2009年10月18日

ヤッターマン

ヤッターマン 櫻井 翔 深田恭子 三池崇史 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

やっちゃったマン

もしくは、やらかしちゃったマン。

ヤッターマンの原作アニメが好きな人には、
お薦めしたい、 と言いたいところだか・・・

その社交辞令すらも厳しい感じ。
きっと、ドラゴンボールもこんな感じなんだろう。

作り手として考えないといけない課題は、
不気味の谷現象をいかに回避するか。

この言葉は、現象をものすごく的確に表しているんだけど、
実物(リアリティ)が増すほど、比例して親近感が高まるが、
実物と近すぎると、突如、嫌悪感が出る、という理論。

『ベオウルフ』『ファイナルファンタジー』といった映画が
大ゴケした理由もこれで解明できる、という代物。

今回のヤッターマンの劇中にもそれがあって、
メカのCGがヌメっとしていて、周囲に水分が付着していそうな
感じが気味悪かったこと。

ヌメリがリアル、小物やたった1つのカットが不気味なだけで、
全てが台無しになりかねない。

なんでもかんでも、質感を究めたり、リアルに近付けるんじゃなく、
リアル感の無いリアリティ
その分岐点を押さえておきたい。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。