2008年6月30日

招客招福の法則

shoukyaku_shoufuku_01.jpg

何を売ればよいか
ではなく、
何を売りたいか。

どんなサービスを提供することに喜びを感じるのか。

その洗い出しをするために
先輩方の実践例から学び、
「お客様が選ぶ理由」を創り出す本です。

中身はこんな感じ

  • 客単価なんてきまっていない
  • ビールが正価で売れる店
  • お客からワインをもらえる酒屋
  • 「売らない日」でひきつける
  • とらえ方ひとつで「処分品」が輝く
  • 駅で傘を貸すテニススクール
  • 耳をケガしたネコの貯金箱
  • 真夏に羽毛布団を売る
  • 感じのいいガソリンスタンド

言われたら商人冥利につきる一言

○○さんなら何かやってくれそうなので

お客様の「でもね・・・」を取っ払う

時によってお客には「そうしたい。でもね」
という感情がある。
「買いたい、でもね」「行きたい、でもね」

これは、お客の気持ちの中の壁、
「買う」という行為の障害になるものだ。

この「でもね」を取り除いてあげる。
そうすることでお客は「買う」ことができる。

お客様の「次も」を考え抜き、
常連を大事に扱う。

今利用しているお客の扱いは、いささかぞんざいで、
その一方で売り上げのために常に次のお客を探そうと
している商人はけっこう多いのだ。

自店のこだわりの理由を語る。

自分の商売に熱意のある商人であればあるほど
こだわっていること、大切にしていることがある。

しかしそれもお客に情報として発信しなければ伝わらない。

時折「ちゃんとしたことをやっていればお客様はわかって下さる」
という声を聞くが、私の知るところそういう事実はない。

客が寄りつかなくなるシンプルな理屈

店にお客が行かないのは、
行く理由がないからだ。

メッセージを誰にどう向けるか。
「既にその商品を買おうと考えている人」へは
「なぜあなたは、当店で買うべきか」を発信する。

「その商品を買おうとは考えたこともない人」へは
「なぜあたなは、その商品を買うべきか」を語る。

せっかく実行のチャンスがあるのに。

往々にして「売れるわけない」などの否定的な考えが
頭をもたげて、実行に移されないことが多い。

この負のスパイラルに気をつけて。

2008年6月29日

失われた「売り上げ」を探せ!

ushinawareta_uriage_wo_sagase.jpg

楽しさがわかっていないお客様に、
自分の生業の面白さを教える。

それに共感してくれるお客様を弟子にする。
あなたはいったい何の師匠になっているのか?

ニーズなんて存在しない、
という考え方と同じ思考

「売る」ということは、
動機付けをするということです。

世界初の百貨店、「ボン・マルシェ」の逸話は
商人だったら心動かされる話

ありとあらゆる手段で、お客がまったく思いつきも
しなかった生活様式を、お客がなんとなく悶々としている
毎日の生活が満ち足りてないな、ということへの答え、
それを提示しているわけです。

ニーズの魔力に囚われていたが、
ニーズが無いとしたら、どうすればよいか。
その切っ掛けとしての言葉

お客は「事件や冒険」に加わりたい!

あなたも、知らず知らずのうちに
冒険に片足を突っ込んでいる。

現代は、冒険の少ない時代ですから、
人々はそれを擬似的に体験するために、
映画館へ足を運んだり、ドラマを観たり、
マンガを読んだり、ディズニーランドへ行ったり、
ファイナル・ファンタジーのようなロール・プレイング・ゲームに
興じたりする。

ニーズに対応してはいけない理由

何かの「道」の師匠が、
弟子の要望を聞いて「教え」を作るか?

お客が主導するということは、
お客がストーリーの展開、次のセリフ、演出まで
いちいち考えて、指示をしながらその劇を観ているようなものです。
それであなた、感動します?

目利き客を持て!

ただ「お客の意見や要望」は、無視しません。
謙虚に耳を傾ける。
なぜならそれは「芸のこやし」だからです。

景気のせいにしない。

「商品が売れない」・・・・・・

これは当たり前です。だって
売っていないんだから。
売っていないのに売れるわけがない

さぁ、売るぞ。って時に気をつけるコト

「商品を売る」という感覚で見ていると、
自分が発信している情報の中に、
お客に対するメッセージがまったくない
ということがわからない

メッセージと、商品のスペックやサービスの説明は、
似て非なるもの。

お客の方が「商品は欲しくない」と言ってるのに、
いきなり商品の説明をしてもしょうがないでしょ。

買ってほしいとは言わず、
熱い想いを伝える。

2008年6月28日

「惚れるしくみ」がお店を変える!

horeru_sukumi_ga_omise_wo_kaeru.jpg

John Johnのチラシを作っているので、
小阪裕司さんの本を、あらためて読み返す。

お客が去ってゆく、その背中を
何の手も打たずに眺めているだけですか?

いや、そもそも、客離れが止まらない現象に
気付いていますか?

ニーズに対応しただけでは、感謝と感動を引き出せない。

言われないと対応しないひと」には、
人間だんだん冷たくなっていきます。

サービス業もしかり。

ひとは面白くないものにはエネルギーを使わない

お客様にとってのエネルギーとは?

  • お金
  • 時間
  • 労力
  • 考えること
  • 気を使うこと

相手をワクワクさせるには、三つの要素を意識する

  1. 気づきがある
  2. じ~んとくる
  3. スカッとする

本田宗一郎さんからのアドバイス

いいかみんな。消費者というものには、
「ニーズ」なんてのはないんだよ。

消費者ってのは、欲求は持っているんだけど、
曖昧模糊としているんだよ。

「こういう二輪車に乗りたい」とか、
そういう具体的なニーズというのは、ほとんど持っていないんだよ。
俺たちがそれを形にしてやらないとな。

商品の効能を書く

POPやメニューなどのツールは、
まずお客に「ワクワクする体験」を直感的にイメージしてもらうための
メッセージツールだと考えないといけません。

お客様は、いったい、いついなくなっているのか。

「お客の流出」は、三回目までの段階でほとんど起こっている。

三度目に訪れるまでの間に、流出は続く。

そして、次はお馴染みだった顧客の流出、
自然減についての、こんな話

いわゆる「トライアル客」(初めて来店してくれたお客様)を、
あなたのお店が一年に500人獲得できたとします。
一般的には、この500人は、三年でゼロになる
と言われています。

お金は嫌いですか?

流出防止になんの手も打たないというのは、
現金に火を点けて燃やしているのと同じ

離れていってしまう理由を想像する

お客が流出する理由は、ほとんどが次の三つです。

  1. 忘れる
  2. 飽きる
  3. 卒業する

ひとを飽きさせないためのポイント

  • 意外性
  • 偶発性
  • 不意打ち

人を喜ばせるコトと繋がりがある。

自分の芸や技が面白いか、どうか。

商人は、お客から、
あなたの商いに対する情熱と芸が試されている。

ガッポリ儲けた時の投資先

稼いだお金は自分の芸を磨くために投資しなければないけない。
なぜなら、お客がそれを望んでいるからです。

稼いで投資をする。で、自分の芸を高めて、
芸でお客に還元する。

2008年6月27日

月刊アスキー 明日の広告

monthly_ascii_2008_07_no370.jpg

積極的にコミットし始め、
多様化した消費者へ向け、
広告を出会わせるように仕向ける。

あらゆる場所に潜む、
コンタクト・ポイント
常日頃から意識しよう。

佐藤尚之さん曰く

広告の本質は"待ち伏せ"

CMを2つに分けたソフトバンク

ターゲット、方向性を2つに分けてCMを展開していますが

  • 「白戸家」は料金サービスの説明
  • 「ブラッド・ピット&キャメロン・ディアス」はスタイリッシュさ

CMを流す番組の視聴者の嗜好を考えて、
ちゃんと棲み分けをしているようだ。

2008年6月26日

もう殺さない

mou_korosanai.jpg

『もう殺さない ブッダとテロリスト』
加島牧史さん訳

銀座へ行った時には「ギャラリーバー・カジマ」へ
寄るようにしています。

なんだか少しだけ大人の仲間入りができたような
素敵なお店ですが、かといって変に敷居が高いワケでもなく
居心地の良い空間

牧史さんからは、毎月のように次回のギャラリーのお知らせ
ハガキをいただいているのですが、そのマメさを吸収しようと
いう欲にまみれた思惑も内包しつつ、たずねてみた。

ハガキには、毎回アーティストの紹介文があって、
その内容を書くコツも盗みに向かったんだけど、
特に文章を構成して、考えて書いているのではなく、
その時々、思い付いた流れに沿って、サラっとかき出しているよ。
とのコト。

