2009年4月 2日

未来を予見する5つの法則

未来を予見する5つの法則 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

社会は
螺旋階段を登る

著者の田坂広志さんは、社会や技術の発展は、
右肩上がりなのではなく、螺旋階段のように
上昇してゆく、と捉えている。

過去から学び、未来の大局観を掴む"きっかけ"
になるかもしれないが、本文中に答は書かれていない。

読者各人の頭で考えなさい。
という、実に抽象的な一冊。

本書を読んで、再認識したコト。

  1. 過去と未来は、ほとんど一緒
  2. 深く観察することによって未来が見える
  3. 反転するタイミングを見越した逆張り

矛盾を抱えてゆかねばならぬ、と示唆されている。
どちらか一方に偏らず、バランスを取ることは必須のようだ。

一人の人間が"複数の自己"を内包しやすくなってきた現在、
すべてを受け入れた時、人と世界はどうなってゆくのか?

自分の器を大きくしたい、大きくなりたい、
「器が大きいね」と言われたい!
そんな方々にお薦めの書籍。

無料で本書 『未来を予見する5つの法則』をプレゼント

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。