2009年8月 5日

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 夏野剛 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

ネットやITって
商売に必要?

著者は、iモード立ち上げメンバーの1人でもある夏野剛さん

タイトルに表記されている、GoogleやAmazonの詳細は
知ることができないので、期待はしないように。

対象読者としては、インターネットの現状をまったく知らない広告主向け。

サイトのユーザビリティ(使い勝手)についても触れていて、
店舗サービスとネットの比較もおこなっているので、参考になるかもしれない。

後出しジャンケン的な解説が多いながらも、
大企業病に蝕まれている人には、自分が所属する組織体制の
問題点を気付かせてれる・・・ のかな。

タイトルに"バカ"と入れておけば、手に取る読者は増えるかもしれないが、
"バカ企業"が取りかかるべき解決策は書かれていないし、
未来の広告形態も描かれていない。

ある程度、ネットに接している人ならば、体感している内容なので、
思考を広げる切っ掛けにもならない、改めて読む必要もないだろう。

同じバカが表題なら、『ウェブはバカと暇人のもの』
同じニコニコ動画絡みなら、ひろゆき(西村博之) さんの
『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』のほうが読んでいて面白い。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。