2009年5月31日

ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

理解し合う

尊敬するリドリー・スコット監督ですが、
ちょっとモノ足りなかった点が2つ

まずは、"それでも世界は続く"という表現

『ブラックホーク・ダウン』 『キングダム・オブ・ヘブン』
ラストシーンは秀逸です。
何故なら、映画の終わりが、終わりではなく、
そこからやっと物語が始まるという、世界の広がりが演出されているから。

本作では、その部分の焦点が、歴史や出来事の大きな流れに
あたっていないのです・・・

次に、恋愛シーン。 ココは不要だったように感じます。

原作にも恋愛シーンは存在するようですが、
今回の相手は、映画用に追加した新キャラクター

中東世界を表現するために、外せなかったみたいですが、
それと引き替えに、詰め込み感が出てしまい、
真面目な物語から、少しだけ軸がブレてしまって残念です。

同じ、レオナルド・ディカプリオ主演なら、
『ブラッド・ダイヤモンド』(監督はエドワード・ズウィック)での
地域情勢、企業がらみ、戦闘、恋愛のバランスの方が好きです。

もし、本作を観るならば、世界地図(主に中東)を広げながら
鑑賞すると、世界情勢への理解が深まるでしょう。

そして、本編を楽しんだ後に、
以下3名による音声解説を観ると、さらに政治的、地域的な知識が増えます。

  • 監督 リドリー・スコット
  • 脚本 ウィリアム・モナハン
  • 原作 デイヴィット・イグネイシアス

本作のテーマのひとつでもある、
嘘をつかない、信頼する、
ということが、いかに難しいか、改めて痛感できる映画でした。

2009年5月30日

Associe 見切る力

Associe 必要とされ続ける人の見切る力 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

私は
コレを捨てた!

見切ったり、何かを捨て、何かを拾っている真っ最中、
そんな方々の励みになる特集。

時間を効果的に、濃縮還元できそうです。

五木寛之さんが推奨する、"直感ノート"

生活や仕事の中で、
どうも乗り気がしない約束や案件があったら、
受ける前に、自分の直感をメモしておく。

そして、後日振り返ると、その時の判断が
自分的に正しかったのか、間違っていたのかが分かる、という仕組み。 

少々の手間だけど、自分の脳みそが
記憶や第一印象を差し替える前に、有効な手段。

三菱地所の社内ベンチャーで、四季リゾーツという会社を立ち上げた、
山中直樹さんの奔走記には熱い想いがこもってます。
理念て、こーゆーコトですよね。

2009年5月29日

Webデザインノート No.8

Webデザインノート No.8 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

自分の体験を
増やして
感動をストック

福田敏也さん 777interactive (トリプルセブン・インタラクティブ)

子どもの頃のワクワクした体験や、
誰もが持っている記憶をどう呼び起こすか、
見る側のエモーションを考えるのがいかに大切かということです。

ビルのように巨大なものを自分の思い通りに動かしてみたい、
高価な宝石を合法的に盗み出すことができたら痛快だ、
ということは、子どもの頃に誰もが思い描いたことのある空想でしょう。

感動や楽しさを題材にしたサイト作りを解説、
具体的な事例も掲載されている。

大向一輝さん 国立情報学研究所、総合研究大学院大学

セマンティックWebの動向を紹介。

セマンティックとは、情報と情報を繋ぐ意味付けのこと。

そして、コンピューターにもわかりやすく
その内容を記述しておいてあげよう、という試み。

情報間には、単純で済むものと、
多くの解説が必要な複雑なものとが混在していて、そこが悩みのタネ。
研究者の側として、予想外だったのはブログや、ウィキペディアの流行だそうだ。

RDF (Resource Description Framework)という形式や、
上位概念を覚えておくと、未来に役立つ情報整理のみならず、
ネット世界の進化を、別な視点から観ることができる。

2009年5月28日

Webデザインノート No.7

Webデザインノート No.7 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

感動の種類

佐藤可士和さん、中村勇吾さんがディレクションした
ユニクロのCM 「UT LOOP! TVCM」

普段映像を創る時は、最初か最後にロゴ、というのが
定番だが、最初から最後までUTロゴが出続けているのは、
まさにウェブ的。 今後、映像を創る時に、意識したい。

櫻井優樹さん

他人のアイデアや個性を活かすプロジェクト

複数のメンバーとユニットを組んで仕事をする時には
『ココで勝負するんだ』という最低限のポイントだけを押さえ、
それ以外の部分には自由度を持たせるように意識しています。

平川紀道さん

人から何かを言われて感動するより、
世界の見え方が変わるような事実に気づいた時の
感動の方が僕は好きです。

LESS RAIN

カーステン・シュナイダーさんへのインタビューの中で

ブランドの周囲にどんな空気感をつくるか、
どんな音が聞こえてくるか、
どんなふうに動くのか。

見た瞬間に感情を呼び起こす風景のようなものを
つくることを常に意識する。

本体だけの注力に止めない雰囲気づくり。
他の要素は目立たなくする、そんなバランスが必須なのでしょう。

2009年5月27日

デザインと死

デザインと死 黒川雅之 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

自分の思想

黒川雅之さん自身の経歴や
故黒川紀章さんの実弟であること、
そんな俗世間っぽい話は脇に置いて。

ひとりのデザイナーが語る雑感と、
商売の宣伝として読み進めるのがよい。

人生、仕事、デザイン、サービスを殺さないための訓辞
オーダーを聞くか? お任せされるか?

