2009年3月10日

文章の書き方

横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 文章の書き方 辰濃和男 文は心
心は文

文章の区切りに活かせる言葉探し、
見物人を飽きさせない。
秘伝"玉と竜"の技法とは?

暖房のきいた道場で、辰濃和男さんから
流れる文章術を教わっているようだった。

  • 目の当たりにする
  • 錯覚を引き起こさないために、事物を観察する
  • 匂いや、皮膚感覚、聴覚、味覚の表し方

均衡から観る、自分の後ろ姿。
この後ろ姿という単語は、文章だけでなく、
仕事、生活、生き様にも置き換えられる。

自分の文と他人の文章、言葉と言葉の谷間を読み解く際の注意点。

P.196
一見、切れ味が鋭い文章は、
実は正確さを犠牲にしている
場合が少なくありません

自己防衛もしない、言い訳もしない。
使われなかった文字列に謝りながら、文章を削って引き締める。

しかし、ただ削ぎ落とせば善い、というのではないのが難しいところ。

ここから、さらに観察眼を活かさねばならないようだ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。