2008年1月 3日

舞妓Haaaan!!!

maiko_haaaan.jpg

新年あけましておめでたいので
『舞妓Haaaan!!!』を見たどすえ

脚本はクドカンこと、宮藤官九郎。
興行収入とか、大人の理由は抜きにして。
柴咲コウや堤真一は必要なかったのではないか。

阿部サダヲのアクションだけで十分楽しめる。

『フォレスト・ガンプ』の様な目まぐるしい展開が好きだ。

植木等がチョイ役で出てきて驚いた。
合成かと思ったら、最後の出演作品だったのね。
ありがとうスーダラ節。

京言葉とゆーか、花街言葉は心動かされますね。
このブログを読んでくれている方々は、
お座敷遊びにゃ飽きたって人達が多いと思うので、
今度、その魅力について教えてください。
やっぱりアレか、野球拳?

一つだけ言えることは、京都の男も女も色っぽくて
とらえどころがないので、魅力的ってこと。
浮気されても憎めないような。文化土壌のせいでしょうか。

友達の京女は、わざと京都でも使われていないような
言葉を話すって言ってました。 なんでって、男受けがごっつぅええからどす。

そやさかい仙台の女と、京都の女には気をつけておくれやす。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。