自分の意見を持たない輩だけが
親切そうに顧客の意見を聞くのだ。
自信がないから人の意見を聞くにすぎない。

意見を聞いたから何となく自分の責任がないかのように思えて
安心しているだけである。

このあたりの話を優しい口調で解説しているのが、
下記、小阪裕司さんの書籍。 サービスとはなんぞや?
と、思考を深めたいならオススメ。

2009年5月26日

適当教典

適当教典 高田純次 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ナウッ!

高田純次さんが、まったくの他人事として、
テキトーで、いかがわしいアドバイスを展開

今の瞬間を生きる、適当に生きるという大事さに
気付かされる・・・ とかいうのは、きっと思い込み。
そんなあなたは疲れてる。

しかし、疲弊している人にこそ息抜きして欲しい。

『戦略的グズ克服術 ナウ・ハビット』を、かなり不真面目にした感じ。
だって高田純次だもん!

一問一答形式ですが、本題とは外れたところに
想い入れの深すぎるアイテム
紹介のコラムがあり、この部分は、秀逸な内容です。

2009年5月25日

扉の法則

扉の法則  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

明るく前向きに
なるのは得か?

  • ジェームズ・スベンソン (著)
  • 弓場隆 (訳)

二日酔いや、ハードな仕事の後は、ボーっとしていて、
本を読んでも、文字を追っかけているだけで
内容が頭に入ってきません。

そんな時は、薄くてサラっと読める本書がオススメ
「こんな人とは、付き合ってはいけない
リストも眺めつつ、下記有名人の言葉も参考に。

  • マーク・トウェイン
  • ヘンリー・フォード
  • ロックフェラー
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • アインシュタイン

自分が今、どの段階にいるのか把握して、
そのプロセスを楽しんでいるか確認する。

豊かな収穫を得ようとするなら、
まず畑を耕し
肥料をやり
種をまき
水をやり
発芽させ
日光を当てて育てなければならない。

作家 チャールズ・ディケンズの言葉

自分がしてほしいと思うことを、人に施す努力をせよ。

もし相手がそうしてくれなくても、がっかりする必要はない。
あなたが相手をがっかりさせるよりは
ずっといい。

2009年5月24日

新・Webデザインワークフロー

新・Webデザインワークフロー キノトロープ  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

大失敗しない

2008年、ヨドバシカメラのリニューアルサイト
大ゴケで、さらに深手を負ったとの噂、
そんなキノトロープさんの書籍

あの事件と本書から学び取れるのは、
いくら綿密な実行計画があっても、現場では、
いつでも大失敗に捲き込まれる可能性がある、ということ。

受注側が身を守る術は、
「できないコトは、やらない」
挑戦するなら合意を得て、注意深く。

発注側が身を守る術は、「相手ができないコトを見抜く」

受注側には、誠意。 発注側には、学習が必要になる。
だが、目の前の利益に目が眩んだり、勉強するのが面倒だと感じた瞬間に
すでに問題は発生しているのだろう。

修正と変更、
言葉の違いによって、見積内容も変化する。

修正とは、間違い、不十分な点を正しく直す

変更とは、仕様や内容を変えること

混同して使っているかもしれないので、
言葉ひとつひとつの定義を、全員で明確にしておきたい。

2009年5月23日

単純な脳、複雑な「私」

単純な脳、複雑な「私」 池谷裕二  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

無意識の自分に
会いにゆく

池谷裕二さんの講義録 (相手は高校生)
自分の脳と、自分自身の相違点が話の核だ。

脳や、人間の身体についての最新論文と学説から、
幽体離脱の仕組みまで、難しい話を短く分かりやすく解説。

分厚い書籍で文字がビッシリ (翻訳本などに多い) だったら、
きっと読む気も失せていただろう。
本書のページ数は多いものの、スッーっと読める。

脳や生物学に興味がある人ならば、嬉々として読み進められ、
また、それらに関心がなくても、

  • 直感を鍛える
  • モテる

というようなコトに活用できる話が出てくるので、
お得な発見があるだろう。

『利己的な遺伝子』では、生存機械論なんて話になって
人間や生物個体は、遺伝子の乗り物に過ぎない。
なんて言われちゃってますが、脳のヤツも一枚噛んでいる。

無意識(オートモード)の便利さと
巨大な制約

コレを常に意識していれば、自分の中で何かが変わりそうだ。

脳から発生する、感情や正しさについて。

僕らにとって「正しい」という感覚を生み出すのは、
単に「どれだけその世界に長くいたか」
というだけのことなんだ。

あなたの「正しい」は、視点を変えれば「間違っている」のだ。

自己の無意識と対話したり、励ましあったりすれば、
理想的な自分に近付けそうだ。

2009年5月21日

Webデザイン プロフェッショナルワークフロー・バイブル

Webデザイン プロフェッショナルワークフロー・バイブル 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