センテンスとセンテンスを無理に繋げようとしない、
あのハガキと同じような文体で紡がれる本書

心と人生が取り散らかっている人が
立ち止まって、一息つく時間を持つためにも。

シタール(インドの民族楽器)の弾き方を例に出し
強すぎず、弱すぎず。

心もまったく同じこと。
バランスが取れるように、ゆっくりと放してやるのです。
いっぽうに片寄ることなく、真ん中の道を探すのです。

集中するために、心をかたくしすぎてもいけないし、
心をまったく野放図に手放してもいけないのです。

悩みゴトの原因

あなたたち、生きとし生けるものが
悩み苦しんでいるその原因そのものが、
自我と執着にあることを直視しなさい。

悩みの解決へ向けて

なぜ、あなたは自分の苦しみ、その苦しみの元凶となるもの、
苦しみの停止を、苦しみに終止符を打つ道を
見つけようとしないのでしょうか

真実を探求することの無意味さ、まずは美徳の優位性

真実は、数多くの美徳のひとつにすぎない。

哀れむ心、愛する心、他人に寛容であること、
ともに感じ合うこと、一緒に喜ぶ気持ち、
それらを求めることが大切なのです。

知識と知恵も区別しなければならないが、
知恵の定義とは?

知恵は、ことばではなく、考えでもなく、論理でもない。
それはあなたのなかで体験し、そして発見されるものなのです。

結局のところ、やるか、やらないか。それだけ

何が正しくて、何が正しくないのか?

苦しみを減らすすべてのことは正しく、
苦しみを増すすべてのことは間違っている。

答は、いつもあなたのなかにあります。

「ものや財産の管理人、番人」から脱却し、
解放された自由を得る切っ掛けに。

いま、ブッダはまったく節度ある生活を送っているというのに、
このわたしは所有したものに
時間もエネルギーも奪われ
ものに所有されているのだ。

ジッとしていられない性分なので
まったくといってイイほど、瞑想はしていませんが、
少しでも瞑想タイムをやり繰りしてみようかな、と思わせる一文。

瞑想をするには、まず耳をすまし、
呼吸に、そして姿勢、
すわっている感覚、知覚の動き、
湧き出る思いに注意をはらいます。

すべてが、心のなかを通り過ぎてゆきます。
そして、心そのものも手放すのです。

あなたの内から湧き出る思いと、
この宇宙全体から湧き起こるすべてのものを手放し、
通り過ぎてゆかせるのです。

瞑想とは、ただここに一時間、あそこに一時間
すわっているということではありません。

生き方そのものなのです。
生活のなかで、行(ぎょう)じてゆくものなのです。

日常の生活と、瞑想することにちがいはありません。

過去と未来の因果のなかに生きているときも、
いまここに、精一杯、真実のなかに生きているときも、
瞑想そのものなのです。

瞑想を通じて、自分の正しさと道標を
発見できそうな気がする・・・

2008年6月25日

みんなが出るテレビ オンエア!

mike_160_120.gif

tvkっ子は、
もうチェック済みかな!

昨晩、オンエアされた
みんなが出るテレビ」の口コミNEWS

レポーターとして、慶應義塾大学の伊藤亜矢さんに
John Johnの歴史や、店名の由来、数々のホットドッグと共に、
横浜新名物として、「しゅうまいドッグ」をメインで紹介してもらいました。

スタジオでは、
「しゅうまいドッグ」の腹持ちがイイとか、
パンとシュウマイの組合せが合うとか、
お褒めいただき、大変光栄でございます。

マイクさんが試食している時は、コメントが気になって
心臓が飛び出すほどドキドキしたけど、
「仕事の帰りに寄り道してみよっかな」的な
お言葉をいただき、嬉しいかぎりですっ

最高の待遇でオススメしていただき、スタッフ一同大興奮の夜でした!

2008年6月24日

週間アスキー 梅田望夫氏

weekly_ascii_080701.jpg

先週発売の週アスですが・・・
梅田望夫氏の対談があったので。

コンサルならではの
フェルミ推定を使った数字表現の必要性や。

読者同士のディスカッションを促進するための
プラットフォームとして、文章を書くコツ

僕が意識しているのは、
曖昧に書かないということなんです。
とにかく、物事を定義する

グーグルに財産目録を渡してもイイのか? について

そこに置いておかないと、だれも見に来ない

口では言ってるが、体現できていない
ダメな大人に活を入れるための、大人の流儀

日本には決定的に欠落しているものがある。
それは、大人の若い人に対する接しかただと思ったわけです。

上記も含めた、日本の強さとシリコンバレーの強さを融合する方法は
ウェブ進化論』『ウェブ時代をゆく』『ウェブ時代 5つの定理
に詳しく書いてあるので参考に。

2008年6月23日

みんなが出るテレビ

minnaga_deru_tv.jpg

横浜ローカルの話で申し訳ないが、
言わせてください。

コールサインはJOKM-TV テレビ神奈川でお馴染み。
tvkの番組『みんなが出るテレビ』、略して「みんテレ」に
John Johnが出るとか出ないとか!

明日、6/24(火)22:00~22:55 オンエア予定
John Johnに女子大生がやって来て
キャアキャア言ってくれているそうですヨ!

2008年6月22日

最強の「読書術」

toyo_keizai_080621_dokusho.jpg

東洋経済の読書特集。
速読がイイのか? じっくり読んだ方が効果的なのか?
本好き、読書好きが公開する、それぞれの読み方スタイル。

手法は人によってバラバラだが、共通しているのは
書くなり、人に話すなりしてアウトプットをすること。

そのアウトプットは、後々自分で要点を流し読みする時にも
役に立つだろう。

『本を読む本』の読書レベルが、図解されていたので
分析読書に関する大事な部分を抜粋

  • 著者の問題としている点は何かを知る
  • 著者が解決した問題はどれかを検討する
  • 判断には必ずその根拠を示す。知識と意見の違いを明かにする
  • 著者に反論する際は、著者の知識不足、知識の誤り、
  • 論理性の欠如、分析の不完全をしっかりと示す

2008年6月21日

週2、3日働いて1000万

consul_kigyou_jyutu.jpg

『週2、3日働いて1000万円稼ぐ コンサル起業術』

何が面白いって、著者自身が2~3日で
1000万稼ぎ出しているという記述が無い点

例え年商であっても、純利益ではない
ところに注意して読むと、
自分自身を棚卸しする切っ掛けに
微弱ながらなるかもしれない。

言われるまでもないと思いますが、念のため
タスクに漏れがないよう、「コンサルティングのテーマ例」を使って確認

  • 経営計画の策定
  • 製品開発のスピード向上、製品開発期間の短縮
  • 製品コストの削減
  • 部材調達コストの削減
  • 受注から納品までの期間短縮
  • 製品出荷・納入の納期遵守率の向上
  • 商品品質の向上
  • 在庫の削減
  • 生産性の向上
  • 生産現場の改善
  • 決算期間の短縮
  • 売り上げの向上
  • 社員のモチベーション向上
  • 業務プロセスの再構築
  • 情報システム(IT)の企画
  • 情報システム(IT)の再構築
  • ITコストの削減
  • 組織改革
  • 人事制度などの企業制度を作る・・・など

独立しようとする場合に気をつけるコト

経歴や地位はあくまでも過去のものであって、
独立後は一兵卒に戻るぐらいの覚悟がないと、
ただの煙たい人物になりかねません。

2008年6月20日

SEからコンサルタントになる方法

se_kara_consultant.jpg

システム開発の経験もある、北添裕己さんが
コンサル面からの切り口でSEの特性を活かす方法を提示

タスク管理や進捗報告書、課題管理表のフォーマット、
レビューのチェック項目一覧は、特に参考になります。

著者が営業や提案書作成時にやらかした
「私が失敗してきたこと」もためになる。

デスマーチに悩まされている人にオススメ。

連日連夜テストやデバッグに明け暮れて、
プロジェクトの先が見えないということは
ほんとうに辛いことだと思います。

そして、そのプロジェクトが終わっても、次のプロジェクトで
再び同じことの繰り返しという可能性が高く、
あまり希望が持てない方もいると思います。

ダーマの神殿へ駆け込んで、SE→コンサルにジョブチェンジした時の
気になる「報酬」のハナシや、こんな開放感

コンサルタントの仕事は余計なしがらみに
悩まされることはありません。

純粋にやりたい仕事に専念できるため、
余計な社内政治や無意味な慣習に悩まされることもありません。

独立したら全般的にあてはまるケド。
死の行軍に参列している人々から見たら羨ましいかぎり。

「話3分の1の法則」

今日絶対終わらせようと思ってリストアップした作業タスクは、
だいたい3分の1くらいしか終わらない

皆さんも「まったくその通りだ」と、うなずいていますね。

クリティカルパスや、カスタマイズされた
PMBOK(ピンボック)の使い方を教えてもらったりすると同時に、
事前に立ち位置を決めておくツールとしての
「コンサルタントがプロジェクト臨むときの7つのロール」は
他の業務でも使えます。

