2009年7月 9日

ゲームニクスとは何か

ゲームニクスとは何か サイトウ アキヒロ 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

人を夢中に
させるには?

著者はゲーム作りに関わってきた
サイトウ アキヒロさん

家電やATMといった、操作性が悪い代表を例に出し、
他とは違うユーザビリティ (使い勝手)を持ち、
独自の評価で進化してきたゲームとゲーム業界を探る。

本書で分析されている、
ストレスと快感を操るテクニックは、
他業種でも役立ちそうです。

必要なのは制約

  1. 直感的なユーザー・インターフェイス (使いやすさの追求)
  2. マニュアルなしでルールを理解してもらう (何をすればいいのか迷わない)
  3. はまる演出と段階的な学習効果 (熱中させる工夫)
  4. ゲームの外部化 (現実とリンクさせて、リアルに感じさせる)

ウェブサイト(ゲームコンテンツを除く)だと、1と2までは達成できても、
あまり、3と4は意識していないのではないでしょうか。
だからこそ、試してみる価値はありそうです。

使いやすく、さらに使いこなせるというのがポイント

ユーザビリティというのは、使用者であるユーザーと
一瞬しか関わらず、それによって、その製品なりサイトなりが判断されます。

しかし、"使いこなせる"または、"使いこなしたい"という部分は、
日常に入り込める仕組みであるとか、
シンプルながらも奥行きがありそうだとか、操作系も含めた、
コンテンツの幅や遊びの必要性を意識させられます。

ココを押さえておくことにより、一度観ただけで終わり、
というのではなく、中毒性を持ったコンテンツ創りに繋げられそうです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。