2008年3月28日

自虐の詩

jigyaku_no_uta.jpg

落ち込んでいる時には、観ないほーが吉

精神状態が凹んでいなくても、
落ちるカットや、少々嫌な気持ちになるシーンが
多数だから、観ないほーがよいと思う。

原作の4コマは未読ですが、
漫画として読んだほーが喜怒哀楽を楽しめたかも。
いざ映像になってみると、笑える場面が
現実味を帯びてきて笑えない。

せっかく進言しているのに、
「そこまで言われると、逆に余計観たくなる
という、天の邪鬼な読者の方には、
もっと落ちる『嫌われ松子の一生』を薦める

本作と同じく、中谷美紀主演ですが、
不幸キャラが板についてきたとゆーよりは、
素で不幸なんじゃないかと、心配が先立ちます。

不幸映画好きなら、両作品を立て続けに鑑賞すると大吉

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。