アバター
PMが理想としているハイレベルな役割を代わりに演じきる

エージェント
PMの代わりに現場に降臨し、意思決定やチームマネジメントを支援する

サポーター
常にPMの希望通りに言動する

ジャッジ
第3者的に正論を展開し続け、マネジメント業務や体制に警鐘を鳴らす

クローン
PMのコピーとしてPMのいない場面でPM同様に振る舞う

エネミー
反面教師として振る舞い、仮想敵として周囲の不満の捌け口となる

セクレタリ
PMの手の届かない部分に配慮し、隙間を埋めていく

自分のプロジェクトが炎上していないか
下記の項目を、今すぐチェックする

タスク定義とマスタースケジュールがいいかげんで、
進捗が定量的にわからない

役割定義がいいかげんで、「誰がいま何をしているか」まったく把握できない

要件定義書が足りず、要件管理が属人的

テストシナリオがなく、網羅的テストができない

リーダーは実務に忙殺されて、管理業務に一切従事できない

プロジェクトを俯瞰すべき活動計画者が不在

ついでに7つのレベルから、火事の規模を知る

  • レベル1 危惧 (プロジェクトに危機感がある)
  • レベル2 予兆 (トラブルの兆候がある)
  • レベル3 認知 (関係者からトラブルプロジェクトとして認識されている)
  • レベル4 苦情 (外から正式なクレームが発生している)
  • レベル5 迷走 (立て直す意志はあるが、立て直しの見込みがつかない)
  • レベル6 腐敗 (破綻しかかった状態であり、士気が皆無)
  • レベル7 破綻 (すでに破綻しており、訴訟寸前

進捗管理の大原則

進捗管理者は、品質管理者を兼務しない

守られていないし、そもそもご存じなかったかもしれませんが、
これを気をつけると、スムーズに進むらしいです。

思わず転職する気になってしまったアナタへ。
職務経歴書に書くべきこと。

「自分がどうプロジェクトに貢献した」
「プロジェクトにどのようなアウトプットを出した」のか
具体的に書いてない職務経歴書をよく見かけます。

参加したプロジェクトの

  • 「目的」
  • 「成果物」
  • 「規模」
  • 「環境」
  • 「結果」
  • 「自分のかかわり方」

は、最低限書いておきましょう。

2008年6月19日

コンサルティング業界大研究

consulting_gyoukai_daikennkyuu.jpg

コンサル各社のトップインタビューと
併せて実際に働いている人からのアドバイス、
さらに、ファームをスピンアウトした方々の言葉も掲載。

それぞれのファームがどんな組織を目指しているか、
各々違うが、どこへ行きたいか参考になると思います。

巻末に掲載されている関連書籍も
コンサル業界へ就職、転職を目指す人は見ておくと吉。

コンサルタントの機能

  1. 頭脳レンタル
  2. 触媒
  3. 情報提供
  4. 外圧
  5. アウトソーシング

外圧機能の中には、外からの新鮮な風とか
いけにえ機能、なんてのもあったりして物騒・・・

アクセンチュア、ドリームインキュベータがどのような
関わり方をしているのか。だったり。

大手コンサルをスピンアウトした方々、
DeNAの南場智子さんは

  • コンサルの実行支援のキモについて
  • コンサルは「偉大な経営者」になれるか?
  • 起業に役立った2つのこと
  • コンサル業界では人脈はつかない!
  • 必要な資質とは?

ネットエイジの西川潔さん

コンサルでは起業の実用的な知識は身に付かない

大手企業で活躍するには、組織の遊泳術
がうまくないとダメです。もちろん一定以上の能力は前提ですが、
「この部長に取り入ったほうがいい」とか
「この人が有望だから近づいておこう」など、
社内人脈が決め手になります。

愚直に目の前の仕事だけをこなしていても
浮かばれない人は多いですね。
僕が組織で一番嫌だったのは、結局こういうことに
左右されてしまう点だったんですよ。

波頭亮さんの、若いコンサル志望者へ向けたアドバイス

誠実さ、真面目さ。
どれだけ本音でクライアントのことを思えるか。
そしてそれを言ってあげられるか

ファームがお金儲けをしようとすると、おかしくなるコトを
医者と患者に例えて。

医者から「こういう病気だ。この手術と薬が必要だ」と
言われれば、患者は言う通りにするしかない。
そこで医者が金儲けに走ったら、
不要な手術をしたり無意味な薬を出す
といったことが起きかねない。

構造的にはそれに近いことをやっているファームが
ないと言い切れるか、疑問です。

コンサルに限らず、社外へ出している仕事、
全てにおいてもいえるので、今すぐチェック。

日本で世界と正面から渡り合って勝っている唯一の
産業はメーカーです。一方、コンサルティングファームや
金融は外資にボロ負け状態。
どうしてそんなところに入りたがるのか

日本で唯一、世界で通用する水準の仕事をしているのは
製造業であって、そういう会社のトップ集団は30代前半で
並のコンサルティングファームのコンサルタントでは
まったく歯がたたないほどに優秀な人材が育っています。
グローバルに通用する人になりたいなら、
そういう選択肢のほうがいいと思いますね。

コンサル側から見ると、メーカーの人材が増えるほどありがたい
ワケだけど、間違っていないかもしれない。

コンサルの資質について、
アーサー・D・リトル、原田裕介さんのポイント

本人にとって、「世の中」や「事業・組織」
あるいは「新製品・新技術」などが、
興味の対象であるかどうか。

そして、こういった新しいことを知ること、
そしてそれを問題解決につなげていくことに、
無条件に喜びを感じることができるかどうか。

IBMビジネスコンサルティングサービスの
金巻龍一さん。短期間で実施する重要性に関して

時間があると、人はいろいろなことを考えて、
どんどん不安が募ってくる
そうであれば逆に短期間で一気に進めるほうが
いいスタートが切れる

ブーズ・アレン・アンド・ハミルトンの
澤田宏之さんの格言

ビジネスとか人生は
じっとしていたら何も生まれない
人とぶつかったり、誰かのために自分が動いたり、
それで物事が変わるわけです。
動かずにじっとしている人に問題は解けません。

経営共創基盤の冨山和彦さん
「合理」と「情理」の絡み合いについて。

経営者が論理的に矛盾したことをやっても、
うまく行ったら勝ちです。
有名大学を出た秀才タイプの人は
何でも論理的でパシッと通っているのがうまくいく
ことだと考えがちですが、そういうア・プリオリな美しさは
現実の経営の世界では
役に立たないことが多いんです。

冷静に俯瞰的にものを見る視点だけでは、
前線の兵隊さんは真剣に取り合ってくれないから、
苦楽をともにして、生死は諸君とともにあるという感じも必要なわけです。

サラリーマン生活が、後々役立った話

「あいつら働かない」「やる気がない」などと決めつけて
しまったら、彼らを動かすことはできません。

なぜ立派な大学を出た人材がああなって
しまうのか。
この人たちのモチベーションの構造がわかっていないと、
彼らを封じ込めるにしても、
機能させるにしても、
何もできないんですよ。

仕事以上に面白いエンターテインメントはないという
冨山さんが考える仕事の意義。

地位やお金は仕事をする手段なんです。
仕事とは何かといったら、
自分の作品を世に残すことです。

そこの目的と手段を取り違えると、
だいたいどこかで人生がおかしくなる
特に、ある程度偉くなってから良くない展開が起きます。

ベリングポイントの新井元行さん

「自分がやりたい仕事」とか「やりたいと思っていること」なんて、
この世には存在しないということです。

就職や転職をする時には、どうしても「自分のやりたいことをしている
会社に勤めたい」という考え方をしがちです。

でも、そんなものはどこにもありません。
自分でやりたいこと、
やりたい仕事は自分で創り出すしかない。

2008年6月18日

コンサルタントの質問力

consultant_no_shitumon_ryoku.jpg

あなたの質問の鋭さで、
自分のレベルが
見抜かれている
としたら?

内容の如何で、
その人の人生が見透かされているとしたら?

