2009年6月19日

第1感

第1感 マルコム・グラッドウェル 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

長考したから
良い選択だとは
限らない

  • タイトル:第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい
  • 著者:マルコム・グラッドウェル

第一印象や、ひらめきの凄さを知る読みものであって、
第1感と呼ばれるものを、鍛える本ではない。

期待している、「素早く無駄のない思考法」
上達させる方法は断定されていないが、無理にまとめると、こんな具合。

  1. 対応する分野の経験を積む
  2. 無意識の扉を、ちょっとだけ開いてみる
  3. 言語化しようとしない
  4. ゆったりとした時間を確保する (落ち着く)
  5. 自分の心拍数を把握する

判断のプロセスに組み入れて、気付くこと。

新しい出来事(人やモノ、場所)に遭遇した時は、
最初に頭に浮かんだ言葉や、イメージ、感覚を
書き留めておく習性を身に付けるべきである。

何かを判断したり、好みのモノが目の前に現れた時、
下記のことも留意しておく。

  • 人は飽きるのではなく"元に戻る"
  • 説明できないことを、無理に説明しようとする弊害

目の前に広がる、膨大な情報とどう向き合うか?

P.142
余計な情報はただ
無用なだけでなく、有害でもある。

後半は、心拍数の変動や、時間が少ない場合、
人間の判断にどのような影響が出るのか、サラっと学べる。

戦争の経験値や、戦略シミュレーターの話は、
混乱しているビジネスや商売の現場でも活かせるだろう。

また、消費者が味覚や、製品パッケージ、売れる音楽を判断する時の
具体例が出てくるので、マーケティングが好きな方にもオススメだ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。