2008年1月25日

ゲド戦記

gedo.jpg

周囲を見渡してみても
観た人がいなかったゲド戦記。
ウェブ担当が代表としてチャレンジ

宮崎駿 作のファンタジー絵本
『シュナの旅』のキャラクターを使い、
原作は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』
(『シュナの旅』は、ナウシカやラピュタ、もののけ姫に出てくる
動物が描かれています。ジブリ世界観の元とも言える作品)

過去のジブリ作品と比べると、キャラの深みや関係性が薄く、
キャラクターや小物の登場数が少ないので、
これまでの、ジブリがいっぱいな人は、ガックリするかもしれません。

主役の小さい
声優の岡田准一君のせいじゃないんだろーけど、
何を言っているのか、さっぱり聴き取れません。

ついでにゆーと、ヒロインの声優さんの起用に疑問。
彼女である必要はあるのか?

背景画は、西洋美術を参考にしたタッチや
雨雲の黒い部分の描写などが新鮮

悪い点は、カットとカットの繋ぎ目に連続性がなく、
とても大切なシーンで疑問符が発生する箇所が3カットほど。
端折り過ぎ。

映画よりも気になるのは、
ゲドの監督と、父である駿監督との確執か。

確執ついでに。
プロデューサーの鈴木さんが
「はじめて宮さんを殴りたくなった」
とゆー、エピソードに、駿監督のチャメっ気たっぷり。

身近にいたら面倒な人っぽいから、ゴメンだけど。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。