をスイーツ(笑)文にしてみるまとめ」

とっつき難い作品を、
今風にアレンジして、敷居を下げるってイイな。
過去の古典や良書を、こんかカンジで一箇所に集めたら
良いサービスになる予感。

2008年1月29日

ガンダム MS IGLOO (1)

ガンダム、試作機系3DCGシリーズの第一巻
『機動戦士ガンダム MS IGLOO -1年戦争秘録-』
「大蛇はルウムに消えた」

宇宙戦艦の動き軽っ
女性士官の顔、白っ

ルウム戦役で使われた、ジオンの試作砲と、
大砲屋さんの悲しい末路な話


モビルスーツに取って変わられる役割は、
まるで、第二次世界大戦中に戦艦から
航空機へと戦力の集中と効果が移り変わった流れと同じ。

大きな組織だと、末端まで情報が回らなかったり、
内部派閥とかあって、結果的に不具合が出るんだなぁ
とゆーことを、しみじみと考えてしまった。

2008年1月28日

惑星大怪獣 ネガドン

cw_film.jpg

コミックス・ウェーブの作品集、下記の3つ入り。

「はなれ砦のヨナ」
ファイナルファンタジーそのまんま。

「カクレンボ」
KEN ISHIIの「EXTRA」テイスト全快
暗闇にネオンが妖しく光る、
そんな森本晃司風なイメージが
好きな人にゃピッタリ。

negadon.jpg

「ネガドン」
東映の特撮シリーズな風味を3DCGで再現。

何が凄いって、実写やミニチュアをまったく使用して
いないのに、細部に渡って質感が再現されているところ。

昭和100年といった設定、爆発の表現、遠近感なども
昔っぽさを強調するスパイスとなっている

この映像フィルターを編み出すまでに、苦労したんだろうなー

見た目だけではなく、ストーリーまでしっかりしているところが驚き。

2008年1月27日

RENT

RENTのテーマ曲でもある

「Seasons of Love」とゆー名曲が大好き。
映画本編よりも、予告編で上手くまとめられちゃってます。

ミュージカル調な手法は、好みが分かれるところですが、
レントはちょっとヤリ過ぎだろう。ミュージカルの回数が半端なく多い。

ブルース・ブラザーズ』のような豪華キャストでのコメディタイプや、
ドリームガールズ』の感動タイプ、『シカゴ』のシチュエーション・タイプなど
様々なミュージカルカットがありますが、
だいぶ削って、小出しにすれば感動できる話だったかもしれないのに、もったいない。

本編を観るよりも、真っ先に体験して欲しいのは、
冒頭でも述べた「Seasons of Love」
(ハウスバージョンを聴いたのが切っ掛けで、この曲の存在を知った)

人生の貴重な時間を、どんな単位で計っていますか?

暖かい陽射しの数? 美しい夕焼け?
深夜、John Johnで飲んだコーヒーの数?
笑い声? ケンカ? 調子に乗ってイッキ呑みしたテキーラの数?
通知表? 契約書? 領収書? 請求書? 札束の厚さ?
未来への希望? それとも不安?
急いでいると言ったくせに、返事が遅い例の企画の話?
「今度、呑みに行きましょうね!」が社交辞令である確率?
「暇なんですよぉ~ と言うワリには、ブッキング不可能なアノ娘の予定?
中島みゆきの曲と共に流した、涙の量?
眠れない夜に、にじんで見えた流れ星の数?

一年、一分という時間を、愛で計れるのだろうか?
愛で時を刻めるのだろうか?

2008年1月26日

ラブソングができるまで

music_and_lyrics.jpg

ラブコメです。こーゆう話にありがちな、
「とんでもなく、取り返しのつかない出来事」が無いので、
物語がなんだか平坦

80年代洋楽に詳しい人が観たら
苦笑できるシーンは多々あり。
冒頭の、安っぽい小芝居の入ったプロモーションビデオは
デュラン・デュランを参考にした模様。

一世を風靡したポップシンガーが落ちぶれて、
営業で各地を回る場面の描写が切ないながらも、
笑えたり笑えなかったり

全盛期のブリトニー・スピアーズや、アメリカのヒップホップシーンを
小バカにしたキャラが出てきて大変微笑ましい。

仏教も完全にナメられた演出です。
某一神教徒のよーに、文句を言わないところは
流石、悟りを啓いているだけのコトはある。

2008年1月25日

ゲド戦記

gedo.jpg

周囲を見渡してみても
観た人がいなかったゲド戦記。
ウェブ担当が代表としてチャレンジ

宮崎駿 作のファンタジー絵本
『シュナの旅』のキャラクターを使い、
原作は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』
(『シュナの旅』は、ナウシカやラピュタ、もののけ姫に出てくる
動物が描かれています。ジブリ世界観の元とも言える作品)

