2010年2月28日

朝まで生テレビ!「激論!凋落日本と若手起業家の成長戦略」

ネット世代と
知らない世代の隔たり

テレビを観ているとバカになるんで、
毎回観ているワケじゃないけど、今までで一番面白かった。

氷の上をクルクルと回ってるだけの
環境映像
をダラ観してるだけなら、
コッチを観て、持ち前の稼働率の低い頭脳を回転させた方が、いくらかマシ。

自分が言いたいコトに誘導尋問してゆく、相変わらずの
田原総一朗さんが司会だが、話が面白くなさそうなヤツ、
人間性が浅そうなヤツには、まったく話題を振らないという姿勢が潔い。

(番組開始から数時間、一言も発していない出席者がいた・・・
そんな討論番組、他には無いでしょ 笑)

パネリストは以下の面々、並び順は、
気になる&頭の回転の速さなども加味した、小リスペクト順 (敬称略)

  1. 大塚耕平 (内閣府副大臣 民主党 参議院議員 50歳)
  2. 猪子寿之 (ネットやデジタル系の制作者 32歳)
  3. 堀江貴文 (検察とマスコミ嫌い 37歳)
  4. 井戸実 (居抜きのハイエナ飲食店 32歳)
  5. 東浩紀 (大学の教授で批評家 38歳)
  • 齋藤健 (自民党 衆議院議員 50歳)
  • 水野和夫 (証券会社 56歳)
  • 川崎貴子 (女性向け仲介業 37歳)
  • 加藤優次 (ベトナムと日本での不動産業 31歳)
  • 横田響子 (マッチングでの中抜き ザ・営業 33歳)
  • 姜尚中 (大学院の教授で文筆業 59歳)
  • 松谷卓也 (中抜き業 42歳)

    突然商品の宣伝始めちゃうヤツとか、中抜き仲介業者とか、
    大昔の話題とか、ワケがわからない奴らは、放っておいて、
    今回は、この人のこの部分はスゲェな、というポイントを解説

    まずは、民主党の大塚耕平さん。
    議論のまとめ方が上手い。 他人の話を自分の手柄にしつつも、
    まるで嫌味が感じられない。 どんな話にも入れる柔軟性がある。

    少々の茶目っ気もあり、論争しつつも敵を作りにくそうな笑顔には、
    何か魅力めいたモノを感じた。 この人、この先、
    総理大臣になるよ、予言しとく。

    デジタル系物創りの猪子寿之さん。
    いきなりのタメ語、噛み合わない話し方と風貌に、最初は、何事? と思ったけど、
    想いの勢いが伝わってくる。 放っておけない無鉄砲さと、物言いが痛快だった。

    イイ意味で、気が狂った天才肌。

    堀江貴文さん。 色んな話題の引き出しと、アピールとも受け取れる
    検察怖いという自虐ギャグ
    の組み合わせ。 マスコミはアホという姿勢が愉快だった。

    井戸実さん。 居抜きの物件の魅力を語る。
    場数踏んでる感と、自虐ネタを組み合わせられる人、
    他人が深く考えすぎて、結果やらなそうなコト、それをやる。
    という、シンプルなスタイルが野太い。

    この人の話術と魅力で、居抜きの飲食業が簡単に、サラっとできそうだけど、
    決してそんなコトはないので、注意が必要。

    水野和夫さん。 もはや金融アドバイザー的な立ち位置で、物静か、
    居ても居なくても変わらないけど、この人、何言われても、怒らないし、
    顔色変えないよなー その企業人な我慢強さは、学ぶべきものがある。

    番組の結論は、出る杭を叩いたり、人の足を引っ張る気持ちを助長する
    マスコミと、検察が悪い、ってことに。
    この番組、酒飲みながら討論すりゃ、素の意見が出てきてもっと面白くなるのに・・・

    後先を考えず、今を語りたいコトを語る態度、
    自分の(些末な部位での)プライドを捨て、
    ポジショニングトークをしない話し方が、
    観てる人を楽しませ、共感させるんじゃないかな~ なんて感じました。

    あとは、やっぱり、狂気の熱意を内包すること。 頑張ります。

    コメントする


    画像の中に見える文字を入力してください。