2009年7月31日

頭がいい人、悪い人のビジネスメール

頭がいい人、悪い人のビジネスメール 田村仁 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

送信ボタンを
押す前にやること

著者は、コピーライターの経歴がある、田村仁さん

ビジネスシーンに限らず、頭が悪い、とは思われたくないものです。

事例と回答(添削)という形式ですが、
一部、事例そのものに疑問符が付きます。

先方が間違っていても、そのコトを指摘しない、教育しない、
少しの嫌味も言わないという、事なかれ主義的な場面もあるので、
読んでいてモヤモヤしました。

それが真のビジネスメールだとしたら、嫌だな、そんなの。

言うべき時、相手にハッキリと言うスタンスの人は、
不愉快になるかもしれません。

取引先の力関係と態度が上で、
ビジネスパートナーとして一緒に成長する気がないなら、
このメール術でも間に合うのかもしれませんが・・・

しかしながら、本書で繰り返し述べられているのは

  1. 相手に不快感を抱かせない
  2. メールは相手の表情が見えない (対話にならない)

という点

誠意と熱意を込めつつ、不利な状況をどうにか回避する文章術と、
間違いやすい敬語集は、部分的に参考になりそうです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。