2009年8月26日

THE OUTSIDER 獣たちの凶宴

THE OUTSIDER 獣たちの凶宴 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

逃げる
逃げない

THE OUTSIDER (ジ・アウトサイダー)というのは、
前田日明さんがプロデュースする、アマチュアや
セミプロ選手による総合格闘技大会のようです。

本書は、氏によって見出された5人の若者が
THE OUTSIDER に参加するまでの半生記

  1. 吉永啓之輔 魔璃闇薔薇(マリアンローズ)8代目総長
  2. 黒石高大 横濱ギャング連合、義道会初代総長
  3. 高垣勇二 濱の最狂ギャング
  4. 渋谷莉孔 狂気のリアル刃牙
  5. 与国秀行 生きる都市伝説

多くの人々の人生とは、違う道を辿っているワルな5人が、
掲載可能な範囲で、自分史を赤裸々に語っています。
(竹書房だけあって、そのへんの器は大きいです)

横浜、栃木、杉並など、地元で暴れていた彼らの
勢いを感じられます。

同じ地域で、同じ時間を共有した人にとっては、
共感できる部分や、新情報に出会うこともあるでしょう。

彼らが、共通して言っているのが、"逃げる"か"逃げないか"について。
これは、大人の社会になっても、常に付きまとう問題です。

その場面を、どうやって突破してきたか、彼らから
リミッターを外したヒント
というものが学べるかもしれません。

渋谷莉孔さんの"心のズレ"には驚きました。
(もしかしたら、キャラクターを演出している可能性もありますが・・・)

誰でも、自分は特別な存在だと思いたいけれど、
そうでも無いシチュエーションに出くわす回数の方が多いでしょう。

その、"途中で気付く"という過程が
スッポリ抜け落ちているような気がしました。 グロ注意です。

全体的に、中高生が読んでドキドキするような武闘派な物語ではありますが、
子供を不良(本人達が苦しむ、という意味で)にしたくない
親や先生方にも読んでもらいたい、そんな内容でもありました。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。