2009年5月 8日

多読術

多読術 松岡正剛 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

給油としての読書

宣伝臭が漂い、ビジネスモデルが
垣間見えるのは、大変残念でしたが、
下記の方々が対象です。

  • 本が大好きな人
  • アウトプットにも興味がある人

著者の松岡正剛(セイゴオ)さんは、
どのような読書体験を通じて、本と出逢うことになったのか?

書評や批評ではなく、体験記として記すスタイルは
どうやって生まれたのか?

書籍と向き合い、寄り添い、共に生きるための実践論。
読書好きならば、頷いて読み進められます。

情報伝達について

コミュニケーションとは、
「メッセージ記号の通信行為」ではなくて、
「意味の交換」のためにおこなわれている
編集行為だということです。

相手が、こちらの意図を理解してくれない場面に出くわすと、
つい、情報の伝達方法に間違いがあったのかな?

と反省してみたり、
逆に相手の常識を疑ったりしがちですが・・・

通信した情報そのものが、的確に伝わっていなかったのではなく、
こちら(送り手)の意味や意志、背景を
相手が交換できなかった、キャッチしそこねた、
と捉えると、それが故意なのか不注意なのかが見えてきそうです。

著者は、「曖昧な部分」や「きわどい領域」「余分なところ」に
本の内容へ興味や源泉があると言います。

この部分を、作り手側から考えると、
ズレや狂気が愉しい(ユーザーを喜ばせる)
とも言い換えられるのではないか、と思いました。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。