2009年4月16日

軽くなる生き方

軽くなる生き方 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

空っぽの
バックパック

人生という旅の最中、
手荷物は軽くありたいものです。

部屋が散らかってきた時は、
ガラクタが目の前に広がっているので
見てすぐに散らかっていると分かりますが、
人と人との繋がり、しがらみ、こだわり、溜まった経験・・・

そんな目に見えないモノを、どうやって整理し、捨てるのか、
著者の松浦弥太郎さんは、ひとつのやり方を提示してくれます。

さらに、自らの虚言癖や、ダメダメだった過去も
開けっぴろげに話してくれる姿勢は、
装飾しない正直さが、軽さに繋がることを示唆しています。

本書の対象者

  • 得意じゃないことを続けている人
  • 少なからずコンプレックスを持っている人
  • 初々しさを失った人
  • 人に仕事を任せたい人
  • 会議が多く、会議の時間も長く、困っている人

プロの人生トラベラーのコツ

  1. 照れない
  2. 自分から挨拶をする
  3. 1対1で話をする

著者の考えとは真逆で、
厳しい管理は必要だと考えていますが、
最後の最後は、ゆとりを持って判断や評価がくだせれば、
自分もまわりも、すごく気楽になるのにな、とも感じました。

持ち味を殺さない。
この行為を意識するだけで、仕事や生活が
生き生きしそうな気がします。

愛するとは、相手を生かすこと

愛されるとは、自分らしさを生かしてもらうこと。

少し前まで、僕の世界の中心には僕がいた。

いかなるときも自分を中心にし、
自分を中心に考え、自分らしさを決め、
まわりの人の「持ち味」も
決めつけてきた

仕事に必須な厳しいゴール設定。
生身の人間は、どう対応するのか?

P.80
僕は、「基本的に人間は弱いんだ」
という前提をもっている。

             (~中略~)

それなのに、すべてに白黒をつけたら、
傷ついてしまうかもしれない。

それなのに、すべて割り切ったら、
怒りや憎しみが生まれるかもしれない。

人の心を無視したら、
どんなゴールにもたどりつけない

トラブルをどう活かすか?

P.142
自分を見つめてイヤなところを発見しても、
正当化してはいなかったか?

自分を見つめて病気の根っこを見つけても、
ごまかしていなかったか?

自分を見つめて変えたほうがよいところを見つけても、
転職したり、パートナーを替えたりして、
自分の環境のほうを変えていなかったか?

P.142
相手を恨んだり、世の中を憂いたりしても解決しない。

「ちょっと待てよ、もしかして
自分に問題があるんじゃないのかな?」

こう考えたときにだけトラブルは解決するし、前進できる。

  • 必要なモノ
  • 必要だったモノ
  • 必要じゃなかったモノ

それらを改め、人生を点検するための一冊です。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。