2009年8月 3日

戦略フレームワークの思考法

戦略フレームワークの思考法 手塚貞治 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

フレームワークに
あてはめれば
イイってもん
じゃない!

著者は、日本総合研究所の手塚貞治さん
(日本総研は、シンクタンクが主業務かと思ってたら、
システムインテグレーターがメインらしいですね)

対象読者

  • 特定のフレームワークに対して、釈然としない気持ちを抱えている
  • 周囲に「フレームワーク、フレームワーク」と煩いヤツがいる

フレームワークによって、直接答が出るものではなく、思考プロセス、
切り口、コミュニケーションツールに過ぎない、と明言されています。

著者は、フレームワークは3つのパターンに分けられ、
問題解決に繋げられる、と言います。
お陰で、数多くのフレームワークを丸暗記する必要はなさそうです。

  1. フレームワーク思考のすすめ
  2. 3つのパターンを知る
  3. 実践

中でも、二次元化思考についての解説量が多いです。

その他にも、フレームワーク作成時の裏側、名称を流行させる方法、
無理矢理な語呂合わせ等にツッコミを入れている点が、他書と違うところです。

さらに、数々のマーケティング教典(主に海外)が
題材としているフレームワークを、完結に述べていて、
話の流れで学べるので、分厚い翻訳本を読む手間が省けます。

フレームワーク一覧ガイド、というよりは、
フレームワークの成り立ちを勉強するための教科書。 読んでおいて損はないです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。