過去のジブリ作品と比べると、キャラの深みや関係性が薄く、
キャラクターや小物の登場数が少ないので、
これまでの、ジブリがいっぱいな人は、ガックリするかもしれません。

主役の小さい
声優の岡田准一君のせいじゃないんだろーけど、
何を言っているのか、さっぱり聴き取れません。

ついでにゆーと、ヒロインの声優さんの起用に疑問。
彼女である必要はあるのか?

背景画は、西洋美術を参考にしたタッチや
雨雲の黒い部分の描写などが新鮮

悪い点は、カットとカットの繋ぎ目に連続性がなく、
とても大切なシーンで疑問符が発生する箇所が3カットほど。
端折り過ぎ。

映画よりも気になるのは、
ゲドの監督と、父である駿監督との確執か。

確執ついでに。
プロデューサーの鈴木さんが
「はじめて宮さんを殴りたくなった」
とゆー、エピソードに、駿監督のチャメっ気たっぷり。

身近にいたら面倒な人っぽいから、ゴメンだけど。

2008年1月21日

OZmagazine 2008年2月号

ozmagazine_427.jpg

本日発売のオズマガジン
「横浜&中華街」特集に
John Johnが掲載されています。

野外でのホットドッグ写真はとても可愛い感じ。

レトロでキュートな横浜の魅力を新発見とゆーことで、
伊勢佐木町はもちろん、
山手、元町、野毛、黄金町、日ノ出町、関内、みなとみらいの
情報が詰め込まれています。

これだけの記事のほか、切り取り可能なマップまでオマケに付いて、
たった380円で読めるなんて幸せ

2008年1月19日

電脳猿

monkey_robot.jpg

猿の意志で動くロボットが開発されたようで。

とは言っても、
機械の身体に、脳みそをブチ込むような
野蛮な手法ではなく。

猿の大脳から電極を使って、
神経細胞の活動情報やら、
様々なデータを取り出しているみたい。

(電極を、脳にブッ差してたら、十分、ワイルドだけど・・・)

monkey_robot_face.jpg

医療目的で開発された、この猿ロボ。
なんと、猿自身はアメリカ。
機体は京都で動いているらしい。

そうなんです、遠隔操作なんです。

顔も、モンキーテイストを醸し出したのか、
ちょっぴりファニーフェイス

なんか、オバケのQ太郎みたいだな・・・

このニュースを知った瞬間、すごいと思ったけど、
もう一つ感じたことがある。

ロボが暴走して逃げ出したら、恐い・・・

monkey_robot_hand.jpg

鋭いしね。

ズゴックかよっ!

あぶねぇじゃねーか

捕獲されずに、野良ロボットと化したこいつは、
八百屋を襲ったり、温泉につかってみたりするんだろーか。

2008年1月15日

真贋

shingan.jpg

「体を動かす修練を積んだ人は、
リズミカルに文章を書くことができる」
と、吉本隆明さん

強弱をつけた、飽きさせない文章の流れや
テンションが大切なんですね。
読み手の感情グラフを想像しながら書く気持ちでしょうか。
(ディズニーでは映画を作る際に、
仮想の感情グラフを描くという)

さぁ、冒頭、自らハードルを高くしていってみましょう。
ラグビーっぽく、ハードタックラーな文体で、進めましょうか。
やめておきましょうね。

「物事の利ばかり考えないで、のほうも考える」
職業ごとの利と毒についても言及。

今やっている仕事はサービス業、
ユーザーを楽しませたりすること。
ウェブ関連だと、それ以前に使い勝手がよかったり、
ということを重視しています。

映像はエンターテインメント業かな。
相手の感情を揺さぶること。と捉えています。
業務というよりは、ほとんど遊んでいるに近い。
遊びながらお給金が入るというシステム。

ウェブに従事する人の毒的要素とは?

