2009年9月 1日

妻の相談に乗ってはいけない

妻の相談に乗ってはいけない 織田隼人 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

密接な関係が
ケンカの原因?

著者は、性差の心理学に詳しく、
女性の気持ちを扱った書物を手がける織田隼人さん。
(五月女ケイ子 画伯の帯が中身のイメージに合致)

本書では、コストパフォーマンスの高い
恋愛テクニックが解説されています。

男女の性別の違いを意識した、実生活に役立つアドバイス集でもあります。

「部分的に謝罪する女性」に対して、
我々は、どのように振る舞えば良いのか?
無意味に思える会話と、どう絡んでいけば安全なのか?

男性は、"物事を伝えよう"とし、女性は、"感情を交流させよう"とする。
と本書では述べられています。

同じようなことにも思えますが、微妙に違いがあるようです。
伝達と共感、この目的のズレが、
男女間のケンカの原因となるようです。

以下のような女性の特徴が、細かく分析されているので、
思わず膝を打つでしょう。

  • 女性の相談は、イコール、愚痴
  • 女は幸せをパケット換算している
  • 女性の奇妙な行動

女性に有効な、魔法のワードや、
先制防御の方法が紹介されているので、読んでいる瞬間から実践できます。

女って、ホント、面倒臭い生き物だな・・・
と痛烈に感じますが、先方も同じように思っていることでしょう。

男性側が、我慢して"女性が描いたシナリオ"通りに行動することは、
少々アタマにきますが、グっと我慢しよう、とのこと。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。