デザインセンスと
テクニカル

  • Andy Clarke (著)
  • 今里了次 (訳)
  • 木達一仁 (監訳)

余白は広くて読みやすいが、
過剰に写真を使っているページがあり、価格は3,200円と高め。
読後感としては、半額程度の値段が妥当かと。

翻訳された技術書には、冗長な文章や
スベっているジョーク、日本語の繋がりがチグハグな流れもあって、
即戦力として活躍するというよりは、読み物的な要素が多い。

本書もそのひとつではあるが、
『Web Designing』のマイコミ (毎日コミュニケーションズ)が
出版ということで、内容のセレクト眼には、若干の安心感がある。

仕事の関係上、最新ブラウザを優遇するわけにもいかない。
それだけに、フラストレーションが溜まるもの。

本書の基本事項として、最新ブラウザに対する優先順位を上げ、
周囲を説得する方法まで提示している。

例えば、IDの名前ルールとして。

見た目重視 意味に基づく
# header # branding
# sidebar # content_sub
# footer # site_info

何故「意味に基づく」命名規則を重視するのか?

それは、チーム内の他者が一部のコンテンツを抜き出したり、
サイト間で連携させる可能性があるためだ。

同様に、CSSの記述方法も以下のように
複数の整理方法も紹介されている。

  • エリア、位置で整理
  • セクションで区分け
  • 要素でまとめる

さらに、CSSファイル自体の的別分類にまで触れている。

海外のデザイナーが構築したサイトの検証

特に、「Subtraction」のようなスタイリッシュなサイトの
カラムがどうなっているか、には興味が湧く。

absoluteや、relativeの使い方がわかったりもするが、
目玉は、CSS3の解説だ。

2009年5月20日

神様学入門

神様学入門 村松恒平 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 神様たちを騙った
ビジネスモデル

無神論者が有利なのは、
宗教をコメディとして笑い飛ばせること。

世間一般に名前が知られている二流の神々じゃなくて、
もっと上位概念の話。

"善側だと思って、心酔している"本人や、
その周囲で悩まされている方々にお薦め。

神を使うのは、無料じゃない

霊魂(人間が死んだ後)を処理する側からの視点、
事務的なシステムや、一神教のフランチャイズ化、
宗教=ゲームセンター
など、村松恒平さんのユニークな視点が飛び出す。

問題に囚われない姿勢 (難しいけどネ・・・)

問題としてみている限り、
それは問題であり続ける。

外側に依存しない。

幸福を感じることはよいが、
幸福を求めたり、幸福を失いたくないと思えば、
自分自身を失う要素を持つことになる。

"神の恩恵をサービスするという代理店"に騙されないようにするため、
読んでおいたほうが良さそうだ。

神様のビジネスモデルで言えば
『霊と金 スピリチュアル・ビジネスの構造』も興味をそそる。

2009年5月19日

デザイン&アプリケーションズ

デザイン&アプリケーションズ Design and Applications  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

概念と技術

『Design and Applications デザイン理論と
Illustrator/Photoshop/InDesignの実習』

BNNの出版ですが、作例がMdNっぽいです。

左ページのデザイン概念と、右ページのオペレーション
(イラレ、フォトショップ、インデザインの操作)が、連動している珍しい形式

デザイナーではないが、実際にデザイン作業が発生している人や、
印刷に興味があるようなら・・・

例えば、自分でプレゼン資料や、店舗の印刷物を作るのに、
画像を切り抜いたり、構成を行うことがあるだろう。
そんな時、手軽に基礎を身に付けたいと感じているなら、本書がピッタリだ。

  • 文字の並べ方
  • 紙面のレイアウト
  • 写真画像やロゴ
  • 印刷や製本

上記のような内容が、幕の内弁当のようにまとめられている。

印刷やレイアウト畑を通らずに、
いきなりウェブ業界に入った方々も多いだろう。

下記のようなコトは、意外と深く経験していないかもしれない。

  • 字間と字送り
  • 文字の縦組み
  • 欧文の文字組み

なんとなくでいいから、理論を覚えておくと、
突発的な作業が出現した時に、慌てずに済む。

デザインの概念や理論だけの本って、なかなか敷居が高く、
ハウツーものに取りかかれるほど、ソフトのスキルを持ち合わせていない、
そんな方々のための書籍といえる。

2009年5月18日

Web Designing 2009年6月号

Web Designing 2009年6月号 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 Flash周辺