やたら横文字を使う? 本質的には違うか。
知らないことを、知っていると言い。
もっともらしい理由をデッチ上げる?
必然性もなく、新技術を導入する?

「目高・手低」
目利きになってしまい。
実作業の品質レベルから格段に離れていること。
作家や編集者、評論家などの環境を例に挙げ
わかりやすく説明してもらいました。

こうなってはいかんな、と感じていたのと、
普段、ディレクション(制作のとりまとめ、進行管理)や
プロデューサー的(お金の管理、対外的で穏やかではない交渉)
な役回りが多いので、少しでも実作業をと思い。
John Johnのサイトを0から創ってみた。

何年か前に、「一度、自分でサイトを作ってみなよ。」
と友人2人に言われたことも、ずっと心に残っていた。

広い意味で扱うと、今回のサイト制作は、
生まれて初めて全部1人で創ったサイト、とも言えます。

いかに、調節や微調整が大変で面倒な手順か、
普段とは違う視点からの発見があり、
途中で諦めそうな弱い心も把握。
今後の仕事にも、活かしていけそうです。

レベルアップとゆーか、ティロリリッティッティ~ン♪
といった音も聞こえた気がした。少しだけ経験値が貯まったような。

「その人の精神状態に、何らかのプラスを与えることだ」
この言葉には、吉本さんの言うところの慰めがありました。
John Johnのサイトを見て、驚いたり、楽しんだり、笑ったりして
いただけているようなら、救われます。

「働いた分は、そのものの価値の中にちゃんと入る
それは必ずそこに入る

自分が手がけたモノや実績の品質は、
どう評価されようと、自分で一番、良いところも悪いところもわかる気がします。
(たまに、自分ではよくないものだと考えていても、
世間様から良し、と評価していただけることもあり、驚きますが)

「人を見るときは、生きるモチーフを見る」
その人の目的とするところや専門性に関しての部分で
優れていると考え、決して全体的にとか、人間的に偉いとかは
判断しないように、と。

ここ数年で、特に意識しますが、
24時間一緒に生活してみないと、その人間の評価はできません。
職業でも地位でも、名声でも、所得でも、手がけた仕事でも、
一般的に言われている性格や、雰囲気で判断するものではないし、
できない

「計算高さは、顔や挙措振る舞いの中に自然に出てきてしまう」
利潤的には相当低いこともやっています。
学生時代しかしらない友人が知ったら、ビックリしてアゴが外れたままでしょう。

「やっぱりよくねぇな、この経営者は」
と、この好々爺に言われねぇように、しっかりとした顔や振る舞いをしないとな。

「いいことをいいと言ったところで、無駄だということです。
(中略)いいか悪いかではなく、考え方の筋道を深く追わなければ、
問題の本質が見えてきません。」

マルクスは読んでいないけど、
マルクス的な視点のようです。関連書物も読み漁ろう。

進路相談を受けたりするので、ついでに。
就職でどの会社へいこうか、どの学校を受験しようか。
業種をセレクトする苦悩と向き合い、悩んでいる方もいるでしょう。

ジョブチェンジの必要性や、ダーマの神殿に駆け込む人も
いる時期かもしれません。

「進路に迷ったら両方やる」 とのコト。
荒俣宏さんも同じようなことを、川の流れに例えて言っていたなぁ。

両方の修練は、必ず役に立つ。 ってさ。

実感としても効果大。
マイナス思考の観点からはリスクヘッジとして、
プラス思考の見方として、個性確保。
他人とは代替がきかない、自分個人の特製として有利。

新成人にも向けて、送る言葉。
人に何からのプラス・エネルギーを与えながら
自身のポジショニングを少しだけ意識してみてください。

そして、悪い大人に騙されないように、
真贋の鑑定眼を身に付けておくとお得

2008年1月11日

地頭力を鍛える

jiatama_ryoku_wo_kitaeru.jpg

フェルミ推定

これだけでも、賢くなった気がするでしょう?

概算で予測を弾き出す手法を扱った書籍なので

完璧主義のあまり、ついつい時間をかけてしまう方、
金銭や人材を管理するポジションにいる方々にオススメ。

打ち合わせの最中に、好奇心旺盛な社長が乱入してきて
進捗を聞かれたら? どうする?