質問する人間の人生そのもの

回避するためには、
「質問ツリー」を構築し、
「呼び水」の質問を切っ掛けにして話を引き出す。
「鳥の目」と「虫の目」をスイッチしながら
質問にストーリー性を持たせる。

いい質問は、いい空気を作るし、いいコミュニケーションを作る。
いい質問は、相手を元気づけるし、楽しくさせる。
いい質問は、相手を動かし、成果を出すプロセスを作る。

プライマリーデータ(一次的情報)と
セカンダリーデータ(二次的情報)を使い分け
効率良く情報収集することによって、質問を構成する。

プライマリーデータは、調査者がある課題を解決するために、
自分で調査をおこない収集した情報のことである。

セカンダリーデータとは、書籍や新聞記事、学術論文、統計資料、
ウェブサイトの各種情報など、一般に公開されている情報のこと。

呼び水としての質問力

相手の好奇心を引き出すための、あるいは相手に新たな気づきを
もたらすための呼び水となる質問をするためには、
相手が今いる立ち位置よりも、一歩先の質問をすることである。

あまりに先に行きすぎても質問は失敗するし、
基本の基すぎてもダメである。

ホンダの藤沢武夫の言葉、
「三歩先を読み、二歩先を語り、一歩先を照らす
という妙が重要だ。

質問は、己の人生を凝縮したものである。

2008年6月17日

コンサル業界の動向とカラクリ

consul_gyoukai_no_doukou_to_karakuri.jpg

コンサルティング会社を立ち上げた大先輩との
会合があるので、業界について勉強。
コンサルウィークです。

本書、「最新コンサル業界の動向とカラクリが
よ~くわかる本 第2版」は、コンサル業界への
就職を希望する学生さんはもちろんのこと、
今さら人には聞けないけど、コンサルって結局
何をしてくれるの? といった素朴な疑問や。

どこの企業(コンサル会社)の業務内容も、似たりよったりで
特徴が見つからないのです。みんな難しい横文字と難解な理論を
駆使して事業内容を語っているような気がするのではないでしょうか。

といった核心まで。これはなんでしょうね。
ワザと業務内容をウヤムヤにしているのでしょうか。

ところで・・・
私たちはこれから何をすればいいのですか?

と、本音が漏れるクライアントさんも。
大手コンサル会社が潰れる昨今。自分の身は自分で守るためにも。

社内コンサルを目指す

会社に限らず、店舗、商店、バイト先だっていい。
今、自分が立っている場所から始めてみる。

ネットでの商売参入が簡単になった現在、
一億総コンサル時代に突入したといえる。
その必要性に今で気付かなかった方も、
なんとな~く知っていたけど、本腰入れないとヤバイ人も。

論理的に正しいということと、
解答が正しいということは、実は相関がないのです。

論理的には正しくても、回答が間違っているということは
日常茶飯事です。

コンサル業は、ロジカルな思考が大切だが、
文法が合っていても、その内容が正しいワケではないので、
錯覚しないこと。

ジョンソン&ジョンソンの危機を救ったクレド(信条)

  • 顧客への責任
  • 全社員への責任
  • 地域社会への責任
  • 株主への責任

クレドだと、リッツ・カールトンのカードが有名ですが、
上記の「我が信条」もイイ感じです。

戦略の方向性で迷ったら、
マイケル・ポーターの「五つの力」を借りてみる。

  1. 新規参入の驚異
    市場が、新規参入者に対して参加しやすいか、規制はあるか、
    参入に際しての壁はどのくらい高いか、参入への
    ボトルネック(障害)は何かなど。
  2. 代替品の驚異
    参入した結果、市場に一定のポジションを獲得したとしても、
    中長期的に新たな代替品が出てくるようでは、
    参入した意味が問われることになります。
  3. 買う側のパワー
    買う側のパワーは、二つあります。
    顧客が持っている交渉力と、価格に関する知識です。
    ブランド力は、供給者というより、むしろ顧客側にあると考えたほうが
    よいでしょう。
  4. 供給する側のパワー
    供給する側にも、当然ながらパワーがあります。
    市場をコントロールする力です。
    企業は、経営資源を集中させて、市場支配力を高めようとしています。
  5. 競争の激しさ
    パワーが集中できても、市場で勝てるとは限りません。
    競争が激しければシェアのアップは難しく、
    パワーの無駄遣いが多くなります。
    新規事業開拓が必要なのはそのためです。

著者、廣川州伸さんは、これからの日本では
CFO(Chief Financial Officer/最高財務責任者)がブームとなる。
と予想している。リスクと将来のキャッシュフローを説明できるような
スキルを身に付けてゆきたいと思います。

おまけ。今スグ使える単語 (巻末のコンサルティング基本用語参照)

「焼く」
コンサルタントの仕事において、ディスカッションやプレゼンテーションなどで、
ロジックの甘さや分析の甘さを突いて質問責めをすること。

相手を焼くことはあっても、焼かれて丸焦げにならないように、
細心の注意をはらいたいところですネ

2008年6月16日

新メニュー チリビーンズ チョリソ ドッグ

chili_dog.jpg

特製チリソースに、3種類の豆(ひよこ豆、青えんどう、赤いんげん豆)
チリソースのベースには、数種類のチリパウダーを特別に配合。
オールスパイス、ナツメグ、パプリカ等の調味料で味を微調整しました。

さらに、辛さを倍増させるため、チョリソを使用!
カプサイシンパワーで、発汗!
ダイエットにも効果があるとかないとか!?

開発秘話
mommyは、最初からチョリソを使う予定でしたが、
メインのチリソースの味を、辛さで相殺しそうな予感がした。

そして、ホットドッグに使っているウインナー・ソーセージを使って
作ってもらった試作品は、チリソースの味をソーセージが
中和してしまい。あと少しのいま一歩な味に・・・

スタッフと試食した結果、やっぱりチョリソのほうが
辛さを引き立たせるので、mommyの言った通りチョリソをセレクトした次第。

2008年6月15日

新メニュー レゲエドッグ

reggae_dog.jpg

夏といえばレゲエ!横浜といえば・・・ レゲエ!
なので、レゲエドッグを作りました。(mommyに作ってもらった)
期間限定です。

特製濃厚カレーがベースとなっていて、
カレーの色がより染み込むように、
試行錯誤の末、チキンの挽肉を使用。
「赤・黄・緑・黒」4色のラスターカラーが色鮮やかです。

  • 赤 リクエストの多いクラシックな赤ウインナー
  • 黄 コーン、カレー
  • 緑 ほうれん草のソテー、パセリ
  • 黒 ブラックオリーブ

この夏は、ホットなレゲエドッグを持って
ダンスホールにくりだそうっ!

2008年6月14日

「歴史・古典」入門

president_2008_0616.jpg

今回のプレジデントは、
中国思想家の書物、戦国時代、幕末、
本田宗一郎さんや、松下幸之助さん、
盛田昭夫さん、井深大さん、石坂泰三さんを筆頭に、
少し前の時代を生きた先達や、歴史から学ぶ。

そして、藤沢周平、山本周五郎、池波正太郎、
司馬遼太郎、吉川英治・・・ 時代小説好きにも、
入門者にもヨダレ必至、書評ガイド付き。

文芸評論家の高橋敏夫さんが選んだ
「感情」や「思い」を切り捨てて、前に進んでいるビジネスパーソンへ向けた100冊

織田信長のコトバ

恃む(たのむ)ところある者は、
恃む者のために滅びる

故城山三郎さんが感嘆した、名リーダー達に共通する資質とは?