特集の「Flash最新表現の設計図」、
「読ませるための技術」は、
それほど深く掘り下げていないので
取っ掛かりのひとつとして参考に。

下記3つは、個人的に役立っている記事です。

  • Papervision3D 2.0 rev.883
  • Flashで使うサーバー
  • 校正補助ツール

Flash Media Serverや、ColdFusionと言われて、
何となくどんなコトをするのか、わかったフリはできても、
違いを説明するとなると、途端に困る。

普段活用している方から観れば、 違うよ。全然違うよ!
ってなるのでしょうけど、外側(まったく使っていない)にいると、
霧の中にいるみたい。

そのモヤモヤを解決してくれるのが、「新学期 Flashの学校」での相関図

チャットや、複数のユーザーが参加するゲームなど、
Flashとサーバー周辺に、どのようなツールが使われているのか、
概要が解説されています。

これで、ミーティング中に、ウロ覚えの単語が飛び出してきても
脂汗を発汗せずに済みますネ・・・

2009年5月17日

モーム 雨・赤毛・ホノルル

モーム 雨・赤毛・ホノルル W.Somerset Maugham 中野好夫 訳 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 雨の日に読む
  • W.Somerset Maugham 著
  • 中野好夫 訳

本日は、「全国的に雨や風が強まり、
荒れた天気となるでしょう」

ってコトで、サマセット・モームの「雨」を読むにはピッタリの環境

代表作、傑作というワリには、訳者の技術の差なのか、
短篇選の方が面白かったんですけどね。

訳す時に、ストーリーが欠損してしまったのか、
人物描写を羅列しているだけでした。

2009年5月16日

モーム短篇選

モーム短篇選 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 モーム短篇選  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 暗部と
多様な側面
  • W.Somerset Maugham 著
  • 行方昭夫 訳

外側から観ると不可解だが、
当事者にとっては通常の状態がある。

あなたの周囲にも、こんな人達がいるでしょう。
周りにいるだけならまだしも、
その人々から今まさに、直接迷惑を受けているかもしれない。

(あなた自身が厄介者、だという可能性は置いといて・・・)

  • 性格の破綻
  • 多面性

人間の二面性や奥行きを、斜に構えた位置から
シニカルに観察する作家、サマセット・モーム

不幸と幸せが行ったり来たりする話は、人生の縮図

皮肉なタッチで人の暗部をエグリ出す、表現はこんな感じ。

誰かが、意見にあまりたっぷり自信がありそうな場合、
それが間違っていればいい
と思うのが人情である。

自分の愛する人の幸福を
自分の幸福より優先させるのは、
誰にとっても大変難しいからです。

しかし、女の心くらい予測できないものはない。
だから女が同じ状態にいつまでも留まる
と思う者は思慮が浅いのである。

人間観察が仕事になった。
といっても過言ではないモーム

自分から発せられる皮肉すら、
客観的に見ているフシがあるので、嫌味にならず、
人生訓としても読み取れる。

2009年5月15日

使い勝手のデザイン学

使い勝手のデザイン学 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

最善なデザインと
デザインの悪夢

  • ヘンリー・ペトロスキー 著
  • 忠平美幸 訳

デザイナーや開発者と接することになった方に、
目を通していただきたいところ。

自分の生活にデザインは関係していない、
と思っている人向けの内容でもある。

子供の頃、大人が創り出しているこの世界は
最終形であり、完璧な姿をしている、と思っていた。

だが、成長と経験を重ね、その考えが幻想であることに気付く。

その不完全な世界(デザイン)
欠陥を改善するための書籍ではあるが、
未来へ向けられた話が中心ではなく、大昔の事例が多く、
デザインに関するウンチクにページを割いている。

未来へのデザイン学や、今を解決する手段を
探しているなら、他書をあたってみると良いだろう。

以下のコトに興味があれば・・・

  1. 改良に改良を重ねていく根気良さ
  2. ユーザーは、開発者の意図から外れた再利用を行う
  3. 発明者のミスから生まれた製品
  4. ケータイと電卓の数字キー なぜ配列方法が違うのか?
  5. 段数が奇数に指定されている階段の理由とは?

エピソードとして気に入っているのは

  • 「DW-40」 (日本でいうトコロのKURE 5-56 スプレー式潤滑剤)
  • 「ダクトテープ」 (銀色の防水ガムテープ)

この2つのアイテムがあれば、
人生のどんな局面でも乗り越えられるという人々の話

本書で繰り返し述べられるテーマ

デザインと
現行インフラとの相性

デザイナーや制作者の落とし穴

その現場で設計にかかわる人びとは、
製作中の対象物との関係が緊密になる。

すると、ちょっとした欠点を見逃しやすく
なるし、あばたもえくぼに見えてくるものだ。

2009年5月14日

Webデザイン 知らないと困る 現場の新常識100

Webデザイン 知らないと困る 現場の新常識100 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 催促しても
支払いが無い
時の対処法まで

