2009年10月 9日

目立つ力

目立つ力 勝間和代 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

目立つことは
目的か? 手段か?

ネットを効果的に利用し、自分を開示するメリットを
勝間和代さんが自身の体験から語る。

ブログやSNS、Twitterをやっていない完全な初心者向けの内容であり、
ネット世界で生き残るための方法論だが、
戦略的にブログを展開している人には不要。

本書のAmazonレビューは、情報操作がヒド過ぎる・・・

人の役に立つ情報を提供するためのキーワードを、単純化すると、
"ありがとう!"を集めるブログ
お土産ブログと表現できる。

現段階でブログをやってはいるものの、あまり上手く噛み合っていないのなら、
自分のブログと比較しながら読み進めると、見直す切っ掛けにもなるだろう。

次の記事が待ち遠しい、という面白ブログの共通点は確かにあって。

生活や仕事の気づきを、色々な角度から説明、検証しているものや、
距離感の近い言葉で書いてあるものに、面白さを感じる。

"お笑い"にも共通すること。

書き手と受け手の間に
情報ギャップがあるものほど、面白い

その他にも

  • 普段の話言葉で書くのが魅力的?
  • 自分のファンが年をとってくるので、新規開拓にニューメディアを活用
  • ブログに広告を入れると信頼感が増す?
  • 公の場(ネットを含む)では傲慢になったほうがイイ?
  • 傷だらけのブロガーだけが生き残る?

大西泰斗さんも同じコトを言っていた。 小飼弾さんの言葉。

まねたあとで、残った違和感がお前なんだ、と。
個性って、違和感のことです。

梅田望夫さんも、物事を言い切れ(断定しろ)というようなことを言っていたけど、
本書を読んだあとは、文章の表現方法も変化しそうだ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。