  1. いつでもあるべき姿を求めていること
  2. つねに生き生きしていること
  3. 卑しくないこと

自宅での鮎の飼育を通して
本田宗一郎さんが得た、刺激の重要性。

人間にも会社にも、洪水は必要なんですよ。
洪水を起こさなけりゃ、ウチみたいな会社はどうにもならなかった。

寺島実郎さんは21世紀を切り開く人材に
必要なセンスを、先人たちの足跡から発掘する。

時間軸を持つ:
歴史のなかに自分を置いてみること。
自分がいま生きている時代は、脈々とした時間の流れのなかで
いかなる位置にあるのか認識することだ。

空間軸を持つ:
広い世界のなかで、自分が生まれ育った国や地域がどんな特色や個性を
持ったところなのか確認する作業である。

歴史上の出来事に自分を置くことも、
逆に、今現在の状況に歴史をあてはめてみることも、
自分の位置を相対化せずには成功しない。

中年の危機
少しはものを考える人なら誰でも、
必ずどこかで「中年の危機」に遭遇する。
「俺はこういう生き方をしていて、いいのだろうか?」
「私はこんなところで骨を埋めていいの?」
と、男女を問わず迷うときがあって当然だ。

ある年齢にさしかかったところで、
組織と自分の生き方との狭間で悩んだり、
自分を取り巻く人間関係が見えきってしまったり、
体力や気力の変化も感じたりで、
まともな人間なら焦燥感や空しさに襲われるのが普通だろう。
それが三十代で訪れる人もいれば、
四十代、五十代のこともある。

その「中年の危機」が、じつは後の大きな業績と結びついていることを、
私は多くの先人たちの足跡をたどるなかで次第に感じだしている。

自分が帰属する組織と、外の社会、両方に身を置いて、
「境界人」になることも薦める。

玄侑宗久公さんの禅の手引きでは、
評価の無意味さは払拭できない事象の話

なぜ慢心し、また嫉妬するのか。
それは、比較しようのないものを無理に比較するからである。

たとえば、「A君はなんて優しいんだろう」と思い、
また「B君は素晴らしく算数ができる」と感じる場合、
禅的にはそれ以上比較しないことが重要である。

A君もB君も、そこにおいて最も生命力の発露を感じるなら、
その状態を禅語では「柳は緑、花は紅」と云う。

ところが人は、柳に花がないことを批判しては慢心し、
また桃に鮮やかな新緑のないことを恥じて柳を嫉妬したりする。

柳と桃の花を、
無理な基準で比較するからおかしくなる
のである。

好き嫌いの感情で選んでしまう。人の性

口を開けば、D君は遅刻が多いから嫌いだ、
というような理屈を我々は述べるが、
じつはなんとなく嫌いという印象が最初にあり、
それを合理的に語れる材料を無意識に我々は探していて、
ほどなく「遅刻」を見つけたに過ぎないのである。

美点を見出す不可欠さと難しさを説く。

脳の忘却力の話題では、またしても
映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』、人形使いの台詞が頭をよぎる

「コンピュータの普及が記憶の外部化を可能にした時、
あなたたちはその意味をもっと真剣に考えるべきだった・・・」

玄侑宗久公さんは、このようにとらえている。

何年もまえの恨みごとまで密室に仕舞ったまま保存するから、
すでに変質して悪臭を発している。

そんな頭で「今」を見ることじたいが、どだいナンセンスなのである。

本来、我々の脳には必要な忘却力も具わっているはずだが、それを狂わせる
PCなどの文字情報にも用心する必要がある。

恨み辛みを書き残すのだけは日記でもやめたほうがいい。
そうして明記したことは、いずれ口にも出してしまうし、
それは必ず本人に伝わる。
なぜかは説明できないが、そうなのである。

秋山真之のコトバ

自分が一日さぼれば、
日本が一日遅れる

このくらいブチ上げる規模観と集中力で
勉強できたら最高です。

2008年6月13日

週刊アスキー ネット活用の奥義

weekly_ascii_2008_0617.jpg

ウィキペディアのローカル保存、
ウェブサイトを丸ごとデータベース化、
ニコニコ動画のトレンド把握、mixi用の便利ソフト、
(足あとや日記をリアルタイムでチェックしたり)
そんな秘技の数々が満載

本好きなら気になる、アマゾンのカスタマーレビュー
その☆評価マークが多い書籍を、拾い上げてくれるサイト
「Amazostar」が面白くて便利。

今、ノートパソコン選びで迷っている人がいたら、
絶好の機会なので、本当に羨ましい。

なぜなら・・・ SSD搭載ノートが超速そう!
そして振動に強く、バッテリーも1時間ほど長持ちするとゆー

HDDと比べて、チョイ高めの値段や、デフラグしちゃいけないとか、
容量が少ないとか、色々ありますが、通常のビジネスシーンでは
まったくストレス無く使えそう。 この時期に買うなら、徹底比較の記事に
目を通さないワケにはいかない。


育児教育のアンバランスさについて、
日本赤ちゃん学会理事長、小西行郎さんのインタビュー

加工されたデータの怖さ、それを鵜呑みにしてしまう
親のショートカット思考。

本来、赤ちゃん側が主役であるにもかかわらず、
なぜ親側からの視点が多いのか。

雑誌とかも、そんなに読まないほうがいいんだよ。
とにかく情報が多すぎるし、本当に大事なことよりもむしろ
売らんかなのもののほうが多いし。

実際、育児はそんなに難しい話ではないんですよ。
眠たいときに寝かせればいいし、
食べたいときに食べさせればいいんです。

カンタン、イージー、楽ちん、安易。
そっちのスタンスにいく弊害を、赤ちゃんの人権侵害として論じている。

なにも赤ちゃんだけでじゃなく、
大人同士でもあてはまる。情報の取捨選択の重要性としても勉強になる。


唐沢なをき画伯の「電脳なをさん」
これを読むために、毎週、毎週、毎週、毎週、週アスをチェックしている。
といっても過言ではない!

weekly_ascii_2008_0617_nao_01.jpg

Windowsユーザーを憎むMacユーザー、
Mac使いを羨ましがる、Win利用者
もしくは、その両方。

Win、Mac、両陣営や、IT産業の有名人、デジタルアイテム等を
他のマンガ家のタッチで風刺する、「電脳なをさん」

今回は、ビル・ゲイツに魔球の生卵を投げつける
星一徹&飛雄馬 風のマックユーザー親子の話。

weekly_ascii_2008_0617_nao_02.jpg

「インテルインサイド!」と呪文のように叫んでいたのは、
遠い昔・・・ 今ではマックにインテルCPUが入る始末。
そんな、ちょっと過去のパソコン業界が、熱くゴタゴタしていた
時期を題材として、コメディスパイスを絶妙に利かせている。

2008年6月12日

金持ち家族、貧乏家族

president_2008_0630.jpg

家計の採算は合っていますか?

目立った贅沢もせず、真面目にコツコツと
働いてきたのに、金利と物価の上昇、
その割に給料は上がり難く、3年後には、
「笑う家計」と「破綻する家計」の差が開くという。

分相応の生活は、もちろんのコト。
この先は、自己のプライド管理が必要だ。

食材の買い物は週一回、メニューを考えずに、
安くていい食材をゲットし、トヨタ式でやりくりする主婦の節約思想や
名作映画から学ぶ貯蓄術

伊丹十三監督の映画『マルサの女』のラストシーンで、山崎努が、
コップから溢れた水をなめるようにして
楽しむのが、お金を貯めるコツだと話していた。

ネガティブな環境の中で、いかに資産運用していくか。
そんな特集のプレジデント。

日本経済は、社員が主人公だった時代から、
株主・資本家が主人公の時代へと移行しているわけだ。

主人公の座を奪われた社員
給与が上がらないのは、むしろ当然なのである。

メタボと下流社会の関わり。
低所得層は下記の要素が色濃いという。

  • 「意欲が薄い」
  • 「面倒くさがり」
  • 「予測行動ができない」
  • 「知識の欠如」

さらに追い打ち。メディアに洗脳された結果こうなる。

「こういうものは体に悪い」という認識があれば、
食べるのを控えるかもしれない。

しかし、それを阻むのがテレビだ。
彼らは民放テレビをよく見ているが、
テレビ局にとって食品会社は大事なスポンサーのひとつだから、
あまり都合の悪い情報は流さない

そりゃそーだ。そして・・・

実は下流の特徴はもうひとつあって、それは
「欲望をコントロールする力が弱い」
ということだ。

彼らは「いま、すべきこと」よりも、
「いま、自分がやりたいこと」を優先させてしまう。

だからこそ太るし、だからこそ所得が低いのだが、
それが本当に心からの欲望なのかといえば、
決してそうではない。

物価高騰時代から見る、
無駄にお金をかけた、お洒落店舗の落とし穴

とくに陥りやすい罠は、店の玄関の演出法である。
イメージしてほしい。
白提灯に"たこ焼き"と書くといかにも洗練された印象である。
しかし、写真映りのいい店舗をつくっても客は入らない。

「料金が高そう」と敬遠するのである。
開店する場所の客層にもよるが、やはり赤提灯やのぼりの
泥臭さこそ安心感と売り上げをアップさせる。

入り口近くにビールケースを積み上げたり、
鉄板で焼く煙をわざと出すようなベタなアピール法も効果的である。

お金の使い方と、投資、ギャンブルの効果が題材

「どの時期の、どの消費が、その人の効用を高めるか」 によって決まる。

投資とギャンブル、どちらが人生の勝ち組になれるか。
それは、お金は上手に貯めるとともに、
上手に使わなければならないということに
繋がっているのである。

2008年6月11日

横浜ウォーカー 花火大会

yokohama_walker_2008_no13.jpg

いよいよ、この季節がやってきた・・・
7/20(日) 横浜開港記念みなと祭国際花火大会
 8/1(金) 神奈川新聞花火大会

横浜2大花火大会へ向けて
横浜ウォーカーの特集は、
「うますぎ!行列お持ち帰りグルメ」
「みなとみらい2大花火大攻略」

混雑してない場所や、花火の迫力が伝わってくるような
イイ場所を知っていると、友人から重宝されたり、人気者になれたり。
そして間違いなく、異性にモテる

横浜ウォーカーには、花火の快適観覧を目指すため、
観覧ポイントから花火がどう上がって、どの位置に見えるのか、
写真付きで解説されているので、すごく安心。

今回、John Johnが掲載していただいたのは
なんと横浜ウォーカーのド真ん中、
「みなとみらい花火超便利マップ」の
「人ごみ避けてテイクアウト」の一番上の位置!

