2009年9月23日

Newton別冊 わかる「時間」

ニュートンムック Newton別冊 わかる「時間」相対性理論から、タイムトラベル、原子時計まで 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

タイムトラベルは
可能か?

連休中なのでシッポリと、時間について考えましょう。
科学雑誌Newtonの別冊、副題は
「相対性理論から、タイムトラベル、原子時計まで」

『ウォッチメン』に出てくる時計職人の話、
彼は、アインシュタインによって相対性理論が発表された時、
時計屋を辞めたそうな。 (ココ笑うところデス)

万が一、笑えなかった人は、本書を熟読すると、
人から賢く見られるとゆー特典もアリ。

一番興味を惹く特集は、やっぱりタイムトラベル(タイムマシン)

タイムトラベルの手法は、現在下記の4点が有力っぽいです。

  1. ワームホールを利用
  2. 宇宙ひもを応用
  3. まだわからない
  4. 不可能

この先、タイムマシンが完成したとして、真っ先に思い付く疑問。

何故、未来人が現代に来てないの?
(知らないウチに来てるかもしれないケドな!)

リチャード・ゴットさんは、このように回答してます。

例えば、タイムマシンが西暦3000年に完成したとして、
3010年から、3005年には戻れるけれど、
西暦3000年より前には遡れない(西暦2999年より前)と説明する。

人類がタイムマシンを完成させた時点より前に、
時間旅行したかったらどうするのか?

宇宙人が作ったタイムマシンを借りる

あんた達、タイムマシンなんぞ、とっくに発明しちゃってるよね? 系の
高度な文明を持っている異星人を捜し出し、タイムマシンを拝借するのだ!

この発想は思い付かなかったよ・・・

タイムマシンを使って過去を変えようとする映画や漫画、小説は数多くありますが、
実際、過去と未来の結節点はどうなるのか?

  1. 過去は変えられない (いくら努力しても、結局変わらない)
  2. 結果は変えられない
    (ある現象は回避できても、別の現象が発生し、結果は同じになる)
  3. パラレルワールドが発生する (同時に存在する別宇宙に分岐)

こうやって書いている時点で、頭ん中がゴチャゴチャになってきますが、
本書では図解入りで、しっかりと解説されているので、安心です。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。