本書の対象者

  • ひとつの方法しか知らないwebサイト制作者
  • サイト制作を外注に出す、企業の担当者

ウェブ制作について、手取足取り教えてくれる優しい職場ならまだしも、
ある程度の基礎を独学で通してきた人も多いでしょう。

そんな方にとって、どうしても自前の情報に偏りがあったり、
抜けがあるもの。 できれば本書でその穴を埋めておきたいところです。

ひとつの表現方法に対して
何通りかのヤリ方があるのも、悩ましさを倍増させる原因

そんな中、本書で取り上げている記事の一部を紹介すると、
下記のように細かいところへの配慮がされています。

  • サイトID(ロゴ)のマークアップ法
  • ナビゲーションメニューの記述場所
  • h1の数
  • よく利用されているID名、クラス名の一覧

構造、レイアウト、デザイン、見積作成、その後の金銭的トラブルまで、
過不足なくまとめられていて、項目ごとに分けられているので、
無理なく読み進められます。

忙しい時に限って、トラブルは発生するものなので、
時間がある時にコツコツと読み溜めておくのが正解です。

英単語の区切り方で、区切った単語の頭文字を大文字にする
形式のコトを、キャメルケースっていうのか・・・

  • 例 ActionScript アッパー・キャメルケース
  • 例 actionScript ローワー・キャメルケース

各々このような呼称があったんですね。 知らずに使ってた・・・

ほらね、抜けがあったでしょう?
本書で出逢った新たな発見は、きっとアナタの脳ミソを喜ばせてくれる。

2009年5月13日

ウェブはバカと暇人のもの

ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言 中川淳一郎 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

集合愚ってホント?

著者、中川淳一郎さんが推す
ネットでB級なコンテンツを創る理由とは?

そう聞くと、生真面目な方は驚かれるだろう、
焦って、著者にB級なモノを創ってくれ! と頼むかもしれない。

だが、ウェブ担当やあなたのように、
真面目人間にこそ、じっくり考えながら読んでいただきたい。

日本での正しいネットの使われ方を
話し言葉のような、読みやすい文体で紹介してくれる本書は、
著者のビジネスモデルや、立ち位置を差し引いても面白い内容だ。

以下、本書がネタとして扱う対象者

  • 普通の人
  • バカ
  • 怒りの代理人

日本人の嫉妬深さに斬り込み、
交流か泥仕合か?

ネット登場以前は、棲み分けがされていた者同士が、
対峙する時、いったい何が起こるのか?

著者が繰り返し強調するのは、商品やサービスに
突っ込みドコロがあるかどうか、
それによって広範囲に宣伝できる。 ということ。

中でも、テレビ小判鮫宣伝法
PVを上げるには、もってこいのスタイルだ。

下記、ネット向けコンテンツかどうかのリトマス試験紙が
あるので是非チェックしていただきたい。

  1. 話題にしたい部分があるもの、突っ込みどころがあるもの
  2. 身近であるもの(含む、B級感があるもの)
  3. 非常に意見が鋭いもの
  4. テレビで一度紹介されているもの、テレビで人気があるもの、
    ヤフートピックスが選ぶもの
  5. モラルを問うもの
  6. 芸能人関係のもの
  7. エロ
  8. 美人
  9. 時事性があるもの

で? ネットとは、結局何なの?

ネットは暇つぶしの場であり、
人々が自由に雑談をする場所なのである。

放課後の教室や、居酒屋のような場所なのである。

広告業界の堕落

広告制作の世界では、「考え抜くことが重要」との風潮がある。

その考え抜いたレベルが消費者にとって
あまりにも複雑であろうが、どう評価されようが、
制作者(クライアントと広告代理店)の間で
「考え抜いた」共通体験と合意
があれば、仕事はなかば終わったようなものだ。

企業の広報担当で、特に真面目な人に響く事実。

自分の身の回りのことを考えるのがもっとも重要なことで、
自分の楽しみのためだけ
にネットを使っている人の心に、
企業がそこまで介入できるわけがないのである。

インターネットを過大評価も過小評価もせず、
実情を切り取って、暴露し、
「雑記、雑談」という判断をしているのだが、
B級コンテンツが増えると、テレビのような末路になってしまう。

その時になって(PVは稼げなそうだが・・・)
初めてA級以上のコンテンツが求められるのだろう。

それとも、今よりもっと愚衆が賢くなっているのだろうか?

自前のネットコンテンツの、バカ度、賢度(かしこど)が
世論に適合しているか、日々意識するだけでも、価値がある。

2009年5月12日

Amazonの怪しいレビュー

アマゾン amazon レビュー  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

怪しいヤラセを大暴露!

こんにちは、アマゾン☆ポリスです。

突然ですが、皆さんは、
Amazonのレビューをどれくらい信用していますか?

時間がないからといって、
ちゃちゃっと読み飛ばしていませんか?