ボリューム満点の新メニュー、「ジャンボドッグ」や
テレビ、雑誌、新聞でおなじみ、横浜名物「しゅうまいドッグ」の
写真がバーン! と載ってます。

花火大会の会場や、絶景ビュースポットへ向かう途中、
関内、伊勢佐木町経由でホットドッグをテイクアウト!

その他にも、みなとみらい、桜木町、赤レンガ、馬車道、野毛山公園、中華街、
山下公園、元町、港の見える丘公園と、港横浜のメインスポット紹介があるので、
花火と食を最大限に楽しむためにも、今から、絶好の場所をチェックです!

2008年6月10日

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

charlie_wilsons_war.jpg

同名のノンフィクション小説を原作とした物語

フィリップ・シーモア・ホフマンの
喜怒哀楽が激しく
狂ったようなキャラに見せかけて・・・
いや見せかけてないけど、
実はクレバーなところとか、
そのギャップが好きだ。

予告を観た時、「世界情勢には、まったく関心のないドジな議員が、
気付いたらうっかり世界を変えてた!
でも、平和になったから、めでたしめでたし!」
みたいなコメディ色濃いめの内容かと思った。

ところが、全然そんなことはない、社会派映画。

ソビエト連邦がアフガニスタンに侵攻した際
アメリカ、CIAがアフガン側を支援して、結局は代理戦争に
突入するのですが、この武器供給、軍事支援、戦闘訓練が
後々どういう一大事を引き起こすかというと・・・

近年の世界的事件と、アフガン侵攻がどう繋がっているのか、
1979年まで遡って歴史の皮肉を把握しておくと、
作品の深みを味わえます。

中国の故事成語、「人間万事 塞翁が馬」の意味を
知っていると、映画のラスト近くでの言葉の掛け合いの意味が
スッと頭に入ってきて、よりお得。

笑いの要素はあるが、コメディではなく、
希望的観測や、単なるイイ話では終わらない。

はたして行動して良かったのか? 悪かったのか?
後悔しているのか? 仕方がなかったのか? あと少しだったのではないか?

目の前の問題を解決してゆくうちに、
未来から観測したら、とんでもないコトをしでかして
いるのではないか?

普段の生活や仕事でも、予測できない未来を
少しでも意識して、自分の詰めの甘さを見過ごさない。
そんなコトを考えさせられました。

最後の一言で、この映画はビシっと締まります。

そして、映画が終わっても、現実世界は続く・・・

2008年6月 9日

あなたも、3秒でお客がつかめる。

3byou_de_okyakuga_tukameru.jpg

キャッチコピーを付ける時
いったい何を書いていいのやら・・・

誰に向けてメッセージを飛ばせば
イイのかもわからない・・・
そんな方向け。

お客様の欲望へ向けて、売り文句を発信しましょう。
ってハナシ

人間の欲望に関することで出てくるのは
マズローが提唱した欲求段階説

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 親和(所属愛)の欲求
  4. 自我(自尊)の欲求
  5. 自己実現の欲求

内部を細かく分けると
食欲、性欲、睡眠欲、金銭欲、物欲、名誉欲、
独占欲、支配欲、征服欲、所有欲、自己顕示欲、知識欲・・・

煩悩は百八つとかいわれるので、キリがないわけです。

そこで著者の荻野 浩一朗さんは、超簡略化して3つにまとめた。

  • 健康
  • SEX

どの欲望も、結局この3つに繋がると。

たしかに、その通りではあるかもしれないが、
知的な紳士淑女は、納得したくないかもしれません。

あまりにも本能丸出しだと身も蓋もないので、
このブログをご覧のエグゼクティブの皆様向けに、もう1つ追加しておくとしたら

時間欲

とかどうですかね。他人の時間を買ったり、時間を短縮するサービスを購入したり
するのではなく、金で買えない自らの時間をどう深く、よりよい質で過ごすか。
そんな欲望。

ただし、人へ向けて、「俺様はラグジュアリーな時間を過ごしているぜ!」
とか公言しちゃうと、金やエロスに繋がっちゃうんで気をつけて。

2008年6月 8日

日経TRENDY 最速データ通信

trendy_2008_07.jpg

ノートPCに付けてた
ウィルコムがすっげぇ遅ぇんで
イーモバ(イー・モバイル)に
乗り換えてから1年が経過。

今回も日経トレンディはやってくれちゃいました。
東京名古屋大阪、主要スポットでの
上り・下りの回線速度計測。

キャリアが謳ってる理想速度に騙されないように、
ちゃんと実測結果を参考にしときましょう。

  • 回線速度 1分かかるのと30秒で済むのじゃ大違い
  • コスト 安いけりゃ結構
  • エリア 広けりゃ幸せ
  • 端末の種類 多ければハードに合わせて選べる

記事を参考にした結果
スピード、エリアを重視するなら
ドコモ

一週間前にイーモバの更新しちゃったヨ・・・
夏の海へ持って行きたいケド、
たぶんイーモバだとエリア外の場所なんだなコレが・・・

スピードとコストのバランスを取るなら
イー・モバイル
ドコモと比較すると6万ほど安い(2年契約時)

ソフトバンク、ウィルコム、auには是非がんばっていただきたい。

続いて、ウェブ担当が気になった電化製品は、
ナビ機能付きの電動歯ブラシ
P&Gの「ブラウン オーラルB デンタプライド スマートガイド D305364X

商品名が長ぇよ・・・ とかは、横に置いといてくれ、頼む。

ブラシの圧力が過度にかかると、警告が出てブラシが停止。
次にどこを磨けばよいか教えてくれたり、適切なブラッシング時間(2分間)を
カウントダウンしてくれる始末
歯垢を叩いて浮かして、かき出すコイツを試してみたい。

おまけに下記のようなアイテムを狙ってる方は必読

気軽に持ち運べるネット閲覧環境が欲しいから、
ケータイか超小型PCで迷ってる方。サブPCが欲しい人

さらに、OS高速起動のSSD(通常のHDDではない半導体)を
搭載したノートPCが出揃ってきたので、選択肢は広がる。

  • 洗濯乾燥機
  • 高級炊飯器
  • 高級掃除機
  • 冷蔵庫
  • 衣類乾燥除湿器
  • ヘルスメーター(高機能体重計)
  • 電動アシスト自転車

毎度毎度、膨大なエネルギーを使って、効果を検証してくれます。
これでアナタも買い物上手!

2008年6月 7日

グーグルに勝つ広告モデル

google_ni_katu_koukoku_model.jpg

世界一旨みのある商売とは?

大衆が「分衆化」してるって、ホント?

ビジネス誌、ラグジュアリー雑誌が売れてるってマジ?

ネット時代の情報はコントロールできるのか?
したほうがイイの?

テレビ局社員の給与が高くてイイな。とやっかむのなら
まずテレビを消すこと。

装置産業に押し寄せる変革の波に、
どうやって対応すればよいのか。
旧メディアは消滅の可能性も考慮しつつ、シフトする戦略も
練り直さなければならない。

そして、クリエイターは、コンテンツだけに留まらず、
メディア自体の枠組みまで創り出すことに。さあ大変だ。

53年前、昭和30年の就職人気ランキング
一位の企業はどこだと思いますか?

