2009年6月21日

Power up Your Life

パワー・アップ・ユア・ライフ 力強く生きるためにブッダが説いたカルマの法則 アルボムッレ・スマナサーラ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

自分で操縦する

  • パワー・アップ・ユア・ライフ
  • 力強く生きるためにブッダが説いたカルマの法則
  • 著者:アルボムッレ・スマナサーラ

「何故?」に対する回答が曖昧なので、信憑性は低いが、
精神エネルギーを浪費しない過ごし方が、身に付くかもしれない・・・

行為や、存在そのものを愉しむために。
行為と結果の因果関係を、スマナサーラおじさんが解説

積み重なる粒子のカルマ、蓄積されたエネルギーは
どのようなカタチになって、発散されてゆくのか?

自立するということ。

P.111
どうでもいい感じで流されるままに生きることを、
ブッダは厳しく戒めます。

「一つひとつの行為に慎重に責任を持って、
判断して行動するように」と言われます。

そうすると頭がいつでも明晰で理性を保てます。

常にものごとを判断して
「これはこういうわけでやります」
「こういうわけでやりません」と言える。

理性的な生き方を推薦しています。

「生かされている」というフレーズは人気があります。
そのような実感もあります。 しかし、仏教では
「生きている」と言えるようにと薦めます。

肉体という器の状態。

P.116
身体という物体はかわいそうで、
心にいじめられて苦しんでいます。

ですから、唯物論に洗脳されている状態を
少しの間でも休息して、客観的にものごとと命を観察すると、
「身体」と「心」は別なシステムであることも、
「心」が優先であることも、簡単に理解できるのです。

自分や他人へのお節介が、こんなことに・・・

P.159
人間はよかれと思って悪いことばかりをして、
せっかくの人間生を棒に振るのです。

精神と貴重な時間を、何に使えば良いか?

P.166
幸福で生きるために、怒り、憎しみ、競争、争い、攻撃、差別、搾取などの
よけいなことを導入して
よけいな問題をつくって、よけいに苦しんでいるのです。

未来に対する、都合のイイ勘違い。

P.259
我々は将来を予測するのではなく、
将来はこうあってほしいという自分の希望、期待を
将来の予測だと勘違いしています。

一瞬を大事にしつつ手放す。 その例え

P.286
シャボン玉はきれいであろうとも、
大きくても、小さくても、瞬間の命です。

壊れても誰も悩まないのです。
美しさに惹かれて家に持っていって
置物として飾っておこうと思わないのです。

一度、一回だから、別にどうってことはないのです。
煩悩、感情をつくって不善行為をして苦しむことはなくなるのです。

若い頃には、無限の時間と命があると思っていても、
時間が経つと、そうではないことに気付かされます。
それは、大人になるってコトの一要素なのでしょう。

手持ちのカルマを無駄にせず、人に迷惑をかけず、
楽しく生きてゆきたいものです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。