2009年5月11日

広告批評 2009年4月号 No.336 最終号

広告批評 336号 最終号 天野祐吉 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

創る時は
小学一年生の
気持ちで

最後だから記念に買う。
それ以上の中身でもなく、保存版にするほどの内容でもない。

広告の作り手41人が一堂に会す場面は、
企画の骨子と段取りの悪さで、誌面から
イライラと、悪い意味での緊張感が伝わってくる。

読み物として面白かったのは、下記3人の対談

  • 森本千絵 (アートディレクター)
  • 大宮エリー (映画監督 脚本家 作家)
  • 佐治晴夫 (理学博士)

広告界の女子2人と、宇宙を語るおじさんとの
噛み合ってなさそうで、噛み合ってるようで、
実はまったく噛み合っていない流れが凄い。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。