2009年7月 7日

僕が2ちゃんねるを捨てた理由

僕が2ちゃんねるを捨てた理由 ネットビジネス現実論 ひろゆき(西村博之) 土屋敏男 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

自力で餌を
探しに行く

巨大掲示板、2ch(にちゃんねる)の元管理人
ひろゆき(西村博之)さんがネットビジネスと広告、
テレビ、他媒体の関係について語る。

現実的な部分をズバっと言ってくれるところがイイ

タイトルに縛られず、2ちゃんねる以外の話が多く、
(タイトルが、どうにも内容と乖離したのかは、あとがきで)
2chの譲渡やクラウドコンピューティング、フィルタリングあたりも
気になる人は参考にしつつ、愉しそうなのは下記

  1. ネットと広告
  2. テレビはもう、死んでいる
  3. ひろゆき×土屋敏男(『電波少年』を作った日テレの人) 対談
  4. ルーツ・オブ・ひろゆき

読者の対象として合致するのは、こんな方々

  • コンテンツ制作者 (ネットに限らず)
  • web2.0やクラウドコンピューティングなどの定義がわからない人
    (創作されたネット用語に騙されないために・・・)
  • 子供に携帯やパソコンを与えてイイのか迷ってる親

ちなみに、賢い人と、バカな人の違い、見分け方も載ってます。

ネット時代の真っ最中ですが、日本での出没の流れはこんな感じでしょう。
新聞・書籍・雑誌→映画・ラジオ→テレビ→ネット→?

「?」の部分がこの先、電脳直結(テレパシーのようなもの)になった時、
改めて本書を読んでも、何か新しい発見があるような気がします。

土屋敏男さんの言葉は、自分が作り手として面白いか?
結果として人を楽しませることができるのか?
ということを、"常に変化"を軸として捉えています。

P.184
数字を追っていってしまうと
物事って変わらないんだよ。

P.184
本質を見ないで枠だけ見てるんだよね。

そして、本質っていうのは、やっぱり作り手の
執着心、狂気だったりするんですよ。

ネットビジネスや最新ネット技術ではなく、
ネットコンテンツのスペシャリストの存在についての話は、
一儲け企んでいる人へのヒントになりそうです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。