2008年12月 1日

ギャラクシー・クエスト

ギャラクシー・クエスト 現実とSFが
入り混じる

過去に売れていた役者の現状を描きつつ、
SFコメディであることを忘れない。
さらに友情とラブロマンスを散りばめた本作

熱狂さや間違えに突っ込む、覚めた視点があるからこそ、
笑いは面白くなるのだが、
突っ走っているヤツをどこか覚めた目で見ていた主人公側も
新たな登場人物によって突っ込まれる。
さらにその新たな登場人物達を突っ込むのは観客の仕事。

単純な二重構造ではなく、三重構造になっているのが素晴らしい。

特典映像は、どうしょうもない没カットの
寄せ集めだったけど、そのユルさもイイ。

今回はスタートレックをパロディにしていたけど、
次回は是非、スターウォーズを元ネタに。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。