冒頭から繰り出されるこのクイズ。
応えは最後に・・・

既存の大メディアは崩壊するのか?
その主張には、根拠が薄弱ではないかと指摘する。

突き詰めて読んでいくと、「自分はそう思うから」
ということでしかなく、さらに行間を読み込んでいくと、
「自分はそうなってほしいから」
ということなのではないかとさえ思えます。

その背後には、マスコミ関係者の高慢ぶり・高級ぶりを
前から苦々しく思っていたとか、
ラジカルなことをいってジャーナリストとして名を上げたいとか、
いろいろな理由があると思います。

そのことは、ひとまず紙面の隅に置いといて。

行動を起こせ!議論するな!安住するな!
をテーマにして、マスメディアとマーケティングの未来話は続く。

Yahoo!とGoogleはビジネスモデルが違う

グーグルが依拠する経済は、インタレスト(能動的な興味・関心)です。
グーグルはアテンション(注目)ではなくインタレストの卸売りをする
ビジネスモデルです。

ヤフーとグーグルは両方ともインターネットを利用した検索サービスですが、
ヤフーは情報の流通経路にインターネットを使っているだけで、
依拠しているのはアテンション・エコノミーです。

だから、人がたくさん集まるトップページに、バナー広告やテキスト広告を
ベタベタと貼り付けています。
理由は単純で、アテンションが一番集まる場所だからです。
そういう意味では、ヤフーは20世紀的なメディアなのです。

テレビ、新聞、雑誌、ラジオの4マスメディアと同じく、
「大衆の注目」卸売り業。

メディア産業の方々だけではなく、コンテンツ産業の人々にもこんな話

他の産業と大きく異なる点の一つとして、
「過去のストックが競合になる」
という点が挙げられます。

たった今リリースされたコンテンツは、
ユーザーの部屋に積み上げられているDVD、録りためた番組、
本や雑誌、音楽やゲームまで、他ジャンルを問わず、
同じ業界のコンテンツストック(過去に出たもの)と競合し、
未来のコンテンツとも、ユーザーの時間を喰いあう。

Googleが新しいコンテンツを生み出さないことは
ご存じかと思いますが、なぜ時価総額がバカ高いのか?
その理由を考察

グーグルはクリエイティブ・クラス(知識労働階級)の人々に
「時間を売っている」ということになるのです。

そして、その時間が貴重であればあるほど、
集積としてグーグルの時価総額は高まるわけです。

コンテンツそのものよりもコンテンツを整理してくれること、
整理にかける時間が削減できることに価値が見出される社会に
なりつつあるということです。

ゲーム理論の用語、ゼロサムゲーム(誰かが得をすれば、必ず誰かが
損をするゲーム)を例に出し、歴史において、ゼロサムゲームの
不毛感をいち早く察知し、非ゼロサム化した人物が登場。

織田信長は、おそらく日本の歴史上最初に、
なぜ戦国時代がいつまでも終わらないのか
ということの本質的な理由を見抜いた人でしょう。
     (~中略~)
土地をめぐって争うと必ずゼロサムゲームになるので、
     (~中略~)
信長は自ら茶道を嗜み、茶器を広大な地領と交換することで、
観念としての「価値」を生み出しました。
これによって、「価値」が土地に結びついた有限のものから、
権力者の意思によって増減可能なモノに変貌したのです。

ネットが既存のメディアに与える影響を
検討するポイントは以下の3つ。

  • 提供情報
  • 情報の消費シチュエーション
  • アクセススタイル

4つ目に、追加するならば
「アクション(行動)までのルート」か。

「提供情報」の部分だけを議論しても無意味なので、
検討ポイントを洗い出しましょう。
「アクセススタイル」別、ネットvsラジオが参考になります。

視聴者やユーザーが、そのメディアに接触している
本当の理由とは。

「寂しさをまぎらしたい、人とつながっていたい、
人と話題を共有していたい」という欲求があります。

前述した、検討ポイントの上位概念のようです。
ここをよく見定めないと、ニーズもなにもあったもんじゃない。

テレビ番組が、CMもすっ飛ばされ、見たい時に見られているが。
社会の潤滑油としてのメディア論

社会というものが仲良くしたい人とだけ仲良くする。
という人たちの集団になってしまったら、発展しなくなってしまうだろう。

好きな情報を好きなだけ、がヤバイ理由を、
あんな事件やこんな事件を題材にして考察

インターネットは民主的であるというより、
アナーキーであるというべきでしょう

作者のラジオ対する印象や思い出

当然ながら中高生になると自宅の部屋で悶々と悩んだり、
親に見せられないようなこと
をいろいろと始めたり、
あとは受験勉強を始める、というか、勉強しているかどうかは
ともかく深夜まで部屋で起きているようになるわけです。

で、そのとき、家族以外の誰かとつながっている感覚を得たい、
もっと踏み込んでいえば、親をバイパスして世界を見てみたい、
夜の社会を覗いてみたい、という気持ちがわいてくる。

そんな彼らの気持ちに応える、開かれた窓としてラジオが機能
していたように思います。

リアルオプション理論とやらで、
選択権、選択肢、そのものの価値も判断

ポジションの取り方として、「A」「B」以外に
「今は決めない」
という三つ目があることをしっかりと認識する

「AかBか判断できないので打ち手が決まらない」
のと、
「AかBか判断できないと判断して両方のシナリオに対応して手を打つ」
というのは、考え方としてまったく異なります。

Wikipediaに関する忘れちゃいけないこと

ウィキペディアについては、多くの場合「集合知の威力」とか
「みんなの知恵が権威をしのいだ」というような
天使的に楽観的なトーンで語られます。

しかし、そもそもウィキペディアに記述されている「みんなの知恵」が、
根源的には社会がコストをかけて育んできた知の基盤に拠って
立っていることを、ゆめゆめ忘れてはならないと思います。

電波料という電波利権

最大の分配比率を享受している地方局は、
流す番組に加えて、電波利用料としてのお金までキー局からもらえる
という、世界で一番美味しい商売をやっているのですが、
対照的に実際にコンテンツを作っている制作会社は、
ひどい労働条件のなか、分配率も低い構造で
何とかやっているという構図

どの業界でもそうだと思いますが、往々にして
ハイリスク・ハイリターンを厭わない人材ほど、優秀である
ことが多いのです。

映画業界がテレビ業界に行った仕打ちを
そのままネットに向けると・・・

勃興してくるインターネットメディアが既存のマスメディア業界の
バリューチェーンからクリエイティブ能力を調達できないとなると、
彼らは自家調達を考えざると得ない状況になるわけですが、
その状況は間違いなく彼らの中長期的な競争力を向上させることになる

ネットからも学べるアナーキーさ加減

10人が接触して8人が「まあいいんじゃないか」という
コンテンツが求められていた従来から、
10人のうち2人が「最高だ」と絶賛するけど、
8人は「クソだ」とこき下ろすコンテンツが、今後は求められる。

「好みの中央値」に近いところで、ひしめき合って圧死しないこと。

メディア全体の枠組みを創りださねばならない
クリエイターたちへ

メディアの歴史をひもといてみれば、
「プラットフォームが先に作られて、
市場の文脈の中でコンテンツが生まれる」という流れである

流れを意識すると、同様に。
ネットで一方的に情報をコントロールしようとすると危険なワケ。

商品に関連する情報は、市場の文脈の中で自然発生的に生まれ、
それがネットに書き込まれ共有されることで、
新しい消費者がその情報を活用して新たな消費を生み出します。

検証→利用→評価という連鎖を、無理矢理コントロールしようと
すると、そこには悲劇が潜んでいる。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。
もう、最初に言ったコトも思い出せないかもしれませんが。

答えは鉱山会社です。

2008年6月 6日

Webアプリケーションの常識

koredake_ha_shitteokitai_webapp.jpg

プログラミングなどはできないが、
取引先や発注先との打ち合わせで
知らない単語が出てきたら・・・

その時、焦らないために
これだけは知っておきたい各ウェブアプリの概要

会議の場で、相手があまりにも普通にその単語を
使うので、なんか常識っぽくて今さら聞けない。
その上ちょっぴり恥ずかしい。

会話の流れを遮らないように、知らないのに無理してうなずく、
また知ったかぶりをしてしまった・・・ そんな行為とも、本書でおさらば。

日常で少ししかウェブを利用しないよ!って方にも関係しそうな場面。
どこかのサイトへログインする時の疑問。
「いったい、普通のと、SSLってどこがどう違うの?」

HTML、CSSからはじまり
Perl、PHP、Ruby、Python、Java、JavaScript などの
プログラム(スクリプト)言語から、Flash、XML、DOM、Ajax
キャッシュの扱い、ブログやSNS、ショッピングサイトの仕組み、
セキュリティ対策まで。

一通りの概要説明が揃っているので、
企業の広報担当者、ウェブの窓口になっている方は
サクっと目を通しておくとよさげ。

一つ一つの単語について、説明できなくてもよいが、
会話に登場した時に、そのプログラムがどんなことを
やってくれるのか、どんなサービスを提供してくれるのか、
知っておくと恥をかかないですむ。

2008年6月 5日

SEO SEM テクニック vol.4

seo_sem_technique_04.jpg

SEOが先か?ページ創りが先か?