実はアレ、
★5の評価はアテにならないんです。
疑ってかかった方が賢明なの。

今日は特別に、皆さんが罠に引っかからないよう、
レビューの真贋を見抜くコツを教えちゃいます。

ヤラセ疑惑や、仕込みが気になったんで(特に、最近の著者に多い)
ウェブ担当が過去にレビューした書籍で、独自調査してみました。

下記ランキングを見てください。
サクラが潜んでいる確率が高い、ヤラセ度リストです。

著者の友人や知人、面識がある、など
ある程度近しいと推測される人も、サクラ(仕込み)としてカウントしました。
(やらせバイアスがかかりやすい★4と★5の評価が調査対象)

サクラの人数が多く、混入率が高いもの

  1. 100% 「ニッポンを繁盛させる方法」島田紳助/東国原英夫
  2. 100% 「うそつきは得をするのか」生天目章
  3. 90% 「成功する男はみな、非情である」角川いつか
  4. 80% 「その1人が30万人を動かす!」本田哲也
  5. 75% 「イヤなことは1週間で終わらせるコツ」笹氣健治
  6. 73% 「読書進化論」勝間和代
  7. 72% 「お客様はえこひいきしなさい!」高田靖久
  8. 71% 「ウェブで一発当てる方法」面白法人カヤック/柳澤大輔
  9. 71% 「キラーウェブ 儲かるウェブの裏側」前野智純
  10. 67% 「勝間和代の日本を変えよう」勝間和代
  11. 67% 「週2,3日働いて1000万円稼ぐコンサル起業術」松林光男
  12. 67% 「思考のボトルネックを解除しよう!」石川和幸
  13. 56% 「最強のWebコミュニケーションシナリオ」濱川智
  14. 56% 「ノウハウを学んでいるのに、なぜ、儲からないのか?」吉井亮介
  15. 55% 「Movable Type プロフェッショナル・スタイル」CSS Nite 他
  16. 50% 「コミュニケーションをデザインするための本」岸勇希
  17. 50% 「十五億人を味方にする」稲葉利彦
  18. 45% 「新100の法則 SEM:検索連動型キーワード広告」大内範行 他
  19. 40% 「地震イツモノート」寄藤文平
  20. 35% 「隷属国家日本の岐路」北野幸伯
  21. 30% 「コンサルタントの質問力」野口吉昭

サクラの数は少ないものの、怪しい度が高いもの

  1. 100% 「コンサル業界の動向とカラクリ」廣川州伸
  2. 100% 「そんなんじゃクチコミしないよ」河野武
  3. 100% 「全日本 食の方言地図」野瀬泰申
  4. 100% 「交渉・商談の鉄則」和知鋭二郎
  5. 100% 「洗脳」苫米地英人
  6. 100% 「科学で見る!世界史」Gakken Mook
  7. 100% 「時間を売るな!」飯塚哲哉
  8. 75% 「無税入門」只野範男
  9. 75% 「嘘を見破る質問力」荘司雅彦
  10. 60% 「Norton 360」シマンテック
  11. 40% 「非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門」飯間浩明
  12. 38% 「彼女があのテレビを買ったワケ」木田理恵
  13. 33% 「小飼弾の仕組み進化論」小飼弾
  14. 33% 「ウェブ営業力 御社の営業力が躍進する75の処方箋」渥美英紀
  15. 33% 「おまけより割引してほしい」徳田賢二
  16. 33% 「検索連動型広告を成功に導くSEM戦略」紺野俊介

調べてみて判明したのが、評価が高く(つまり面白い)、
レビュアーが多い作品にも、サクラが紛れてるってコト

ランキングには入れていませんが、10~20%台でも、
5~6人がグルになって高評価のレビューを
してたりするので注意が必要です。

さて、どうやれば、騙されずに済むかというと・・・

その作品を観たり読んだりした経験があって、
あなた自身の評価が★1~2なのに、
他人がやたらと★5の評価をしている場合は、疑ってかかってください。

本にしろ映画にしろ、
つまらないモノは、他のレビュアーも★1や★2を
付けているので、グラフの比重を見ればスグに分かります。

多くのユーザーは、まだその作品を観たり読んだりしていないでしょう。
その時は、★グラフのバランスが偏っているかどうかをチェックしてください。
(高評価と低評価の真っ二つに分かれている)

そして、★4の評価をしているレビューを参考にしてください。
割合的にもアテになります。

ただし、★4であっても巧妙なヤラセが設置されていることが
多々あるので、評価者の過去のレビューに目を通す手間を
忘れないでくださいね。 これ一発で偽物かどうか判明しますから。

イカサマをする著者とは?