報告書の提出期日3日前に、
絶対に顔を会わせたくない上司と、
会社のエレベーターで一緒になったら? 短い時間でどう答える?

物事を30秒で説明する必要性を、感じていただけましたか?

ビジネスはアートか? サイエンスか?

両方の組み合わせで成り立っているから、
ビジネスが大好きだ!という強欲な方にもレコメンド。

著者には、ジアタマデバイドと命名した単語を流行らせたい気持ちが
強いようですが、それは無視しておくのが健康的読書イズム

「世界中にラグビーボールはいくつあるのか?」
といったような、一見無謀な数量や問題について、推定ロジックに基づき
短時間で概数を求めることを、フェルミ推定と言いますが、
解答がぴったり正解でなくてもよく、
桁数が大まかに合っていれば、一応の目的は果たしたことになります。

「原子力の父」こと、ノーベル賞物理学者のエンリコ・フェルミが
嬉々としておこなっていたことから、フェルミ推定と呼ばれているわけで。
どのくらい好きだったかと言うと、死の淵にいながらも、
点滴が落ちる間隔を測定して流速を計算していたと、
いう逸話が残るほど愛していた思考法

仮想思考の鍛え方の主な点
 少ない情報からでも仮説を構築
 前提条件を設置して先へ進む
 時間を決めて結論を出す

情報が少なすぎて、無理。と思った時点で負け

ここで問題
時間制限は3分間、電卓、パソコンの使用は不可、一切の情報参照も不可
「日本全国に電柱は何本あるか?」

答えは文章の最後に。(すぐ見ちゃダメよ)
すぐに解答を見る人は、知識に対する好奇心が高いWhat型
自分なりの答を出して楽しめる人は、問題解決に関する好奇心が強いWhy型

さぁ、レッツ!フェルミ!

人材管理で役立ちそうなのは、
絶対座標軸上にマッピングして、各人の適性を洗い出す技術。
これを備えていれば、上手なディレクションやマネージメントができそう。

このブログ記事も含め、相手の「話が長い」と感じる理由
 話がつまらない
 わかりにくい
 聞き手の興味に合っていない
 趣旨から脱線している
 いつ終わるかわからない

「あー、いるいる」とモニターの前でうなずいている、アナタ
もしかしたら、アナタ自身のことかもしれません。

フレームワークツール
3Cや4P、Plan/Do/See、QCDも、チョロっと学んでみようかな。
フレームワークのタイプ別リストが出ているので便利。
視点の高さ、ズームアウトでものを考える癖をつけよう。
資料作成時に内容も決まっていないのに、いきなり目次を作り始めたりする
荒技に憧れる。

「一人ひとりの人間は、それぞれ個性が違い、矛盾だらけで、
かつ、思いこみの固まりである」

この状況に対応する最善策は、
「智に働けば角が立つ」のと、「情に棹させば流される」の
イイとこ取りをしてミックス、
「合理的に考えつつ、感情に訴えて行動する」
という器で人を動かす。とゆーこと。

大好きからの理不尽なお願いと
大嫌いからの理にかなった依頼
同時に発生したら、どちらを優先させる?

人間てば、それくらいファジーな生き物。

電柱の数 正解は、約3,300万本
フェルミ推定的な正解は、一桁以内の誤差に収まれば合格らしい。
ちなみに、ウェブ担当者の答えは、約2,200万本

2008年1月10日

プロの学び力

pro_no_manabiryoku.jpg

アダルトラーニング
ラーニングハック
パラレル読み

目次のキーワードに釣られ、買ってしまったよ。とほほ

新しいスキルや知識をインプットすることを、
キャッチアップって言うんだ。なんかカッコよさげ。

受験を目前に控えたご子息が、
『こち亀』を28巻あたりから読み返そうとしていても、
「今からキャッチアップだから」 とか言われたら、
ご両親も「なんだかわからないが、いよいよ追い込みか・・・」
なんつって、放っておいてくれそうです。

大人の勉強だと言っては、変なラーニングをしているそこのアナタ。
学びは下記のルートを経て完成するらしいのですが

 「概念」・・・知っている、知識
   ↓
 「具体」・・・やったことがある、経験
   ↓
 「体系」・・・できる、能力
   ↓
 「本質」・・・教えられる、見識

多くの人が、「具体」あたりまでしか踏みこまないようだ。
そうすると、知識に価値が生み出せない。
スポーツ新聞を読んで「概念」あたりでイイ気になって
止めてちゃダメってこと。
夕刊フジを読みながら、老いぼれていくのはゴメンだ
などと、痩せっぽちのボーカルに歌にされるのがオチです。

自分が勉強していることを他人にさらけ出すと、メリットがあるようだ。
ホントかな? やってみよう。 さぁ、解き放て! さぁ、さぁ!

