2008年11月20日

最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方 さて、次は、
何をしようか?

小飼弾さんは著書 『弾言』 の中で
「どれだけモノを持っていても、80年のレンタルなんですよ」
と言った。

それは当然、人間の命にもあてはまるコトで。
あと何回、愉快な仲間と、大好きな夏を過ごせるのだろうか?

墓場までしか持っていけない物品に執着するのも
楽しいかもしれないけど。
そして、あの世がどうなっているか、まだわからない以上(死んだら、その時わかる)、
実は、あの世へ手ブラで突入するハメになるかもしれないが・・・

できるだけ、
「やっぱ、あん時、
アレやっておけば良かった・・・
ちきしょうっ!」

と後悔したくない。

『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー監督は
素敵に歳を重ねたことを、ユーモアをふんだんに使って本作で証明してくれた。

ジャック・ニコルソンと、モーガン・フリーマンの演技は、
本当は演技じゃなくて、素の生活や性格がこうなんじゃないかと思わせる。
特に、ジャック・ニコルソンが「45年間も堪えて~」というカットと、
ラストシーンが好き。

あなたも私も、何十年後かに嘆かないために、
最初の一歩として、Bucket List (棺桶リスト)を書き始めてみてはどうだろうか。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。