2009年8月23日

コンテキスト思考

コンテキスト思考 杉野幹人 内藤純 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

阿吽の呼吸2.0

コンサルティング会社、A.T.カーニー勤務の
杉野幹人さんと、内藤純さんが
新しいフレームワークを売り込んで、名を上げようとする共著

コンテキストとは「文脈」「前後関係」「背景」のことらしい。

ケースバイケースでその場の空気を読む感性、
想像力と長年の協業が必須であり、それは、"あ・うんの呼吸"といわれる。

コンテキスト思考の時代が来るかどうかは、わからないが、

  • クラフト (経験)
  • アート (直感)
  • サイエンス (分析)
  • 環境 良くも悪くも影響を受ける
  • 土壌 価値観、評価軸、自分軸

といった分類は、何かの役に立ちそうだ。

個人的にハッとさせられて、好きになった言葉は、文中の
"価値観もどき"

残念ながら、本書を読んでも、想像力や気付く力が得られるわけではない。
データとデータの解析力が向上するわけでもない。

様々な企業別シチュエーション、事例が登場するものの、
実際の出来事だったのか、創作なのか、よくわからない。
多分、例題としての、現実とは異なる絵空事なのだろう。

自惚れと楽観が引き起こす爆発は、
暴発になるかもしれないが、心配性には無い特性なので羨ましいが・・・

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。