自己の学習意欲を高めるために、
数ヶ月や半年おきに、ブログの記事のベスト3を出すアイデアは
いいかも。 ここでやるとしたら書籍ベストかな。
できることなら、書籍ワースト3も出したい、この本も含めて

「ブログを更新し続けていると、
いつのまにかブログを更新すること自体が目的化し・・・」
あるあるあ(略
あてはまる人は、(自分も込みで・・・) 注意ラーニング!

 

2008年1月 9日

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

national_treasure_02.jpg

カラクリや、洞窟内の仕掛け
ワクワクさせてくれます。
あんなアトラクションが欲しい。

アクションシーンも切れ目がなくて、ほどよいバランス。

エリア51などのアメリカ都市伝説の
前知識があると、爆笑シーンで乗り遅れないでしょう。

アメリカの偉い人が、今までの映画とは
違った雰囲気の人物として描かれているので注目

日本の幕末も、関ヶ原の戦いから遡って
こんなテイストで映画化して欲しい。
坂本龍馬 暗殺者の日記とか。

ディズニーさんと、ブラッカイマーさん。どうっすかね。

2008年1月 8日

ナショナル・トレジャー

national_treasure.jpg

インディ・ジョーンズ系列の
冒険アクション映画だぜ!やっほう!

フリーメイソンとゆーと、
庶民のうかがいしれぬところで
悪巧み金儲けをする

秘密結社っぽいイメージ。

ほんの少しだけ、フリーメイソンや南北戦争の知識があると
楽しめます。お互いを認識するためのサインとか。

主人公が海軍の訓練部隊にも所属していたとかで、
ハリウッド映画にありがちな矛盾を、事前に回避しようと
する努力が微笑ましい。

日本の都市伝説や遺跡もこんなテイストで映画化して欲しい。
爆破して水没した旧日本軍の海上基地とか。

金閣寺がらみとか、徳川埋蔵金とか、
ネタは豊富でっせ、どうっすかね。

2008年1月 4日

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

kisarazu_cats_world.jpg

木更津キャッツを観ると、ビールが飲みたくなる。

本作より、テレビシリーズの方がテンション高めなので、
ぶっさんが生まれて初めて木更津から出て
東京へ遊びに行った話のようなボルテージを
求めている方には、残念な結果になるかも。

本編の流れとはまったく関係のない
物真似教室とか、小ネタが好き。

相変わらず、円陣は楽しそうだった。

2008年1月 3日

舞妓Haaaan!!!

maiko_haaaan.jpg

新年あけましておめでたいので
『舞妓Haaaan!!!』を見たどすえ

脚本はクドカンこと、宮藤官九郎。
興行収入とか、大人の理由は抜きにして。
柴咲コウや堤真一は必要なかったのではないか。

阿部サダヲのアクションだけで十分楽しめる。

『フォレスト・ガンプ』の様な目まぐるしい展開が好きだ。

植木等がチョイ役で出てきて驚いた。
合成かと思ったら、最後の出演作品だったのね。
ありがとうスーダラ節。

京言葉とゆーか、花街言葉は心動かされますね。
このブログを読んでくれている方々は、
お座敷遊びにゃ飽きたって人達が多いと思うので、
今度、その魅力について教えてください。
やっぱりアレか、野球拳?

一つだけ言えることは、京都の男も女も色っぽくて
とらえどころがないので、魅力的ってこと。
浮気されても憎めないような。文化土壌のせいでしょうか。

友達の京女は、わざと京都でも使われていないような
言葉を話すって言ってました。 なんでって、男受けがごっつぅええからどす。

そやさかい仙台の女と、京都の女には気をつけておくれやす。