2009年2月12日

食でつくる長寿力

横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 食でつくる長寿力 命を削る食事

世界各国の食事事情を調査してきた家森幸男さんが、
珍道中の模様から、食生活の未来まで語る。

短命地域を教訓とすると、
伝統的な日本食をベースに、一膳ずつ改善してゆくのが良さそうだ。

健康と長寿のために摂取すると良いものリスト。

  1. 野菜と果物
  2. 乳製品
  3. 魚、大豆のタンパク質
  4. コレステロールは高くても低くてもダメ

食事は大勢でにぎやかに
なんてのも重視されるポイントのようだ。

逆に、健康と長寿のために悪いコト。

  1. 食塩
  2. 脂肪(とくに動物性脂肪)

酒はどうなのか? 酒好きの皆さんは気になるところでしょう。

  • 赤ワイン
  • コニャック

以上はOKみたい。 飲み過ぎは肝臓にダメージがあるので、ほどほどに。

やはりヤバイのは、塩分過多

P.68
1日の塩分摂取量を2g減らすと、
平均寿命は1年延びることになる。

参考数値

  • 日本の平均 12g
  • 沖縄の平均 8g
  • WHO推奨 6g

基本は、塩分を取り過ぎなきゃ長生きできそうだ。
さらに長寿希望の方は、本書を読んで食生活を改善すべし。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。