インチキをしそうな著者の特徴を挙げてみます。

  • 売りたいんじゃ! という想いがニジミ出ている。
  • ネットの使い方が上手い。

意外かもしれませんが、ヤラセ度100%に近い著者や出版社って、
あまり上手にネットを活用できていませんよね。
理由は・・・ バレやすいからです。

やはり、悪賢いのは、ヤラセ度30~80%の著者たちでしょう。

一概に著者だけが悪いとは言い切れませんが、
今回は、狡い知恵が働く筆頭として槍玉に挙げます。

(中には、著者と思われる人だけが★5を付けているような
微笑ましい光景も観られましたが・・・)

ヤラセ疑惑が濃厚で、ネット上でも名前を見かけるのが、
勝間和代さんだったり、面白法人カヤックさんだったり。

業界内での知名度が高いと、噂になって名前が浮上する・・・
という有名税のようなモノや、レビュアーを動かす
著者自身の魅力もあるでしょう。

先にも述べましたが、サクラ風味であっても、
著書は面白いし、好きだってコトもあります。
アタマにくるのは、つまんねーのに、仕込みの評価だけが高い
レビューですよね。やっぱり。
誰もが、自分の選択眼を疑いたくないですからね。

今回述べたことに気を付け、
嘘くさいレビューを避けてみましょう。
それでは、よりよいAmazonライフをっ!

2009年5月11日

広告批評 2009年4月号 No.336 最終号

広告批評 336号 最終号 天野祐吉 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

創る時は
小学一年生の
気持ちで

最後だから記念に買う。
それ以上の中身でもなく、保存版にするほどの内容でもない。

広告の作り手41人が一堂に会す場面は、
企画の骨子と段取りの悪さで、誌面から
イライラと、悪い意味での緊張感が伝わってくる。

読み物として面白かったのは、下記3人の対談

  • 森本千絵 (アートディレクター)
  • 大宮エリー (映画監督 脚本家 作家)
  • 佐治晴夫 (理学博士)

広告界の女子2人と、宇宙を語るおじさんとの
噛み合ってなさそうで、噛み合ってるようで、
実はまったく噛み合っていない流れが凄い。

2009年5月10日

web creators 2009年6月号 vol.90

web creators 2009年6月号 vol.90 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 レイアウト体系化

「卓越したWEBビジュアル表現のエッセンス」では
様々なレイアウトのセオリーを体系化
それと同時にデザインの傾向やメリットなども提示

下記、使い勝手が良さそうなものをまとめると

  1. 白地 黒字
  2. 横方向のスクロール
  3. グリッドで整える
  4. 清潔感
  5. 大量の写真
  6. インパクト
  7. にぎやか
  8. ゴージャス感
  9. 余白を生かす

MT4.x(Movable Type)のデザイン・カスタマイズ(前半)は、
頻度の高そうなレイアウトに特化して解説されている。

2009年5月 9日

読ませるブログ

読ませるブログ 心をつかむ文章術 樋口裕一 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ブログ初心者の
文章術

著者、樋口裕一さんと同じく、
ブログ初心者向けの内容。

この本を手に取る読者が期待しているコトは、3章~である。
それ以前のページは、味の薄い前菜に過ぎない。

"羊頭狗肉ではない文章術"を学びたいのならば、
このページの【文章術】という項目にランキングしている書籍が役に立つ。

2009年5月 8日

多読術

多読術 松岡正剛 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

給油としての読書

宣伝臭が漂い、ビジネスモデルが
垣間見えるのは、大変残念でしたが、
下記の方々が対象です。

  • 本が大好きな人
  • アウトプットにも興味がある人

著者の松岡正剛(セイゴオ)さんは、
どのような読書体験を通じて、本と出逢うことになったのか?

書評や批評ではなく、体験記として記すスタイルは
どうやって生まれたのか?

書籍と向き合い、寄り添い、共に生きるための実践論。
読書好きならば、頷いて読み進められます。

情報伝達について

コミュニケーションとは、
「メッセージ記号の通信行為」ではなくて、
「意味の交換」のためにおこなわれている
編集行為だということです。

相手が、こちらの意図を理解してくれない場面に出くわすと、
つい、情報の伝達方法に間違いがあったのかな?

と反省してみたり、
逆に相手の常識を疑ったりしがちですが・・・

通信した情報そのものが、的確に伝わっていなかったのではなく、
こちら(送り手)の意味や意志、背景を
相手が交換できなかった、キャッチしそこねた、
と捉えると、それが故意なのか不注意なのかが見えてきそうです。

著者は、「曖昧な部分」や「きわどい領域」「余分なところ」に
本の内容へ興味や源泉があると言います。

この部分を、作り手側から考えると、
ズレや狂気が愉しい(ユーザーを喜ばせる)
とも言い換えられるのではないか、と思いました。

2009年5月 7日

日経TRENDY B級グルメ大戦争

日経TRENDY B級グルメ大戦争 ご当地グルメ  横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

グルメ大戦略

横浜ご当地グルメの、
John John 「ホットドッグ」や「しゅうまいドッグ」は、
視点を変えれば、B級グルメでもある。

今号のトレンディでは、下記の特集

  • B級グルメ B-1グランプリ
  • ご当地グルメ
  • アウトレットスイーツ
  • ワケあり商品
  • 不況やブームに逆張り
  • 外食ビジネス最前線

