2008年3月14日

一流社員が読む本 二流が好む本

president_20080331.jpg

プレジデントの書籍特集

買ってよかった。
読んだことのない本や、知らなかった作者に出会えたよ。

普段、俗悪メディアに洗脳され過ぎて、
何から読んでいいのかわからない、仕事に活用できる書籍を
探している、人生をより豊かにしたい。
そんな方々にオススメの良書リスト

「9割の人は情報の洪水に流されている」と警告する、
田坂広志氏。流されないために、知識の生態系を育てる方法と
知識と知恵を区別するきっかけを教えてくれる

本の著者の魂と格闘し、自身の原体験を見つめ直す。言霊を求める。

クリシュムナリティの言葉
「世界はあなたであり。あなたは世界である」
には言霊がぎょうさん詰まっている。

オムロンはの作田社長は、
「何をするか、でなく。何のためにするか」
「経営も人生も、戦うことが生きること
と指標を挙げる

「何をしたか」は見えやすいが、「何のために」は見え難い。

また、「理想や信念、目標を実現したいという自分の思いと、
それを阻む外的条件や世の中の不条理。この対決から逃げた瞬間に、
生きることが、もう半分は意味がなくなってしまうのではないでしょうか。」

日々戦う自分を、自分自身で見つめ、精一杯やったなと思えるようにしたい、と。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。