2008年11月21日

週刊アスキー Core i7

週刊アスキー Core i7 PCが加速する

皆さん、元気にPCを使ったり
使われたりしてますかっ?

今週の週アスは、インテルの新CPU「コアi7」(=Nehalem)特集。
「コア2」の後継となる次世代CPU、
感電するほどシビれる項目は・・・

  1. ターボブースト
    稼働中のコアだけに電力をまわしオーバークロック
  2. 3次キャッシュ
    全てのコアから共有する8MBのキャッシュ
  3. トリプルチャンネル
    (コア2はデュアルチャンネル)
  4. ハイパースレッディング
    懐かしのペン4(ペンティアム4)から奇跡的復活!
    効果としては仮想的にCPU×8となる

新チップセットX58を搭載したマザーボードにしか
「コアi7」は対応してないみたいなんだけど、
SLI対応のBIOSが載っていれば、グラボ3枚挿しの3-way SLIも利用可。

i7-920 vs Core2 Quad Q9450
同価格帯のベンチマークが掲載されてたんだけど、
まとめると、ほぼ1.5倍の速度アップ
下記、高速化した割合。

  • PC性能 40%
  • エンコード 33%
  • ゲーム性能 54%
  • レンダリング 24%

忘れてはいけないのは、
インテルは、オクタコア(CPU×8)の開発も進めているということ・・・
(「コアi7」は今のところCPU×4)

気になった商品はACARDの「ANS-9010B」
最大48GBのメモリーを搭載可能という、化け物のようなRAMディスクユニット。

流行のSSDに対抗するような品だ。
OSやアプリの起動が爆速になるんだけど、売り切れ続出の真っ最中らしい。

SSDの値下げが止まらない。なんつー
ユーザーにとっては嬉しいニュースも。

ハードディスクをSSD化する特集では、
OS(Vista)の起動が12秒ほど速くなるとか。

SSD化すれば、OS休止状態からの復帰も含めた
待ち時間のストレスが軽減される。

移行の手間を趣味と捉えると、お得か!?

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。