本書からは、検索エンジンの動向や
無駄撃ちしないキーワード設計が学べます。

SEOやSEMを、端的に説明すると、
GoogleやYahoo!などの検索エンジンで
上位に表示させるための裏技のようなものです。

冒頭に、2007年を振り返っての、Yahoo!、Google、ブログについて
SEOに影響がありそうな10大変化が取り上げられているので、
時間が無い方は、サラっと目を通しておくと吉。

一時期、この単語が巷を賑わせていた頃は、
クライアントから、SEOについてきかれることも多く。
対策さえしておけば、売上げがドバっと上がる、
魔法のようなテクニックと捉えられていた雰囲気もありました。

予算を割けるなら、SEO、SEMにベタ付きの担当者や
チームを抱えることも可能でしょうけれど・・・
予算や時間が無い場合は、どうすればよいのか?

検索エンジンで上位表示されていても、
リンク先ページのデザインなり、使い勝手なり、信頼感がないと、
ユーザーは速攻で違うページへ移動してしまう。

SEOやSEM対策を行う前に、しっかりとしたサイト構築をすべきです。

それを前提にして、例えば同じ品質のサイトがあるとして、
そのサイト同士が拮抗した時にはじめて、サーチエンジン上位表示の
効果が発揮されるのではないでしょうか。

では、品質の悪いサイトが1位表示されていて、
品質の良いサイトが100位表示されていた場合、
100位のサイトまでユーザーが辿り着いてくれるかというと
これもまた辛いところ。

ユーザーとのコンタクトポイント(接点)を増やすために?

  • 検索連動型広告で見込み客にピンポイントで広告をするのか
  • ターゲットユーザーに直接URLを知ってもらうのか
    (それにはテレビCMがよいのか)
  • 雑誌の記事広告にURLを入れるのか
  • 自社のサイトを有名な検索エンジンで上位に表示(SEO対策)させるのか

自社の「汝を知る」ことから導き出した強さを、
アクセスさせる手段にあてはめる。

キーワードを金で買ったら負けかと思ってる。
が・・・

2つのよさそうな広告ができました。
この場合、どちらを使うべきでしょうか?

ここでよくやってしまいがちな間違いに、
自分で選ぶということがあります。

判断を制作側ではなく、ユーザーに委ねる選定方法が紹介されているので、
予算と時間があれば試してみるのもイイかもしれません。

アクセス解析の話

検索で訪れる通りすがりの訪問者は、
意外な言葉をキーワードにして訪れます。
学生がレポートを書くために調べものをしていたり、
B2Bサイトのページでも、一般消費者が検索したりすることがあります。
     (~中略~)
全く商品に興味を持たない通りすがりの人ですから、
すぐに帰ってしまっても仕方のない状況だと言えるでしょう。

キーワードに右往左往せず。
モニターの前のユーザー心理を想像してみましょう。 各自瞑想っ!

2008年6月 4日

最強ブログ営業術

saikyou_blog_eigyoujyutu.jpg

自営業をやっていたり、
忙しくて営業する時間がとれない人、シャイな御仁、
社内のコミュニケーションで悩んでいる方向け

普通のブログをビジネスブログへする
ための橋渡し方法が書いてあります。
自分自身のストーリーを公開し、キャラを設定、
どんな専門性があるのかをブログで公開したり、
店舗の魅力を伝え集客に繋げる。

実録として読者やお客様が読みたいのは、
仕事の内容、世界観、そしてさまざまなノウハウや情報なのです。

例えば私のブログを読んでくれる人は、
私が今日はどこに行って何をしていたのか、
あるいは何か役立つノウハウを書いていないかが
気になるから見にくるわけです。

私がどこへ遊びに行き、趣味で何をしているといったことを
読みにくる人はほとんどいないのが現状です。

読み手の意識として、得したいというのはもとより、
損したくない! という心理が働くので、
そのあたりを刺激するテーマを提供できたら効果大

書くべき点は、「プロとしての技術的な知識・意見」と
「商品・サービスにかける思い」です。

会社内ならば、適したポストや、希望する職位に就くためにも、
ブログの活用は効果的だと思う。
大きな組織にいると、自分のことで手一杯で、
同じチームの人の趣向や特技すら知らなかったりするから・・・

自分自身のコト、自社製品の素晴らしさ、
熱い想い、しっかり伝えていますか?

2008年6月 3日

ビジネス脳を磨く

business_nou_wo_migaku.jpg

サービス業に従事している方、
真似されることのない独自の競争力を
身に付けたい人にお薦め。

小阪裕司さんの新作ですが、今回も、様々な実例が登場。

本書は概念的なもの。
コピーされない思考プロセスについての話題なので、
より実戦向きなモノが好みの場合は

過去の著書(下記はウェブ担当オススメ)を先に
読破したほうが良いかもしれません。

自社製品についてのアウトプットの重要性

自分の中に漠然としてあるものを、整えて人に見せて評価を受ける。

「整えて」というところが、もっとも大切。
整えられていない、手抜きの情報の羅列はユーザーに負担をかけるばかりである。

何をどう、アウトプットすればイイかわからない・・・ そんな時は

自分が仕事で試したことや、上手くいったこと
いかなかったことなどを、第三者に説明する、
わかってもらうことを目的にまとめてみるのである。

自己の学習効果について

入れる(インプット)・出す(アウトプット)の両輪が必要なのだ。

ライバル誌の記者や、業績を競っている同僚に
成果をあげた経緯やコツのようなものを語ることは、
何かマイナスのように感じるかもしれないが、
実は外化の作業にほかならない。
事件記者の世界ではさすがに本当の秘密のところは明かさないそうだ。

それにしても、一定のラインでお互いに情報を出し合い、
共有することがそれぞれの学びとなる。

実は・・・ 小阪さんの著書を紹介するのすら、もったいないと思っていたので、
ブログでお薦めするなんて、ハラハラしてたまらない。

2008年6月 1日

お客様は「えこひいき」しなさい!

okyakusama_ha_ekohiiki_shinasai.jpg

えっ!?
お客様は平等に扱わないといけないんじゃ・・・

と、一瞬でも頭をよぎった人は、
その理屈と合理性を身近な例から学んでみよう。

接客時間は有限なのだから・・・

常連さんが離れていく恐怖を
心理面からアプローチする。

「全てのお客様に同じサービスを」
これって、本当に顧客満足を高めているのか?
そりゃあ、あまり使ってない客からしてみると嬉しい限りだ。

しかし、いつも利用している客からしてみるとどうだろう?
「私と他の客を、いっしょにしないでよ!
そう思うのが普通ではないか?

だいたいどこの店でも下記のような比率になるそうだ。
年間の人数と売上げの割合を比較したもの。

  1. 「ファン客層」 人数:10% 売上げ:45%
  2. 「得意客層」 人数:20% 売上げ:30%
  3. 「浮遊客層」 人数:30% 売上げ:17%
  4. 「試用客層」 人数:40% 売上げ:8%

「ファン客層」「得意客層」のお客様が、店舗にいかに
貢献してくれているかがわかる。

優秀なスタッフを頼りきりにしてしまう恐怖

客に関する情報を全て、一部のスタッフ任せにする。
多くの店で見受けられる光景だ。
では、このスタッフが休みのときに、
店のサービスレベルはどうなるのか?
あるいは、このスタッフに万が一のことがあれば、
この店はいったいどうなってしまうのだろう。

一時期、呪われたように不祥事が続いていたJAL。
JAL離れが続く中、ひとりの客がJALに乗り続けた理由とは?

「ランクごとのえこひいきを、いかに興味深く差別化するか」だ。

値下げだけではなく、待遇を変えたJALによって
著者、高田靖久さんは囲い込まれてゆく。

過去に放映されていた料理バラエティ番組
「どっちの料理ショー」を題材に。

この番組が面白いのは、その料理をつくる「課程」を、
こと細かに伝えていくところだ。 (~中略~)

これが、この課程を見せずに、できあがった料理を
いきなり「はい、どっち?」では、面白くもなんともないわけだ。

つまり、料理の魅力を引き出すために、つくる「課程」や
そこに生まれる「ドラマ」を提供する必要がある。

この番組の視聴者を、自社の顧客にあてはめてみると・・・

多くの企業が、努力の課程を客に見せない
客にはそんなこと関係ないと思っているのだ。

ところが、客は課程にこそ興味がある。
なぜなら、その商品が本当にすばらしいかは、
使ってみないとわからないからだ。

この記事のせいで、冷たくされっちゃったらゴメンね・・・