2009年4月17日

あたらしい教科書06 広告

あたらしい教科書06 広告 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

広告って?

天野祐吉さんは言う。
誰もが、広告の受け手だけではなく、
発信する側でもあることを。

寄藤文平さんによる広告制作の工程イラストは、
複数のシチュエーションごとに分けられ考察。

クライアントの気まぐれによってひっくり返る様子
的確に表現されている。

「未知との遭遇パターン」は、
プライドが引き裂かれ、そりゃあんまりだよ・・・ な例。

「さんざん気を持たされた揚げ句にパターン」は、
遭遇率が高く、切ないあるあるネタ。

クライアント側から制作まで、広告業界の有名人達が、
各々の立場に即した想いを語ってくれる。

自分と反対側の立ち位置にいる方々が、
どんな思いで仕事に従事しているのか、理解できる一冊。
業界用語や各作業の流れも把握できるので、読み応えあり。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。