2008年11月 6日

ヒート

ヒート 仕事狂い

アル・パチーノはワーカホリックな刑事役、
ロバート・デ・ニーロはプロなのか素人なのか
よくわからない犯罪者役。

ヴァル・キルマーは、私生活はダメダメ、
仕事になると一変する役。

『ブラックホーク・ダウン』でお馴染み、
トム・サイズモア、ウィリアム・フィクトナーが出演してたので、個人的に見所。
ナタリー・ポートマンも出てるヨ。

仕事が大好きで、忙しい男の台詞が格好いい。
“言い訳集”としても活用できる。

10年以上前の映画を今観ると、なんかモッサリした感じはあるけど、
その感覚が、計算して作られた具合を削いでくれたので、現実っぽくなってる。

監督のマイケル・マンは役者に実弾による射撃訓練を受けさせたとかで、
銃撃シーンは盛り上がる。

ライフルの構え方と、援護の仕方が上手いので、
犯人側は元軍人って設定でも良かったかも。(アメリカ映画じゃ難しいか・・・)

ラストシーンは、ハリウッド、ハリウッドしてなくて好きな展開だった。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。