2009年11月23日

Web Designing 2009年11月号

Web Designing 2009年11月号 横浜関内伊勢佐木町のカフェバー 音楽好きが集まる洒落た飲み屋 ウェブ担当がオススメする書籍

Web創りを
楽しむ!

保存版小冊子「WD one's view 100」が付いてくる。
集録内容は、2001年~2009年まで、100号分に掲載された
グッドサイト・コレクション

30人それぞれのWeb考察

100号記念の書き下ろしコラムとはいえ、散々な内容。
テーマが漠然とし過ぎで、もったいない。

30人もいるが大半は、難しいコトを難しく、浅いコトを浅く言ってるだけ。
(意味もわからず掲載してるのか? 単なる人数合わせなのか?)

ヒドイのになると、自身の経歴や宣伝、売り込みを述べてるだけ。
そんなモノはなぁ、糞の役にも立たねぇんだよ!

暇で暇で死にそうな人以外は、下記の方々の文章のみを読めば事足りる。

木谷友亮さんの物作りと、食い扶持に関する考えを読んで。

作り手が楽しんだかどうか
ユーザーに見透かされてしまうのだろうか?

そして、それは熱意のこもったメッセージとして伝わるのだろうか?
そんなことを考えさせられた。

また下記のようにユーザーへの接点、その重要度やアプローチを
考察しているコラムもあった。

  • 文字で (川上俊さん)
  • 1つの視点で、強くハッキリ (稲本零さん)
  • 顔写真、アイコンで (川島高さん)
  • 消えたカルチャーと思想、通心とインタラクティブついて (高広伯彦さん)

変わり種として、箭内道彦さんは、「インターネット家族」というタイトルで、
J-POPの歌詞のように、インターネットの現状を表現。

嫌でもネット用の自分キャラに気付かされてしまう。

HTML5 & CSS3

Webブラウザ→Webアプリ、WebのOS化
このような状況に適応させていきたいもの。

サンプル付がありがたい特集

  • 省略可能な定型句
  • HTML5で登場する新しいブロック要素、セクション要素
  • CSS3 細かいセレクタ設定、透過、自動的なレイアウト変更、アニメーション

各々のブラウザの能力に合わせて、
機能を最適化する「Progressive Enhancement」も考慮したいところだが・・・

結局、正式勧告は10年以上かかるかも!?
だってさ!

モバイルコンテンツ最前線

ケータイ向け、小容量SWFファイルの制作テクニック
データ量を減らす工夫を紹介

Standard Coding

大藤幹さんのコーディングコラムが、今回で最終回・・・
毎月楽しみにしていたのに、とても残念。

分法エラーのCSSハックを使う理由についての賛否両論を紹介。

正しい分法、将来性 vs 保守性、ファイル容量の軽量化

結局はトレードオフなので、制作者の理念やスタイルが問われる。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。