飲食店を経営している人は、
今後の戦略を練るためにも目を通しておきたい。

全品均一価格の居酒屋6店舗に潜入し、
生ビールの量や唐揚げ、サラダ、ポテトの量を計測
一般的なチェーン居酒屋との比較もアリ。

相変わらず執拗な比較にグッとくる。

宣伝に疎い方用に、ネットでプロモーションも特集

最近の、広告手法がアレコレ掲載されているので
物販をやっているなら参考になる。

2009年5月 5日

Web Designing 2009年5月号

Web Designing 2009年5月号 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 一見にしかず

特集「ひと目でわかるWebサイト」

視覚情報の整理に優れているサイトを例に、
文字で説明できる限界を解説。

『ブラックジャックによろしく』や、『海猿』の作者、佐藤秀峰さん。
自身のサイト内のプロフィールが凄い。
http://satoshuho.com

経歴から始まり、出版社や編集者、アシスタントとのゴタゴタが
漫画化されている。 それにしても、
黒塗りの部分が気になり過ぎる・・・

佐藤さんの一人称視点とはいえ、
漫画業界の一部ってかなりルーズなのかな、と。

2009年5月 4日

Associe あなたが今 読むべき本

Associe あなたが今読むべき本 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

440冊の本

三度の飯より、読書が好き!
そんな方には、今号のアソシエは保存版

当ブログでの推薦書籍もランク入りしているので、
感性が近いというか、安心できます。
書評自体に信頼感がおける、というのは大切です。

  • 書く
  • 話す
  • 思考 発想
  • 経営理論 経営哲学
  • 情報収集と活用
  • 営業
  • リーダーシップ
  • キャリア

上記以外のジャンルでも、
間接的に役立ちそうな分野や漫画も含め、440冊の書籍が紹介されていて。

後半では初級、中級、上級と
読み手の知識レベルに適合させて、お薦め本が解説されているので、
段階を経てジャンルを深追いできます。

「ジャパネットたかた」の髙田明さんのインタビューでは、
感動や気持ちを伝えるトークは、どこから発生するのか?
といったことを、髙田さんを通した視点で学び。

セガの名越稔洋さんのインタビューでは、
モノ創りにおいて、捨てるコトの重要さが得られる。

"自分が好きなコト"を見失っている人にもお薦めできる話です。

2009年5月 3日

芸能人の成功から学ぶマーケティング入門

芸能人の成功から学ぶマーケティング入門 太田眞彦 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

芸能人を
売る仕組み

有名人のマーケティング戦略と、
ビジネスへの応用を、太田眞彦さんが解説

  • ユーミン
  • 島田紳助
  • 椎名林檎(東京事変)
  • ケツメイシ
  • パフィー
  • 藤井隆
  • モーニング娘。
  • マドンナ

各人のエピソードに終わらず、
マーケティング用語とも結びついて説明されている。

専門書のような入門書とは体裁が違っていて、
すぐにでも活用できそうな気分になる。

本書のように、"その気にさせてくれる"
マーケティング本というのは、案外少ない。

「脱顧客志向マーケティング」

  1. 顧客を無視
  2. 顧客を否定
  3. 長い間待たせて届ける

効果があるのかわからないけど、
ここまで逆説的だと、何でもあり。

2009年5月 2日

数字のモノサシ

数字のモノサシ 寄藤文平 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

自分の数字を持つ

アバウトな会話や会議の場で、
数字を持ち出すと具体性を帯びる。

逆に、数字によって、騙されたり、
深く考えなくなっているのも事実だ。

内容は、『経済は感情で動く』を、寄藤文平さんがグラフィカルにしたもの。
といっていい。

『新しい単位』『新しい 新しい単位』の二番煎じにみたいに
なっちゃったコーナーもあるけど・・・
 (本書では有名マンガを元ネタとしている)

なまじ、知識が無い方がイイ時もある。

P.116
知れば知るほど、
目盛りが細かくなる。

アチコチに揺れ動く、自分の価値観

このモノサシを、経験によって複数手に入れることが、
快適な生活を送るのに必要、と著者は結論付ける。

そして、簡単な方法は、環境を変えたり、身体を動かすコトだと言う。

他人の数字を、自分の実感が湧く数字
に近づけるための一冊だ。

2009年5月 1日

web creators 2009年5月号 vol.89

web creators 2009年5月号 vol.89 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍 装飾パーツ

特集は、
「WEBパーツ装飾デザイン辞典」

  • XTHML
  • CSS
  • JavaScript
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Fireworks
  • 透過PNG

「~したい」に対して、
上記の必要技術の項目が、表示されているので見やすい。

P.161のウェブ関連参考、情報源サイト一覧。
見逃しているサイトもあると思うので、チェックされたし。