2009年11月20日

ブレーン 2009年12月号

ブレーン 2009年12月号 深澤直人 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

輪廻するデザイン

広告クリエイティブデザインの専門誌

特集の「戦略的カラークリエイティブ」では
色彩潮流の今を把握できる。

「三人が見るデザインの輪郭 深澤直人×藤井保×副田高行」

この鼎談だけでも、買い。

深澤直人さんは、焦点をあてるコトによって、
逆に見えなくなるものがある、という。

デザインや物創りの際、創作物全般で、つい過剰になりがちだが、
新たな視点を持って注意を払いたい。

そこでは、あえて輪郭をボカすことによって、
人間の心理や生態まで考えたデザインが閃くかもしれない。

副田高行さんの言葉も印象に残る。

形は環境が決める

シーンをデザイン

進化論や生物学、生態学というと、過去→未来へ、
なんだか大掛かりになってくる印象があるが、
人間の行動の今を捉える
という、身近な例に活かすことも可能だ、と思った。

(行動心理学の逆アプローチとも言えそうだ・・・
行動心理学が、人間の内なるエネルギーから発生するものだとすると、
副田高行さんが言っていることは、外的なチカラが作用している現象)

深澤直人さんの言葉

何かを作り込もうとすると、その分だけ意思が浮き出てしまう、
それは後で消せないんです

無駄に、過剰になりすぎないように、後々のことまで考えていかなきゃなー
と、改めて考えさせられる。

デザイナーや、クリエイター、作り手が無意識のうちに、
作品や制作物に込めてしまう自意識。

この署名のような、サインのような、自分のセンスの自慢のような、
自分自身の存在証明そのもののようなエゴ。

作り手にとっては、愛着があり、
ユーザーにとっては、ウザいだけ、ってコトもあるかもしれない。
その存在を客観認識する勇気を持つところから始めたい。

深澤さんが言っているデザインの輪廻
という概念は、逆張りに動くことや、螺旋の概念に通ずるモノがあった。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。